コチョウラン栽培の覚え書き

Phalaenopsis sp.品種不明 大輪系で丈夫。
コチョウランの花どきはよくわかりません。無加温で栽培している当方では、ちょうど梅雨頃に咲きます。花芽は11月頃に出てくるのですが、冬の間は伸長がすごく鈍いです。5月頃から急に伸び出して、ちょうど6月頃に開花する運びです。開花が遅いと、その分生長が遅れるので、あまり良くないでしょう。冬に18℃くらいに加温して花芽の生長を促してあげると3月~4月くらいには咲きます。
Phalaenopsis sp.品種不明、中輪形で花びらの大きさに対してリップが大きめ。
花の終わった直後から寒さがくるまでの間に、新しい葉っぱを伸ばして生長します。生長期には1~2枚の葉っぱを出します。一年間で出た葉っぱの数や大きさで、翌年の花の数が決まるようで、春も早めから生長をはじめた株はそれなりの数の花が咲きます。当方のような肥培もしないずさんな育て方で、しかも生長期が長くとれない場合は3~5輪程度しか咲きません。
Phalaenopsis ‘Pure Moon\'ピュア・ムーン レモンイエローの中輪種。
贈答用コチョウランのように、たくさん咲かせることは難しいですが、育ててちょっと花を楽しむ程度ならさほど手間はかかりません。新しい葉っぱが出てきたら、水をたっぷりと、ときどき肥料くらいです。屋外の直射日光が当たらない暗めの場所に吊しておくと調子がいいです。葉っぱは生長と貯水のために重要ですが、余りたくさん出るわけではないので、1枚1枚が非常に大切です。強い日射しで焼けてしまうと、てきめんに生育が悪くなります。葉っぱを傷めないことが一番のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です