牧野富太郎の本

日本の植物学者といえば、真っ先に出てくるのが牧野富太郎でしょう。牧野富太郎を知ろうと思えば、著作や関連本を紐解くのが一番の近道ですが、案外たくさんの本が出版されています。
そこで、牧野富太郎に関する本を図鑑・著作・関連本に分けて紹介します。

図鑑

牧野富太郎の図鑑と言えば、植物好きならたいがい知っている「牧野日本植物圖鑑」がいっとう最初に挙げられるでしょう。植物体の正確な描写とよくまとまった説明で、調べ物をするのにもときおりパラパラめくるのも楽しい図鑑です。ビジュアル的にキレイな図が見たい方は図版がカラーの「原色」版もあります。牧野植物図鑑には4冊組みのコンパクト版やリーズナブルな学生版なども含めて多くの種類が出回っています。


そんな中でも、基本となるのは、新版ではないかと思います。基本的な内容は古いものと変わらないようですが、分類や学名表記は現在のものになおされています。細かい部分でも実用に耐えるよう、色々と加筆修正されていると思います。」図版はモノクロですが、逆に植物の輪郭や特長がしっかりと把握できると思います。卓上ならこれがおすすめです。[rakuten]001:9784832610002[/rakuten]
また、最新の原色版は「APG分類」に準拠しています。こちらは2冊組み(バラ売り)になっています。[rakuten]001:9784832609747[/rakuten]
このほかに、個人的におもしろいなと思うのは、昭和15年版を忠実に再現した(らしい)、『復刻版 牧野日本植物図鑑』です。仮名遣いが古くて、何となく味がありますが、相当に慣れないと読みにくいです。
牧野日本植物図鑑―復刻版(amazonのページへ飛びます)

図鑑以外の著作

図鑑以外で現在でも読める牧野富太郎の著作も数冊あります。多くが学術/学芸系の文庫で出版されていますが、現代の仮名遣いになっているので、特に苦労はしないと思います。


いろんなところに寄稿した記事や講演会の内容など文章に起こしたものをまとめたものが多いです。だから、内容は一貫せず、色々な方向に飛びます。また、けっこう内容がかぶっており、「自叙伝」「植物記」どちらかを読めばほかの著作のアウトラインがわかると思います。植物の知識的な内容もしっかりしているのですが、牧野富太郎の人となりを知ることができる内容、と言った方が正しいかもしれません。植物以外の内容も入っていますし。ユニークな人物だったのだなあと、ひしひしと感じます。牧野節炸裂、という感じです。「花物語」は植物記の続編ですが、特に内容が続いているというわけではありません。
[rakuten]001:9784061596443[/rakuten][rakuten]001:9784480091925[/rakuten][rakuten]001:9784480092724[/rakuten]『植物知識』は厚みのすごく薄い本です。植物ごとにわけてそれぞれについて説明しています。『植物一日一題』も個々の植物についてのお話です。こちらは普通に厚みのある文庫本です。「植物の名前は正確に使え、変な漢字を当てるな」的な内容が多いです。これらの本に関しては内容が植物に一貫しています。[rakuten]001:9784061585294[/rakuten]
[rakuten]001:9784480091390[/rakuten]

関連本

牧野富太郎について書かれた本も探すとたくさんあります。そんな中でも、テーマとしておもしろいもしろく、わかりやすいものを選んでみました。


当時出版された様々な植物図鑑と牧野富太郎の半生を絡めた視点がユニーク。第二章の「牧野植物図鑑の謎を追う」は黎明期の日本の植物図鑑を取り巻く状況なども垣間見えて興味深いです。[rakuten]001:9784582850178[/rakuten]
全国で植物採集を行った牧野富太郎の足取りを追う旅行記を中心とした伝記的な内容です。巻末の全国踏査・ゆかりの地マップがイラスト入りで楽しく、おもしろいです。
MAKINO―牧野富太郎生誕150年記念出版(amazonに飛びます)