デンドロビウム ブロンカルティ Den. bronckartii

Den. brockartii
ブロンカルティはカリスタ系デンドロビウムの原種です。どちらかというと、アマビレ(Den. amabile)の名前でよく知られているかもしれませんが、最初についていたラベルにブロンカルティと書かれていたので、そちらを尊重します。

バルブの上方から花芽を出して、垂れ下がるように数十輪の花を咲かせます。株姿や花の咲き方は、まさにカリスタ系といった感じです。花の大きさは幅3cmほどと小ぶりですが、一度にたくさん咲くのでゴージャス?です。花色はピンクで、リップに黄色い目が入ります。ファーメリー(Den. farmerii)の花色を濃くしたような感じです。株が大きくなると複数のバルブから同時に花が咲く上に、充実したバルブにはたくさんの花が付きます。’ベニボタン’をはじめ、個体名のついたものをらん展の展示などでちらほら見ます。

当方が育てているものにも’Pink Lady’の個体名がついていますが、個体の特徴など詳細はよくわからないです。花命は短くキレイな状態で見られるのは10日ほどです。
Den. brockartii2
そういう個体なのか、まだ株がさほど大きくないからか、あまり花茎が伸びず、花穂は下垂すると言うより横から斜め下に向かって伸びている感じです。花芽は2本つきましたが、同時には咲いてくれませんでした。もう一本の花芽はもう少し時間がかかるでしょう。

無加温で育てて、初夏くらいに花が咲きます。冬でもある程度の温度(5月くらいの気温?)をキープできると、春先くらいに花が咲くのかもしれません。耐寒性はわかりませんが、10℃程度の場所で特に傷みもなく冬を越します。同じ系統のアグレガタム(Den. aggregatum)やクリソトキサム(Den. chrysotoxum)はもう少し低温でも元気なので、ブロンカルティも案外もう少し低温でも大丈夫かも、怖いからやりませんが。

気温の高い時期はたっぷり水をやりますが、冬は基本的に断水します。やるとしたら、霧吹きで葉っぱを少し湿らす程度です。冬の低温と断水により花芽を作るスイッチが入るとされます。花付きがよく、デンドロ原種のなかでも比較的とっつきやすいのではないかと思います。デンシフローラムとかアグレガタムと相性がよい方は、まず間違いないんじゃないでしょうか。

おかしなサルカタム

デンドロビム・サルカタム(Dendrobium sulcatum)はデンドロビウムの中でもカリスタ節(section Callista)に分類される原種です。カリスタ節は花が房状にたくさん咲くものが多く、原種の中でも比較的よく知られるグループです。有名どころに、アグレガタム(Den. aggregatum)、クリソトキサム(Den. chrysotoxum)、デンシフローラム(Den. densiflorum)、ファーメリー(Den. farmeri)などがあります。花色は黄色系のものが多く、他に淡いピンクや白っぽいものも見られます。
お話をサルカタムに戻します。主な開花期は春で、扁平な形のバルブがユニークで特徴的です。花色は個体により色幅があり黄色~オレンジ色の花を1本の花茎に最大十数輪程度咲かせます。リップの奥が赤褐色になることが多いです。

P1070305

扁平なバルブが特徴。サルカタムにしてはややバルブが太いようにも見えるが…


当方で栽培しているサルカタムは、なぜかネットや本に載っているものと花姿が全く違います。どちらかというと近縁のシルシフローラムやデンシフローラム似た花姿です。
Dendrobium sulcatum

当方で開花したサルカタム。花姿がおかしい


シルシフローラムもデンシフローラムもこん棒状のバルブを出して、やや厚みのある葉っぱがバルブの上部にまとまって付きます。サルカタムはやや厚みの薄い幅のある葉っぱを付けるので、株姿は違います。雑種…なのかもしれません。だとしたらおもしろいなあと思います。


参考画像

Dendrobium thyrsiflorum

シルシフローラム


デンシフローラムの株姿