セッコクはデンドロの夢を見るのか

OLYMPUS DIGITAL CAMERAセッコクは言わずと知れたデンドロビウムの1種です。デンドロビウム原種モニリフォルメであったり長生蘭であったり、扱いはランだったり山野草だったり古典園芸植物だったりと広いのか狭いのか、取っつきがよくわからない植物です。確実に言えることは「深い」ことでしょうか。そんなセッコク類がちょうど花どきです。

セッコク 名無し

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 名もなきセッコクです。純白ではなくほんのりとピンク色の入る花がかわいらしいです。品種名などはないのですけど、一番オーソドックスなタイプのセッコクだと思います。こうやって見るとやっぱりデンドロだなあ、しみじみ…。

セッコク 黄寿

OLYMPUS DIGITAL CAMERAん?白花じゃんと最初思いましたが、白花の品種と並べて「黄色だな」とわかりました。厳密に言うと、黄花と言うよりごく淡いベージュです。

セッコク 瑞鶴

OLYMPUS DIGITAL CAMERA「兜咲き」と言う変わり咲きの一品種で、一見セッコクじゃないみたいです。花は粒状でちっこいです。最初見たとき何となく花の雰囲気がキンギアナムに似ているなあ、と思いました。実際は全然違いますけど。

セッコク 夕映え×紫天皇

OLYMPUS DIGITAL CAMERAセッコク同士の交配種です。花色と形だけ見ると、Den.カシオ-プに少し似ている…。カシオ-プも半分はセッコクですからさもありなん。花の大きさはこちらの方がかわいらしいです。

長生蘭 朝日鶴

OLYMPUS DIGITAL CAMERAセッコクなんですけど由緒正しき(?)長生蘭。こうやって見るとかわいらしい和の観葉植物です(愛好家におこられそう…)。花も確か咲くはずですが、まだ見ていません。バルブが透き通った飴色になろ「飴矢」で、葉っぱは真ん中の色が抜けた白中斑です。見ていてすごく飽きないです。

エンジェルベビー グリーン・愛

OLYMPUS DIGITAL CAMERAセッコクじゃなくて、セッコクの血が入ったデンドロ交配種です。と言っても、セッコクの混じったデンドロ交配種は大量にあるので、何となくここで紹介するのは違うかもしんない。交配系譜を調べると、原種にたどり着くまでけっこう手間がかかった記憶があります。それだけ色々な種が掛け合わさっている証拠。丈夫なところはセッコクに通じるところがあり、花付きの良さはその他の種のおかげでしょうか。デンドロとしては小型種ですが、セッコクよりはバルブは太くて大きいです。デンドロを育てて見たい方にはおすすめ。

何となく栽培

セッコクすべてがとっつきやすいとは言い切れませんが、とっつきやすいものが多いのは確かです。平地ならベランダで冬越しできますし、耐寒性は強いです。やったことはないですが、霜や寒風はダメじゃないでしょうか。春に新芽がぴょこぴょこ伸びてきたら適当に液肥をやってますが、無肥料でもけっこう花は咲いてます。肥料は8月いっぱいくらいで切ってます。着生植物の特性を活かして、流木やヘゴに付けてもおもしろいです。着生植物全般に言えることですが、やっぱり風と日射しです、大切なのは。
真夏は葉焼けが怖いので一応寒冷紗かぶせてますが、熱の溜まらないところならば斑入り種以外はそんなに気を遣う必要はないかもしれません。

熱帯環境植物館に行ってきました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA正しくは板橋区立熱帯環境植物館、高島平駅から徒歩5分くらいの場所にあります。閑静な場所にあまり目立たずに(自分にはそう見えます)ある施設ですが、どうしてなかなかな温室植物園です。

地下のミニ水族館からはじまる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA入場するとまず地下に降ります。この施設は地下からスタートして階段やゆるりとしたスロープをのぼっていく順路をとります。地下は暗い照明で水槽が並んだミニ水族館になっています。なぜかしょっぱなにはクラゲがいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA魚は全くわかりませんが、東南アジアを中心とした海水、汽水、淡水の魚が飼育されているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAミニといいますが、充実していると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA左手に見えるは潮間帯植生の大きな水槽、アロワナなどゆったりとした魚が悠然と泳いでいました。ここを通って階段を上るといよいよ植物ゾーンです。
2ページ目へつづく

大船植物園に行ってきました 温室編

OLYMPUS DIGITAL CAMERA植物園の醍醐味の一つといえば、温室です。あまり見ないような熱帯花木や美しくも珍奇な花々があり、一年を通して楽しめるところは、園内とはまた違った面から植物の魅力を伝えてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエントランス、左から入って時計回りにぐるっと回って左から出てくる順路になっています。温室全体はドーナツ型になっている模様。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA温室内に入らず、まっすぐ突っ切るとオーストラリア系の植物が植わった中庭があります。
2ページ目へつづく

大船植物園に行ってきました 園内編

OLYMPUS DIGITAL CAMERA神奈川県立フラワーセンター大船植物園、要するに大船植物園。何度か訪れたことはあるのですが、今回ゆっくりと散策することができました。以前訪問したときは、コンパクトだけど内容は濃いという印象でした。さあ、入場です。どんな植物が迎えてくれるのでしょうか。あ、入場料は350円でした、リーズナブルです。

入場口周辺

OLYMPUS DIGITAL CAMERA入場したすぐの広場にある妙に印象に残った石のアーチ。「かたぐるま」というモニュメントなのだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA振り返ると、そこにあるのは花時計。ビオラが色ごとに分けて植えられています。満開になるともっときれいでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA即売所には花苗などが沢山並んでいました。遠出で買って帰ることはできないので、なるべく見ないようにしました。ほかにも花木とか鉢花があったかもしれません。鉢花のデンドロビウムもちらりとあったような、ミテナイミテナイ。季節柄、パンジーとか春の草花が多かったみたいです。
2ページ目へつづく

ドキッ!ヤドリギだらけの河川敷

OLYMPUS DIGITAL CAMERA府内某所の河川敷、遊歩道も整備されているのどかでぶらぶらするにはうってつけの場所です。普通に見えて、やっぱり普通ですが、ここにはこれでもかというほどヤドリギのくっついた樹木がずらずらっと並んでおり、「ヤドリギ銀座」的なものを形成しています。しかも、直線で200mくらいの短い距離にならぶ樹木に集中しています。遊歩道自体は曲がってさらに続くのですが、そちらには宿主になる樹木がないのか全くヤドリギは見られません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAヤドリギがくっついている樹木はどれも古木然とした立派な物ばかりです。樹種は…エノキでしょうか?適当な目分量ですが、樹高は一番大きな木で15mくらいありそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA遠目で見ると単に木が茂っているように見えますが、グリーンの部分はすべて寄生したヤドリギです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAわさわさ寄生しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA宿主の木は大丈夫なのでしょうか?宿主同様、ヤドリギ自体も年の経た個体が多いのか、大きく感じるものが多かったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA写真では確認できませんが、しきりに野鳥が飛び交っていました。黄白色っぽい液果がまだ残っている時期なので、レンジャク類が食事に来ているのではないかと思ったり。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA落葉時期なので、ヤドリギが非常に目立ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA盛大にヤドリギが見られるのは片岸だけで、その対岸にはあったとしてもちょぼちょぼで、ほとんど見られませんでした。植わっている樹種の違いによるものだと考えます。対岸には植樹されたヤナギのほか、センダンなどが見られました。
なぜこんなに大量にヤドリギがついているのか…。宿主となる樹木が狭い範囲に集中していることが前提としていえますが、それにしても集中し過ぎとも感じます。種子の運び手となる野鳥類が豊富にいるから?、巨樹が多いから?、謎です。

Coel.Cosmo-Crista ‘Shinjuku’ コスモ・クリスタ ’シンジュク’

OLYMPUS DIGITAL CAMERA非常に花付きがよく強い芳香を放つセロジネで、以前はセロジネ ’シンジュク No.8’と呼ばれていたものだと思います。シンジュクの名前は新宿御苑で作出された種に付けられるのが一般的なので、本種もそうなのでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAIntermedia(インターメディア) × cristata’Sweet-Sented'(クリスタータ’スイート・センテッド’)の交配種です。さらに、Intermediaはcristata × massangeanaなので、2/3はcristataということになります。純白でリップに橙黄色が入る清楚な雰囲気の花です。花茎は自然に湾曲して下に向きます。花姿はインターメディアに似てますが、若干リップの奥がオレンジ色っぽいでしょうか。花付きは抜群によいです。それなりに肥培するとかなり花茎があがるんじゃないかと思います。開花期は部屋に置いていると、かなり甘い香りがし、鼻につくことがあります。日が射していて暖かいときなんかは、特に香りがきついように思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAときどきこのように癒着したおかしな花が咲きます。原因はわかりません。
春から秋は屋外でファレノプシスと同じ場所に置いてます。真夏はかなり遮光していますが、そこまでする必要はないのかもしれません。秋までに肥培すると花付きがよくなるような気がします。ウチの環境では10月頃に花芽が出てきて2月頃に咲きます。

早春の草花展に行ってきました

京都植物園の毎年恒例となった早春の草花展に行ってきました。今年で8回目です。春をいち早く楽しもうと、いろとりどの草花がお花畑状態満開で展示されています。まだ寒空の続く日も多い中、弾む春スプリングを満喫させてくれる、体も心もぽかぽかとなるイベントです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA大芝生の広場にずらずらっと長い温室がしつらえてあり、そこが会場です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA中は一方通行で通路になっており、片側の入り口から入って反対側に出るようになっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA場内はこんな感じで、カラフルな春色であふれています。花の回廊と銘打っているように両脇に花々がボーダー状に飾られ、その中の小道を歩くと行った感じです。色とりどりの花の乱舞ですが、おとなしめに抑えたグリーン主体のコーナーもありました。

ギャラリー

ざざっと場内を紹介。

展示に工夫しています

ルピナスをタワー状に並べて立体的に見せたり、高低差を出して限られたスペースを有効に使って広く奥行きがあるように工夫しています。この時期に満開の草花を見せるためには、1年草なら昨年の夏頃から播種が始まっているのではないかと思います。球根にしても冷蔵処理などで、開花調整をしているでしょう。栽培に対するいろいろな努力を感じさせます。花の名前は知らなくても、色とりどりの花で満開の春を一足先に楽しんでみてはいかがでしょうか。

世界らん展日本大賞2013 に行ってきました

毎年恒例、東京ドームで開かれるランの祭典「世界らん展日本大賞2013」を見に行ってきました。10年くらい前はまだ各地で規模の大きならん展が催されていましたが、現在は激減しています。そんな中でも毎年かわらずに行われる本イベントはラン好きにとってはありがたいものです。

これでもかというランの波

入場してすぐのエントランス部分は毎年とにかく圧倒的な物量です。なんて贅沢、ここにはまだバブルが残ってたのかと派手さにビビります。個々の株を楽しむというより、集合美ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA降り注ぐオンシジウム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA色とりどりのエピデンドラム。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA流れ落ちるがごとく咲き誇るセロジネ。インターメディアかクリスタータか、そんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA乱立するデンドロビウム。よく見るボリュームのある交配種の面々。

夢の島熱帯植物館に行ってきました 2013

OLYMPUS DIGITAL CAMERAJR京葉線もしくはメトロ有楽町線「新木場駅」から徒歩10分くらい、夢の島公園の中にあります。温室植物園で、3つのドームが一つにくっついた形をしています。入場料は大人250円です。

滝が流れるAドーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERAA.B.C3つのドームに分かれており、それぞれにテーマがあるようです。分かれているといっても、温室内は隔壁などで区切られている訳ではないので、感覚としては一つの大きな温室です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエントランスを抜けて、Aドームから温室内に入ります。入ると目の前に滝が流れています。むせるような熱気、ということはなく適温です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA滝の裏が通路になっているので抜けて行きます。この辺りの通路は滝の飛沫でびちゃびちゃです。これはこれで、植物がよく育ちそうな環境です。

渋谷区植物ふれあいセンターに行ってきました 2013

駅から少し離れるともう閑静な場所だった

以前から気になっていた「渋谷区植物ふれあいセンター」に行ってきました。渋谷駅から渋谷警察署の前を通って明治通りを広尾方面にぶらぶら。交番のあるところで道を渡って橋を越すとぐっと閑静な場所に。そんなところにひっそりとありました。迷わなければ駅から10分くらいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA事務所のような建物に大きなガラスの温室がくっついたような外観です。最初見逃しそうになりました。中に入ると受付があり、そこで100円を払って温室に入場です。

1F温室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA熱帯系の植物などが所狭しと植えられています。コンパクトでキレイにまとまっていてしっくりきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA入ったところによくできたラフレシアのモデルがありました。本物の植物に紛れているので一瞬「!?」となりました。関係ないですが、ラフレシアのモデルは色々な植物園で見ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA手前の金鯱のようなサボテンはアクリルかガラスの筒の上に乗っかっています。水栽培でしょうか。奥の細長いテラコッタ鉢に植わっているのは奇想天外です。両端が左右にひもでひっぱられていてびよーんとなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA2Fに昇ってみます。