めくるめく原種デンドロの世界 その4

ランは花の美しさやおもしろさもさることながら、その草姿も十分楽しいのではないかと思います。というわけで、個人的に好きな草姿のデンドロビウムを紹介したいと思います。今回は「デンドロ界のぺたんこ」こと、デンドロビウム・プラティガストリウムです。

Den. platygastrium デンドロビウム・プラティガストリウム

一見普通のバルブのように見えるが…
一見普通のバルブのように見えるが…

さっそくですが、その草姿を見ていきましょう。プラティガストリウムの草姿は見た目、よくあるノビル系デンドロビウムに似ています。しかしこれを90度、角度を変えてみると…

厚みがない
厚みがない

画像では少しわかりにくいのですが、厚みがなくて薄っぺたいのです。普通に棒状に生育すればよいものの、なぜプレスされてのされたような姿なったのでしょうか?すごい狭いスキマとかでも対応できるから?おそらく違います。自生地では木の幹を背もたれにして、逆さまに張り付いたりしてるのかも。
どちらにしてもこのぺっちゃんこ具合が最大の魅力と感じます。バルブのツヤツヤした感じもたまりません。

葉面が横を向く
葉面が横を向く

葉っぱの出方も微妙におもしろいです。お日様の光を効率的に受けられるようにか、葉面が斜め横から横に向きます。大株だと、このバルブは50cm近くの長さになるそうです。

追記

花は主に春に咲きます。クリーム色のちっさな花が一本の花茎に数輪まとまって咲きます。見た目はセッコクに近いです。育ててる感覚で、ノビル系とかとあんまり性質変わらないんじゃないかなあ、と思います。水やりとか日射しとか。耐寒性もさほど弱くなさそうですし。
見た目すごくそっくりなものに、デンドロビウム・ラメラツム(Den. lamellatum  Synonym:Den. platycaulon)があります。こちらもバルブぺちゃんこです。