コチョウラン栽培の覚え書き

Phalaenopsis sp.品種不明 大輪系で丈夫。
コチョウランの花どきはよくわかりません。無加温で栽培している当方では、ちょうど梅雨頃に咲きます。花芽は11月頃に出てくるのですが、冬の間は伸長がすごく鈍いです。5月頃から急に伸び出して、ちょうど6月頃に開花する運びです。開花が遅いと、その分生長が遅れるので、あまり良くないでしょう。冬に18℃くらいに加温して花芽の生長を促してあげると3月~4月くらいには咲きます。
Phalaenopsis sp.品種不明、中輪形で花びらの大きさに対してリップが大きめ。
花の終わった直後から寒さがくるまでの間に、新しい葉っぱを伸ばして生長します。生長期には1~2枚の葉っぱを出します。一年間で出た葉っぱの数や大きさで、翌年の花の数が決まるようで、春も早めから生長をはじめた株はそれなりの数の花が咲きます。当方のような肥培もしないずさんな育て方で、しかも生長期が長くとれない場合は3~5輪程度しか咲きません。
Phalaenopsis ‘Pure Moon\'ピュア・ムーン レモンイエローの中輪種。
贈答用コチョウランのように、たくさん咲かせることは難しいですが、育ててちょっと花を楽しむ程度ならさほど手間はかかりません。新しい葉っぱが出てきたら、水をたっぷりと、ときどき肥料くらいです。屋外の直射日光が当たらない暗めの場所に吊しておくと調子がいいです。葉っぱは生長と貯水のために重要ですが、余りたくさん出るわけではないので、1枚1枚が非常に大切です。強い日射しで焼けてしまうと、てきめんに生育が悪くなります。葉っぱを傷めないことが一番のポイントです。

一息ついて初夏のラン

春の洋ラン開花ラッシュ(といっても、当方ではそんなことはないですが)が一息ついて、次は初夏のランです。といっても春に咲くものが遅れてようやくとか、不定期咲きのものがちらほらといった感じです。

Dendrobium Uaeng Thugne デンドロビウム ウェン・ツェン

OLYMPUS DIGITAL CAMERAみんな大好き黄花の原種、Den. lindleyi(リンデリー)をそのまま小さくしたような姿の交配種です。リンデリーは育てていないので知らないのですが、ウェン・ツェンはすごく花つきがよい種です。リップのふちが細かく切れ込んでいて、奥に行くほど黄色が濃くなり何か引き込まれそうな魅力があります。

Angraecum leonis アングレカム レオニス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA咲いて間もないころはほんのり緑色がかっていて、なんとなくはかない雰囲気。夜に香るというのですが、当方にある株は全く香りがしません。距がみょーーんと長く伸びる姿が特長的です。ペタルが妙に反り返るのですが、そういう個体のメリクロンでしょうか。ホームセンターなどで見るレオニスも同じような花姿のものが多い気がします。昨年の11月ころから花芽が伸びてきて、無加温で冬越しさせて咲いたのが今でした。

Phalaenopsis sp. コチョウランの一種

OLYMPUS DIGITAL CAMERA3~4年前にやってきた花終わり品。どこにでもある中輪咲きの白花コチョウランです。これも、昨年10月ころからは花茎が伸び始めたのですが、4月の終わりころから1輪目が咲きはじめ、つぼみが一通り開いたのはちょうど今頃です。早めに花を終わらせて、葉の生長に栄養を持っていたほうがよいかもしれないです。

ノーコンポスト・マイライフ

1.はじめに

着生ランは別に水ゴケとかコンポスト(ここでは植え込み材料のこと)使わなくても育つんじゃないか?ということで、思いつきでやってみました。バンダの木枠バスケット植えなんかは、バスケットに根を突っ込みますがそれだけで、コンポストは使いません。なら、他のものでもできるんじゃないか…。実際やっておられる方もたくさんいそうですが、自分なり試行錯誤でやってみたいと思います。どうすれば正解なのか、そんなモノはないです。
もくじ
1.はじめに
2.コンポストの役割
3.ねらい
4.作業の手順
5.これからの管理

2.コンポストの役割

で、コンポストの役割を単純に考えると「保水と植物の固定」です。保水は根に適度な水分(もしくは肥料分)を与えることで、植物の固定は根をしっかりと張るためのとっかかりです。要するに根、長じて植物が元気に育つためのサポートするもの、それがコンポストだと考えます。

3.ねらい

ヘゴづけのディネマ
ヘゴづけのディネマ
このふたつ「保水と植物の固定」がクリアできれば、コンポストがなくても育つのではないかと思います。いや、あくまで憶測ですがむしろ元気に育ってくれるのではないか、着生だもの。コンポストは必須か否か、そこがねらいです。まっさきに思いつくのはヘゴやコルク付け。ばしっと決まりますが、手に入りにくい上に、手軽に使うにはそれなりにします。最初に新根が伸びてくるまで水ゴケをサンドして付けたりするので、ノーコンポストとはいえないかもしれません。そして手元にあるものでできたらいいなということで、恐ろしく不格好ですがポリポットにノーコンポストでお気楽に育ててみようとおもいます。

4.作業の手順

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回用意したランはコレ、名もなきファレノプシス。花終わりの処分品を手に入れることができたのでこちらで育ててみます。ファレノプシスを選んだ理由は「根が太くて水ゴケをひっぺ返す作業がラク」「空気中に根がさらされている状態がむしろ好き」などです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAポリポットから出して水ゴケをはずしていきます。根が太くて数もさほどではないので、丁寧に行えば根は傷つかずにキレイに水ゴケをはずせます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA水ゴケを取り去った状態。傷んだ根を丁寧に切り取っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA根をキレイに掃除した状態です。これだけ元気な根があればちゃんと元気に育つでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAラン線の下をL字に折り曲げて、ビニタイで固定します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA最初に植わっていた透明ポリポットを鉢に使います。底からL字部分を出します。透明ポリポットを使うのは、鉢内の根の状態や湿り具合がわかりやすいからです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA軽くて棚に置いても倒れてしまうので、吊して管理します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAじゃーっと水をやると、底の部分に少し水がたまります。このたまった水分で鉢内の湿度が高くなってちょうど具合よくなるんじゃないかと思います。直射日光に当たると、内部が暑くなりすぎたり蒸れる予感がするので、風通しのよい半日陰で育ててみます。

5.これからの管理

水のたまり具合や鉢内の水滴の加減を見つつ水やりしていきます。風通しのよい半日陰で、新葉と新根の発生を促して元気なようなら施肥を少量行います。予想されることは、夏にひどく乾いてこまめな水やりがいるんじゃないかということです。遮光でその辺りをなんとかできないか…今後どうなるかはわかりません。つづく、かも。