デンドロビウム 原種に近い交配種 2

原種に近い交配種は、原種の雰囲気が残っているところがミソです。交配親である原種の特長を素直に表したその姿、見る人が見たらどのような原種が親となっているかがすぐさまわかるでしょう。やっぱり原種に近い姿なのですが、少し違うところが良いです。雑種強勢だとは一概に言えないですが、花付きや性質は丈夫なものが多いです。
Den. crystallinum × bensoniaeDen. crystallinum × bensoniae(クリスタナム × ベンソニアエ)
一見見ると、原種ワーディアナムに似た花姿です。これでバルブがボコボコと節くれだっていたら自分は間違えてしまうでしょう。しかしよく見ると、花びらの先のピンク色が淡めです。ワーディアナムは目鼻立ちがくっきりしてる美人さんです。一方、こちらの交配種はふんわりしたやわらかい雰囲気があるお姉さんといった感じです。花全体の雰囲気はクリスタリナム、目のような赤褐色の模様はベンソニアエから受け継いでいるのでしょう。リップに濃いブロッチが入るデンドロが好きなので、自分にはたまらなく素敵です。
Den. cretaceum × parishiiDen. cretaceum × parishii(クレタセウム × パリシー)
バルブが直立しにくい感じと、全体的な花色、バルブに行儀良く並んで咲く様がパリシーっぽいです。じゃあ、ほとんどパリシーじゃないかと言うことになりますが、リップの色とそこに入る網目状の模様が、しっかりとクレタセウムしています。
Den. parishii↑ちなみに、こちらがパリシーです。
パリシーは花びらの先がとがったシャープな感じがするので、全体的に丸みを感じるところは、クレタセウムの性質が出ているのかもしれません。リップに細かい切れ込みが入るのは、両親の影響だと思います。うーん、案外ありそうでよく考えたらない組み合わせかもしれません。丸っこいかんじのパリシーみたいなデンドロ。

いずれも開花株を最近に購入したものなので、性質などは把握してませんが、交配親の原種から考えると比較的丈夫でとっつきやすいのではないかと信じつつ、育てていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です