B. Little Stars リトルスターズ

OLYMPUS DIGITAL CAMERAブラサボラ・リトルスターズはnodosa:ノドサ×subulifolia:サブリフォリア(=cordat:コルダタ)、原種同士の交配種です。ノドサはブラサボラの中でもメジャーな原種でよく見かけます。この交配種を見ていつも疑問に思うのは、ノドサもサブリフォリアもすごく花姿の似た原種なのです。で、やっぱりその交配種も親とそっくり。どういう意味のある交配なんだろうと。ノドサもサブリフォリアも栽培したことがないのではっきりいえませんが、ノドサの花姿を残しつつ花つきのよさと多花性を目的としているんじゃないかと思います。後は雑種強勢でしょうか。リップが白で、ほかの花びらは黄緑色と一見ぱっとしない花姿ですが、ずっと見てても飽きない素の美しさがあります。育てているのはリトルスターズの中でも、もっとも普通に出回っている’夜香’という個体です。個体差があるのか、当方の株は香りがほとんどしません。ブラサボラはカトレアの近縁属で、ブラソカトレアなど属間交配種も多くあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAバルブは細く、その先につく葉っぱが棒のように肉厚になります。病気も害虫もなく、なんと言っても真夏の直射日光でも葉焼けしません。というわけで、一年中日当たりに置いてます。花は夏から晩秋にかけて咲くことが多いです。秋までがんがん日に当てて育てると、花つきがよくなるような気がします。肥料は5月ころに固形の化成肥料を少し与えているだけです。最も気を使わないランのひとつです。 交配親であるノドサはヘゴ板付けで育てているのを植物園とかで時々見るので、これも一度そうやって育ててみたいです。