デンドロビウム 原種に近い交配種 2

原種に近い交配種は、原種の雰囲気が残っているところがミソです。交配親である原種の特長を素直に表したその姿、見る人が見たらどのような原種が親となっているかがすぐさまわかるでしょう。やっぱり原種に近い姿なのですが、少し違うところが良いです。雑種強勢だとは一概に言えないですが、花付きや性質は丈夫なものが多いです。
Den. crystallinum × bensoniaeDen. crystallinum × bensoniae(クリスタナム × ベンソニアエ)
一見見ると、原種ワーディアナムに似た花姿です。これでバルブがボコボコと節くれだっていたら自分は間違えてしまうでしょう。しかしよく見ると、花びらの先のピンク色が淡めです。ワーディアナムは目鼻立ちがくっきりしてる美人さんです。一方、こちらの交配種はふんわりしたやわらかい雰囲気があるお姉さんといった感じです。花全体の雰囲気はクリスタリナム、目のような赤褐色の模様はベンソニアエから受け継いでいるのでしょう。リップに濃いブロッチが入るデンドロが好きなので、自分にはたまらなく素敵です。
Den. cretaceum × parishiiDen. cretaceum × parishii(クレタセウム × パリシー)
バルブが直立しにくい感じと、全体的な花色、バルブに行儀良く並んで咲く様がパリシーっぽいです。じゃあ、ほとんどパリシーじゃないかと言うことになりますが、リップの色とそこに入る網目状の模様が、しっかりとクレタセウムしています。
Den. parishii↑ちなみに、こちらがパリシーです。
パリシーは花びらの先がとがったシャープな感じがするので、全体的に丸みを感じるところは、クレタセウムの性質が出ているのかもしれません。リップに細かい切れ込みが入るのは、両親の影響だと思います。うーん、案外ありそうでよく考えたらない組み合わせかもしれません。丸っこいかんじのパリシーみたいなデンドロ。

いずれも開花株を最近に購入したものなので、性質などは把握してませんが、交配親の原種から考えると比較的丈夫でとっつきやすいのではないかと信じつつ、育てていきたいと思います。

伸びるセンペルビウム

Sempervivum seedlings by実生のセンペルビウムが一株だけあります。2年ほど前にタネをまいたら、一株だけ残ったという強運の株です。寒さにも強く、暑さにも強いです。ロゼット状に広がった花のような姿や、チョコレート色に染まる葉などエケベリアとはまた違った楽しさがあります。エケベリアがふっくらとした姿なら、センペルはややシャープな感じがします。冬はこんな感じのロゼット状で、高さもあまりありません。
Sempervivum seedling by 2しかし、春に暖かくなってくると、葉っぱが長く伸びてきました。徒長か?水のやり過ぎか?
Sempervium seedling by 3と思ったのですが、中心近くの葉っぱが立ち上がり、かなり元気に伸びるので、こういう性質なんだと思っています。徒長すると、葉っぱが這いつくばるように寝てしまい、やる気のないべちゃっとした姿になります。昨年も確か春に葉っぱが立ち上がった気がします。こんなには伸びなかったと思いますが。そして秋には普通にロゼットになってました。
暖かい時期に一気に成長して株を一回り大きくして体力を付け、寒い時期は休眠して耐えるのかな、と想像してます。限られた生育期間で、一気に決着を付けてしまう、みたいな。
Sempelvium seedling by 4春は成長をはじめるとともにランナーを出して仔を吹きます。ランナーも鮮やかな赤色でキレイです。昨年は親株から2つの仔が吹きました。本年はその親株から新たに4つの仔が吹き、少し大きくなった仔株は2つずつ、計4つの仔を吹きました。合計すると本年は8つの仔が吹いたことになります。どこまで大きくなるんでしょうか?楽しみです。

ツタンカーメンえんどう

以前に植物園で「ツタンカーメンのエンドウ」というものが植えられていて、ネーミングが何となく気になっていました。たまたまタネが市販されていたので、まいて育てて食べてみようと言うことになりました。これは「ツタンカーメンえんどう」のタネまきから収穫までの簡単な記録です。

ツタンカーメンエンドウとは

何がツタンカーメンなのか?言われているのは、ツタンカーメン王の副葬品の1つであったエンドウマメをまいたら発芽して育ったと言うのが経緯とされています。現在出回っているものは、そこから増やしたものと言うことでしょうか?手に入れたタネの生産地は兵庫県となっております。
外観的な特長として、豆莢の色が濃い紫色をしています。種類は実エンドウでいわゆるグリーンピースです。つるありで支柱などに絡んで上に伸びていきます。

タネについて

P1070572今回購入したタネは藤田種子さんのものです。こちらの種苗会社はちょっと変わった野菜のタネを多く扱っています。家庭菜園で少し違ったものを作ってみたいという方にはぴったりです。
P1070580タネはこんな感じで、大きさは直径8mmほどです。これを一晩水に浸してふくらませてからまきます。

育苗(メモ程度)

参考になるかはわかりませんが、育苗メモです。
1) 一晩吸水させたタネを、用土を入れたビニールポットに3粒ほどまきます。まいた時期は2013年10月中旬です。
2) 発芽したて丈が15cmくらいのとき、庭の南向きの場所に定植しました。ツルを絡ますための支柱はあらかじめ立てておきます。また、ツルが絡みやすいよう株元には稲わらを立てかけておきます。
3) 定植したのは11月の下旬くらいです。寒さや霜に負けずに冬の間もぐんぐん伸びていきました。特に寒さで傷むことはかかったです。株同士が絡み合ってしまったので、間引いてから抵触した方がよかったかもしれません。
4) 肥料は元肥も含めて全くやりませんでした。前作はスイトピーの場所だったので、連作障害も考えられましたが、生育に支障は見られませんでした。

開花以降

ツタンカーメンのエンドウ一番花が咲いたのは、2014年3月の下旬です。赤花エンドウのようで、花もかわいらしく楽しめます。この時点で草丈は1.2mほどです。
P1070555花後まもなく豆莢ができます。最初はぺちゃんこですが、2~3週間くらい経つと中のマメも育って見た目かなりふくらんできます。ご覧の通り、色は赤紫です。
P1070562採り頃はよくわからないです。中のマメが育ってくると莢の表面が筋張ってきて、少しぼこぼこしてきます。
P1070563外側と違って、サヤの内側やマメはキレイなエメラルドグリーンです。
植えた株は6~7株くらいですが、サヤをむいた豆の状態で、標準計量カップ3カップ分くらいは採れたんじゃないかと思います。収穫は1ヶ月くらいできましたが、あとの方になると、豆が十分に大きくならなかったり、豆の表皮が固くなって食感は落ちます。4月いっぱいが採り頃だったので、エンドウの中では比較的早生なのかなと感じました。味は何の変哲もないエンドウです。
肥料やったりしっかり世話をすれば収穫量も味も少し違ったのかも知れません。

セダム 乙女心と虹の玉

セダム 乙女心と虹の玉セダムは多肉植物の中でもオーソドックスなグループだと思います。葉の茂った感じがカラフルだったり、葉の形自体がかわいらしかったりと種類によってその姿はさまざまです。そんな中でも個人的に好きでおススメの「乙女心」と「虹の玉」というセダムを紹介したいと思います。

セダムについて

セダムは葉っぱがぷりぷりしてかわいらしいタイプと、わしゃわしゃ茂って地表や壁面を覆うようなタイプをよく見ます。前者を『ぷりセダム』、後者を『わしゃセダム』と自己の中で勝手に分類しております。で、このたびここで紹介する2種はどちらもぷりセダムです。ゼリービーンズのような葉っぱに見えない葉っぱを出しながら、上に伸びていきます。それでは、早速おススメの2種を見ていきましょう。

乙女心 -おとめごころ-

乙女心葉っぱの表面はうっすらと粉を吹いていて、全体的に淡い緑色に見えます。葉っぱの先端が赤く色づきますが、冬に紅葉するとさらに赤みが増します。なぜか葉ざしができないので、さし芽で増やします。

虹の玉 -にじのたま-

虹の玉乙女心と比べると葉は短め、全体につやつやした光沢があります。冬に紅葉すると真っ赤に色づきます。葉ざし、さし芽で増やすことができます。下のほうから葉がぽろぽろ落ちますが、落ちた葉っぱもほおって置くと鉢の中で根を出して子株を作ったりして、さらに賑やかになっていきます。

手入れなど

どちらも寒さに強く、冬は屋外でも大丈夫です。夏もあまり気にすることはありませんが、風通しのよい半日陰のほうが株が弱らなくていいかもしれません。肥料は与えなくてもよく育っています。よく増えるので、さし芽で子株を作っておくと、寄せ植えしたいときにとても重宝します。切り詰めずに長く伸ばして、大株にしてもかわいらしいです。空き缶に植えてみるとか、鉢ををいろいろ工夫して楽しいと思います。扱いやすい多肉植物で、それだけ楽しみ方の幅も広いです。どちらも園芸店やホームセンターなどで手に入りやすいので、見かけたらぜひ挑戦してみてください。
乙女心と虹の玉のさし芽乙女心と虹の玉の寄せ植え

適当寄せ植えの楽しさ

P1070477セダムの類はよく増えます。長く伸びた茎を引きちぎって土の上に置いておくだけで新しい株の出来上がりです。園芸店やホームセンターでもいろんな種類を揃えています。この、「増やしやすい」という性質もセダム類の楽しさだったりします。
5~6種類を用意し、元気に伸びているときにちぎっては投げ、ちぎっては挿しすると適当寄せ植えになります。ある程度なじんできたらそれなりに収まって見えます。
P1070470切戻したときの茎なんかをまとめて挿しておくだけで結構にぎやかです。たぶん乙女心と虹の玉だったと思います。もうすでに発根してますが、もっと成長して隙間なく育つと見栄えがします。
P1070472上に伸びるタイプと這って茂るタイプを一緒に植えると、メリハリと立体感が出ます。鉢はお好みの大きさでよいと思いますが、小さめの鉢にやや多めに植えたほうがきれいにまとまります。この鉢で直径6cmです。
P1070475多肉植物はさほど生長スピードが速くないので、小さな鉢でも長い間育てられます。這うタイプのセダムなんかは、伸びすぎたら指で適当にピンチして整えればよいでしょう。この鉢で挿してから1年くらい経っています。セダム以外の植物も植わってますが。
コツというわけではないですが、挿したあとは雨の当たらない場所で水をやらずに置いておくと、春や秋の気温のよい時期なら2週間くらいで根が出てくるので、それから水やりすればよいです。這うタイプのセダムは挿すと言うより、土の上に寝かせるいった感じで、そうすると節々から根が出てきます。

セロジネの原種いろいろ

セロジネの原種はラン展や即売会などでも比較的リーズナブルな値段で並んでおります。丈夫でよく増えるものもある反面、ちょっと高温多湿や低温に弱い種もあります。ここでは、比較的とっつきやすくてかわいらしい、セロジネの原種をいくつか紹介します。
Coelogyne flaccida \'Lucky Boy\'セロジネ フラクシダ ’ラッキーボーイ’ Coel. flaccida ‘Lucky Boy’
2月の中旬頃に開花。花茎は湾曲して下向きに垂れ下がります。花の大きさは4cm~5cmくらいで色は白ですが、うっすらと赤茶色がかっているように見えます。一本の花茎から7~10輪程度の咲きます。リップには黄色いブロッチとともに、赤茶色の筋が入ります。芳香が強めです。画像は’ラッキー・ボーイ’と呼ばれる個体です。
Coelgyne lacteaセロジネ ラクテア Coel. lactea
3月の下旬頃に開花。花の大きさや姿は上記のフラクシダに似ていますが、こちらは花茎が直立します。また、花の白さはこちらの方が鮮やかです。気温の少し上がった時期に咲いたからか、花命が2週間程度と若干短く感じました。
Coelogyne ochraceaセロジネ オクラセア Coel. ochracea
4月中旬に開花。強健かつ花付きのよい原種です。花茎は直立からやや斜上して、数輪の白い花を咲かせます。リップに入る黄色いブロッチは濃いオレンジの縁取りが入ってかわいらしいです。バルブは縦長の細いタマゴ型でつやつや、密生して生えます。芳香はありますが余りきつくないです。

どれも同じような花に見えますが、ちゃんと見るとそれぞれに個性があります。基本は初夏~秋にしっかり遮光(春秋は50%、真夏は70%くらい)して、たっぷり水を与え、風通しをよくすること、以上3点です。冬は5℃~7℃程度あればとりあえず大丈夫のようです。性質はどれも同じような感じですが、特にバルブの伸び方や花芽の多さなどを考えると、オクラセアが強健さでは半歩出ている気がします。

十二の巻の迎え

硬ハオ、十二の巻きシリーズはたくさんの変種や園芸品種があるようで、なかなかバラエティーに富んだ妙味があります。斑入りなどの葉っぱの様子の違いもありますが、やはり一番の魅力はバンドの様子が微妙に違うところでしょうか。また、「十二の」と名前が付くけれども、別種のものもあります。一緒くたに置いていても特に問題なく育っていますので、多分性質は近いんでしょう。
Haworthia fasciata f. variegata白蝶 Haworthia fasciata f. variegata 
十二の巻の斑入り種は色々あるみたいですが、そのうちの1つなんだと思います。春に株の中心から出てくる新芽が白さ際立って非常にキレイです。他の硬ハオ同様、冬の寒さで赤くなりますが、春も進んで暖かくなってくると元に戻ります。生長は体感やや遅めであんまり大きく生長していないです。葉先があんまり枯れこまないので、丈夫?なのでしょうか。
Haworthia fasciata \'Choberiba’チョベリバ Haworthia fasciata cv. 
十二の巻の園芸品種、のようです。バンドが太かったりドーナツ状になったりとその変化が楽しいです。素性はあんまりよくわからないです。
Haworthia reinwardtii十二の爪 Haworthia reinwardtii 
硬ハオ「十二の」シリーズですが、十二の巻とは別種です。なんか、もっとこう「爪!」みたいにシャキーンと向いているイメージがあります。しかし、この株は全体的に葉っぱが開き気味です、水が多いのかそれとも個体差か。
Haworthia sp.十二の塔 Haworthia reinwardtii var.archibaldiae 
十二の爪の変種のようです。硬ハオには「○○塔」と名前の付く品種がよくあります。それらはなんか、葉が太短くてぐんぐん上に伸びるものが多い気がします。それを考えると、本種は少しフォルムというか系統というか、雰囲気が違います。

楽しいデンドロビウム

ノビル系の交配種は古くから色々あります。バルブさえちゃんと育てれば、花が咲くことは多いですが売っているもののように、バルブの上から下までびっしりと咲かせる、と言ったことは自分にはむずかしいです。冬の初めに小さな花芽が確認できると、それはもうテンションが上がります。栽培が報われたといった感じに。花芽は秋にバルブがぱんぱんにふくらんだときと同じくらいうれしいものです。冬にじわじわと花芽がふくらんで、春になると一気に開花してくれます。
Den. Sweet Candyスィート・キャンディー 花付きが抜群によい品種です。バックバルブから複数の新芽が出た場合、作落ちして花が少なくなるケースがあるのですが、この品種はほぼそれがないです。
Dendrobium Himezakura\'Fujicco\'ヒメザクラ ’フジッコ’ ほんのり桜色の花びらがかわいらしい品種です。今ひとつ伸び切らなかったバルブにまで花芽を付けるので、ちゃんと仕立てたら満開時すごい豪華になると思います。しかし、鉢花で出回っているものはもっとピンクが濃いのも見るので温度とか日照で色幅はあるのかもしれません。
Den. Second Love \'Tokimeki\'セカンドラブ ’トキメキ’ バルブが完成して花芽が上がってきている株を手にしたので、どの程度強いのかはよくわかりません。ただ、前年バルブと比較してかなり細くいリードバルブにしっかり花が咲いたので、花付きはよいようです。昔からよく聞く品種で、花のかわいらしさからそれも納得できます。
Dendrobium  Sigiriya Ladyシギリヤ・レディー こちらも、昨秋にバルブの完成した株を手に入れたものです。リップに入る目がノビルを彷彿とさせます。かなりひょろっとした姿なのですが、本来の姿とは違う気がします。しっかり育てると、どのくらいの大きさになるのかが楽しみです。
Dendrobium unknown不明品種 栽培している中では古株で、花終わりの処分品を手に入れたものだったと思います。スプリングドリーム’アポロン’のラベルが付いていたのですが、当該品種は純白花のハズなので違う気がします。
Dendrobium Oriental Spirit ’Bizen Akebono\' オリエンタルスリピット’ビゼン・アケボノ’ バルブが細めの品種で、生育が旺盛な強健種です。花付きもよいです。単に「ビゼンアケボノ」の名前で出回っていることもあります。

十二の巻のいざない

Haworthia十二の巻は葉っぱの表面に入る浮き彫りのような白い筋(バンド)がなんとも魅力的です。さながらアイシングで緻密に細工されたお菓子のようなその姿はかわいらしくさえあります(私見です)。十二の巻のバラエティーはよりどりみどり。別種なのか変種なのか個体差なのかよくわからないのですが、バンドの入り方とか葉っぱの姿かたちが通常と違うものがあります。それらは通常のものと区別するためか、名前が付けられています。それを見比べてみるとまた楽しいです。しっかり生きていますが、厳しい冬をベランダで過ごしたので、全体的に赤っぽくなっている上にボロボロです。
P1060733十二の巻 ワイドバンドなどに見慣れると、こちらの通常株のバンドが細く繊細に見えてきます。生育旺盛で、比較的生長スピードが速いほうです。
ワイドバンド 十二の巻ワイドバンド 通常の株に比べてバンドの幅が広いのが特徴です。個体差かもしれませんが体感的に通常株より成長スピードが早くて、大きくなる気がします。生育旺盛で気温の高い時期はバンバン子を吹いて猛々しく茂ります。また、個体差なのか同じワイドバンドでも葉っぱが太短くて様子の違うものがあったりします。
P1060735霜降りワイドバンド ワイドバンドよりさらにバンドの幅が広く、全体的に白っぽく見えます。見た感じ、少し葉っぱが短めな気がします。あと、葉の緑色が全体的に淡いです。全体的にとても上品でキレイです。何となく生長はゆっくりめでしょうか。
P1060734ショートリーフ 太短い葉っぱがかわいらしいです。ちょっと縦長に育つ感じです。なんとなく、十二の巻っぽくないところが楽しいです。
あと、斑入り種があるんですがよくわからないので省きます。

雑感

ちょっと葉先が傷みますが、-2℃くらいになるベランダで、株自体は傷まずに育っているので相当丈夫なんだと思います(重ねて言いますが、葉っぱは先っぽが重点的に傷む)。春に暖かくなってくると、中心から若くてきれいな葉っぱが出てきて、元気に育っていきます。半日陰に置いてますが、特に徒長はしないようです。むしろそういう環境のほうが好きなようにも見えます。水遣りは春~秋は乾いたらたっぷりです。肥料はやったら大きくなるかもしれません(与えたことがないのでわからないです)が、なくても特に元気がなくなるというようなことはありません。春に白っぽい地味な花が咲きますが、株の大きさに対して花茎がむちゃくちゃ長く伸びるので、引っ掛けてしまうことがあります。実生してみるとおもしろそうです。

ムスカリ再発見

ムスカリ
昨秋にホームセンターでいろんなムスカリを購入してみました。まとめて植えるとカラフルでいいんじゃないかと思い、品種を混ぜてみました。いろんな花色が混ざると全体的に奥行きが出てムスカリだけでもよい感じです。ただ、やっぱりチューリップなど背の高い草花と寄せたほうがよりいいんだろうなと思いました。
ミックスしたのは品種名がわからなくなってしまったのですが、品種ごとに植えつけたものが4つあるので、それを紹介します。
ムスカリ ラティフォリウムラティフォリウム 花1つずつがやや細長く、花穂全体も細く見えます。色は暗めの青紫色で花立ちはさほど多くないです。先端に付く花が淡い青色でそのちょこんとしたアクセントがかわいらしいです。幅の広い葉っぱを球根1つにつき、1枚だけ出します。そこが何となく他のムスカリと違っておもしろいです。なんとなく野趣があって、全体的に控えめです。
ムスカリ レディブルー 水色レディブルー 水色 透き通るような淡い水色の花です。
ムスカリ マウントフットマウントフッド 花色は淡い紫色で先端に付く花が白色になります。栽培した中では、一番開花が早かったです。
ムスカリ アルバアルバ ラベルにはアルバと書かれていましたが、何のアルバなのかはわかりません。名前通り、真っ白な花を咲かせます。花がたくさん付くのか、花穂はやや長くなります。青紫系のムスカリの中に混ぜると、よいアクセントになります。


ムスカリはそれだけでもキレイでかわいらしい花ですが、他の草花と合わせることにより相乗効果でお互いを引き立て合います。
一番の定番はチューリップとの組み合わせですが、同じ時期に咲く春咲き草花なら種類を選ばず相性はよいでしょう。たくあんあるムスカリの中で一番よく育てられているのは、俗にアルメニアクムと呼ばれている種でしょう。濃い青紫色で、ブドウの房のような花を咲かせるので、ブドウムスカリと呼ぶ人もいます。一度植えておくと、毎年増えていく強健さです。花壇から逃げ出したのか植えた覚えのないようなところで花を咲かせることもしばしばです。
いろんな種類が出回っているので、興味があれば是非育ててみてください。品種ごとに若干の差があると思いますが、植えっぱなしでもよく育ちます。
ただ、植えっぱなしだと秋の初めくらいに休眠から覚めて葉が盛大に長く伸びて、開花するときはだらしない格好になります。俗に言う、「ムスカリの葉っぱびろびろラーメン状態」です。
少し手間ですが、ポイントとして

[note]・花後に葉っぱが枯れてきたら、掘りあげて貯蔵する
・あまり早く植え付けない[/note]
の2点が挙げられます。関西平地なら、植え付けは12月はじめくらいまでなら、じゅうぶん春の開花に間に合います。ありきたりで定番の球根植物ですが、今回はムスカリのかわいらしさを再発見した感じです。