梅雨時もセッコク

セッコクは4月~5月が開花のピークですが、他の季節にも案外咲いてくれます。早いもので2月頃から、遅いものでは6月に入ってから開花します。1つの株で冬に咲いたと思ったら、初夏にもまた咲いてくれることもあります。

開花時期に差があるのは、早生や晩生など品種による差や、バルブが完成する時期にもよるでしょう。そんな品種をいくつか育てていると、間を空けずにいろんなセッコクが咲いてくれます。楽しくもあり、開花によってテンションが上がることもあり、やる気も続くというものです。梅雨時期にもしっかりと咲いてくれるセッコクですが、この時期は気温の高さもあり花持ちは若干悪いです。
Den. moniliforme Miyabi雅<みやび>
花びらの縁が紅色になる覆輪咲きのセッコクです。覆輪の出方が季節とかに関係なく安定しています。非常に愛らしい花です。
Den. moniliforme純白素心 覆輪葉
純白で模様や他の色が全く入らないすっきりした色彩の品種です。葉っぱは糸のような細い白色の縁取りが入ります。
Den. moniliforme Suiko翠紅<すいこう>
ピンクに近い紅色で形の整った花です。咲く季節や日射しの強さなどで、もうちょっと紅色の濃い花が咲くこともあるかもしれません。
Den. moniliforme iseセッコク イセ系
セッコクとキバナノセッコクの掛け合わさった品種を一般的にイセ系と言います。花姿や色が、通常のセッコクとはちょっと違い、そこが魅力です。言われてみれば両種を足して2で割った感じがします。何となくデンドロビウムとも言ってしまいたくなるふしぎな雰囲気があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です