Den.ノビルの変種 クックソニアナム

Dendrobium nobile var. cooksonianum 2Den. nobile var. cooksonianum 
デンドロビウム・ノビルは交配親として有名な原種ですが、今ひとつ人気がないように感じます。しかし、自分の中では一番好きなデンドロ原種の1つです。慣れれば真夏の直射日光でもぴんぴんしてますし、寒さにも強いです。手間もかからず花ももちろんキレイです。ただ、数輪ちょこちょこと咲くのですが、一斉にたくさんの花を咲かせることは、栽培に慣れていないとむずかしい気がします。
Den.nobile var. cooksonianum4花の咲いている上の節から高芽
また、株の大きさも花付きに影響するでしょう。大株になっていくと花付きはよくなるのかもしれません。花芽が高芽に変わってしまう?こともよくあります。1つのバルブで花を咲かせつつ、上の方では高芽が生長しつつと言うこともあります。
Dendrobium nobile var. cooksonianumクックソニアナムの花
ノビルにはいくつもの変種が知られています。ここで紹介するクックソニアナムもそんな変種の1つです。生育旺盛で、高芽でガンガン増えるからか、単なるノビルよりも比較的栽培されているように感じます。その他にもノビルの変種は、純白花のバージナリスや大輪のサー F. W. ムーアなどが有名です。
Dendrobium nobile var. cooksonianum 3花びらに紫色の大きなブロッチが入ります
一番の特長は花びらの付け根当たりに紫色のブロッチが入ることです。リップにも同様のブロッチが入ります。花の開き方が少し不安定で、よじれたりすることもあります。基本的に大きく平開せず、花びらの先端が後ろに大きく反り返ります。
原種洋蘭図鑑によると、クックソニアナムは「花弁がすべて唇弁化した個体」と記載されています。となると、クックソニアナムは三蝶咲きのノビルと言うことになります。花びらの開き方が不安定なのはそのあたりにヒントがあるのかもしれません。また、花びらに厚みがあり、表面にフェルトのような毛が生えているところも、唇弁化の影響かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です