夏の六義園

はじめに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA国の名勝に指定されている大名庭園です。真ん中に池があってぽっかり築山があってという俗に言われる「回遊式築山泉水」の庭園です。全国的にも名の知れた庭園なので、やはり一度は訪れるべきだろうと行ってきました。

こんなところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA8月末の訪問でしたが、ミンミンゼミがやかましいくらい鳴いていました。関西の公園ってクマゼミやアブラゼミが多いので、そのミンミンサウンドに囲まれただけで、関西とは違う場所だなと感じました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA年月を経たであろう大木が所々にありますが、名前がわからない。メジャーな樹種のハズなのに、専門分野が少しずれるだけで駄目だなあと反省しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA築山に続く「田鶴橋」、非常に雰囲気があります。通行できないので、見るだけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA池の見える周辺はばーっと広がっていて開放感があります。きっちり手入れして人の手が入っているのに、自然の山野にいるような気持ちにさせてくれたりします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA池に沿うように一周すると整然とした庭園を堪能できますし、外周をぐるっと回ると自然の多い山野を歩いているような雰囲気になります。余裕があるなら内周、外周するとその雰囲気の違いが楽しいと思います。
ここには写っていませんが、カラスが多かったです。マツの葉っぱとかを引っこ抜いてました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA外周をぐるっと歩いて40分くらいでしょうか、ちょうどよい感じの広さです。休憩所兼売店もあり、所々に腰を下ろせるベンチもあります。トイレは3~4カ所点在していたと思います。

さいごに

広すぎずに起伏もあまりなく、楽しく散策できる庭園です。紅葉の時期などもかなり雰囲気が合ってよいのではないかと思います。
都営三田線「千石駅」からほぼ直進で10分くらいです。地図を見ると「駒込駅」のほうが若干距離が近いようです。関係ないですが、庭園の近くには日本医師会やフレーベル館がありました。

熱帯環境植物館に行ってきました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA正しくは板橋区立熱帯環境植物館、高島平駅から徒歩5分くらいの場所にあります。閑静な場所にあまり目立たずに(自分にはそう見えます)ある施設ですが、どうしてなかなかな温室植物園です。

地下のミニ水族館からはじまる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA入場するとまず地下に降ります。この施設は地下からスタートして階段やゆるりとしたスロープをのぼっていく順路をとります。地下は暗い照明で水槽が並んだミニ水族館になっています。なぜかしょっぱなにはクラゲがいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA魚は全くわかりませんが、東南アジアを中心とした海水、汽水、淡水の魚が飼育されているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAミニといいますが、充実していると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA左手に見えるは潮間帯植生の大きな水槽、アロワナなどゆったりとした魚が悠然と泳いでいました。ここを通って階段を上るといよいよ植物ゾーンです。
2ページ目へつづく

夢の島熱帯植物館に行ってきました 2013

OLYMPUS DIGITAL CAMERAJR京葉線もしくはメトロ有楽町線「新木場駅」から徒歩10分くらい、夢の島公園の中にあります。温室植物園で、3つのドームが一つにくっついた形をしています。入場料は大人250円です。

滝が流れるAドーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERAA.B.C3つのドームに分かれており、それぞれにテーマがあるようです。分かれているといっても、温室内は隔壁などで区切られている訳ではないので、感覚としては一つの大きな温室です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエントランスを抜けて、Aドームから温室内に入ります。入ると目の前に滝が流れています。むせるような熱気、ということはなく適温です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA滝の裏が通路になっているので抜けて行きます。この辺りの通路は滝の飛沫でびちゃびちゃです。これはこれで、植物がよく育ちそうな環境です。