アングレカム レオニスを育てる

Anguraecum leonis

どんな植物か

アングレカム レオニス(Anguraecum leonis)という着生ランがあります。
なぜかここ数年、ホームセンターでも花つきの株をよく見ます。どこで見ても同じデザインのラベルがついています。写真入りの大きめなラベルで、趣味人向きというより一般向きに販売している、という雰囲気でした。ですから、アングレカムの中では一番普及しているんじゃないかと思います。アングレカムは超小型から超大型まで、大きさは種によってさまざまですが、レオニスは横にも上にも大げさに伸びない、小型の部類に入ると思います。

Angcm. leonis 2S字に曲がった距。花が開くころにはもっと長くなります。

春~初夏に咲く花は幅3cm~5cmくらいで、透明感のある白です。花びらは肉厚で、表面はちょっときらきらとラメが入ったような質感になります。夜から明け方にかけてほのかに香ります。一本の花茎に数輪咲き、株が大きくなると一度に数本の花茎を出すようになります。花の後ろ側に長く伸びる距は面白い形です。
葉っぱは肉厚で、左右交互に出ながら上に伸びていきます。よく見られる単茎性のランと同様に、茎は伸びません。暑い環境はかなり好きみたいで、真夏はぐんぐん生長します。といっても生長スピードはさほど速くなく、1年に新しく出てくる葉っぱの枚数は1.5~2枚くらいです。冬は10℃程度あれば越します。

栽培メモ

当方の環境下での栽培メモです。参考程度にご覧いただけると幸いです。
Angcm. leonis 3この株で鉢は直径7.5cm。株の大きさに対して鉢が小さく見えますが、通気性や湿り具合を考えると、これくらいで丁度よいバランスです。

肥料はあまり与えなくても育ちます。夏前にマグァンプなどを少量置肥するか、気づいたときに薄めの液肥を与えるくらいで問題なく育っています。気温が高くなって新しい根をばんばん出してきたらたっぷりと水を与えます。元気な時期は水を吸うと葉っぱに張りが出ます。気温の低い冬~春先は休眠状態であまり水も吸わないので、1ヶ月に1回少し湿る程度で十分です。この時期は葉っぱ全体にしわがよることが多いですが正常です。

最低気温10℃以上を目安に、屋外やベランダの明るい日陰におきます。風通しのよい場所に吊るしておくのがベストです。冬は最低気温が10℃を切るころ、室内の明るい場所に置きます。強い陽射しに当てると葉が傷みます。特に夏から秋の直射日光には注意です。日の当て方は環境によって異なってくると思いますが、自分の栽培しているところでは春と秋は30%、夏~初秋は50%くらいの遮光が丁度くらいだと感じました。もうちょっと遮光しても、大丈夫な気がします。アングレカムは比較的寒さが苦手だと思っていましたが、レオニスに関しては案外寒さに強いようです。

通気性がよくて、湿り具合がわかりやすく、多少水が多くても傷むことが少ないので素焼き鉢にミズゴケで植えています。ミズゴケは株がぐらつかない程度、ゆるめにつめています。植え替えはあまりしなくてよいと思います。購入当初プラ鉢に植えられていたので、それを素焼き鉢に植え替えて丸2年くらいそのままですが、元気です。特に鉢が根詰まりしている感じでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です