デンドロビウム 原種に近い交配種 2

原種に近い交配種は、原種の雰囲気が残っているところがミソです。交配親である原種の特長を素直に表したその姿、見る人が見たらどのような原種が親となっているかがすぐさまわかるでしょう。やっぱり原種に近い姿なのですが、少し違うところが良いです。雑種強勢だとは一概に言えないですが、花付きや性質は丈夫なものが多いです。
Den. crystallinum × bensoniaeDen. crystallinum × bensoniae(クリスタナム × ベンソニアエ)
一見見ると、原種ワーディアナムに似た花姿です。これでバルブがボコボコと節くれだっていたら自分は間違えてしまうでしょう。しかしよく見ると、花びらの先のピンク色が淡めです。ワーディアナムは目鼻立ちがくっきりしてる美人さんです。一方、こちらの交配種はふんわりしたやわらかい雰囲気があるお姉さんといった感じです。花全体の雰囲気はクリスタリナム、目のような赤褐色の模様はベンソニアエから受け継いでいるのでしょう。リップに濃いブロッチが入るデンドロが好きなので、自分にはたまらなく素敵です。
Den. cretaceum × parishiiDen. cretaceum × parishii(クレタセウム × パリシー)
バルブが直立しにくい感じと、全体的な花色、バルブに行儀良く並んで咲く様がパリシーっぽいです。じゃあ、ほとんどパリシーじゃないかと言うことになりますが、リップの色とそこに入る網目状の模様が、しっかりとクレタセウムしています。
Den. parishii↑ちなみに、こちらがパリシーです。
パリシーは花びらの先がとがったシャープな感じがするので、全体的に丸みを感じるところは、クレタセウムの性質が出ているのかもしれません。リップに細かい切れ込みが入るのは、両親の影響だと思います。うーん、案外ありそうでよく考えたらない組み合わせかもしれません。丸っこいかんじのパリシーみたいなデンドロ。

いずれも開花株を最近に購入したものなので、性質などは把握してませんが、交配親の原種から考えると比較的丈夫でとっつきやすいのではないかと信じつつ、育てていきたいと思います。

B. Little Stars リトルスターズ

OLYMPUS DIGITAL CAMERAブラサボラ・リトルスターズはnodosa:ノドサ×subulifolia:サブリフォリア(=cordat:コルダタ)、原種同士の交配種です。ノドサはブラサボラの中でもメジャーな原種でよく見かけます。この交配種を見ていつも疑問に思うのは、ノドサもサブリフォリアもすごく花姿の似た原種なのです。で、やっぱりその交配種も親とそっくり。どういう意味のある交配なんだろうと。ノドサもサブリフォリアも栽培したことがないのではっきりいえませんが、ノドサの花姿を残しつつ花つきのよさと多花性を目的としているんじゃないかと思います。後は雑種強勢でしょうか。リップが白で、ほかの花びらは黄緑色と一見ぱっとしない花姿ですが、ずっと見てても飽きない素の美しさがあります。育てているのはリトルスターズの中でも、もっとも普通に出回っている’夜香’という個体です。個体差があるのか、当方の株は香りがほとんどしません。ブラサボラはカトレアの近縁属で、ブラソカトレアなど属間交配種も多くあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAバルブは細く、その先につく葉っぱが棒のように肉厚になります。病気も害虫もなく、なんと言っても真夏の直射日光でも葉焼けしません。というわけで、一年中日当たりに置いてます。花は夏から晩秋にかけて咲くことが多いです。秋までがんがん日に当てて育てると、花つきがよくなるような気がします。肥料は5月ころに固形の化成肥料を少し与えているだけです。最も気を使わないランのひとつです。 交配親であるノドサはヘゴ板付けで育てているのを植物園とかで時々見るので、これも一度そうやって育ててみたいです。

Den. Cassiope カシオープ

OLYMPUS DIGITAL CAMERAデンドロビウム・カシオープはmonilifome × nobileの原種同士の交配種です。なんか、自分はプライマリー交配が好きなんだなと改めて思います。monilifomeは要するにセッコク、nobileはノビル系デンドロの親としても有名です。超メジャー同士の交配種、原初のデンドロ交配種と言ったら大げさですが、カシオープはその後に続くデンドロの交配種に大きな影響を与えたのは確かです。花つきのよさは抜群で、ノビルの美しさとセッコクの強健さを併せ持ったまさにハイブリッドです。交配種として登録されたのは1890年、古くからこんなの(交配)やってたんだなあ。花は落葉したバックバルブに咲きます。新芽から数えると、足掛け2年で花芽のつくバルブになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA栽培は基本的にノビル系と同じです。冬は休眠しているので、かなり乾燥させても大丈夫です。春~秋は戸外の風通しのよいところで、吊るせれば言うことないです。セッコクもノビルも変種や個体が多い原種なので、それらの変種や個体の組み合わせて多分いろいろなカシオープがあるんじゃないかと思います。個体名のついたものはあまり見ませんが。原種に近い素朴な交配種といった感じの花です。

C. Mini Purple ミニ・パープル

C.Mini PurpleC. Mini Purple(カトレア ミニ・パープル)はミニカトレアの基本ともいえる交配種です。以前はC.ではなくLc.(レリオカトレア)でしたが、片親のL.pumila(レリア・プミラ)が現在はカトレア属に移行した為、属名もカトレアに変更されています。C. walkeriana(カトレア・ワルケリアナ)×C. pumilaのプライマリー交配(原種同士の交配)です。walkerianaの美しさとpumilaの育てやすさを併せ持った優良種です。 “C. Mini Purple ミニ・パープル” の続きを読む