そびえる系の硬ハオ

硬葉系ハオルチア、葉っぱが短くて上に上に伸びていくタイプのものがあります。丈が低いうちはまだよいのですが、伸びていくと段々とピサの斜塔のように傾いていきます。多分まっすぐ植え直しても傾いていくでしょう。
葉っぱには白い点々状のバンド?が入り、それが何となく全体的に繊細っぽい雰囲気を与えています。
Haworthia reinwardtii鷹の爪 Haworthia reinwardtii
子株をよく吹くイメージのある鷹の爪です。自分の中では、このタイプの基本的みたいな位置づけです。(Γ・∀・)Γ~~たーかーのーつーめー
Haworthia reinwardtii var. chalwinii九輪塔 Haworthia reinwardtii var. chalwinii
分類的には、鷹の爪の変種に当たるみたいです。しかし、どこがどう違うのかはよくわかりません。ラベルがなかったら、自分にはもう同定不可能でしょう。
Haworthia reinwardtii var.chalwinii f.variegata九輪塔錦 Haworthia reinwardtii var.chalwinii f.variegata
九輪塔の斑入り品種です。赤っぽいと言うか、クリーム色っぽいというか、そんな筋がもんやりと全体に入ります。若い葉っぱは全体的にグリーンが淡く、模様もくっきりしていてキレイです。
Haworthia coartata var. chalwiniiHaworthia coarctata var. chalwinii
熟したアボカドの皮みたいな黒っぽい葉色です。以前に小さな子株が吹いたのですが、外して他に植えてしまいました。比較的まっすぐ伸びているように見えますが、それは最近植え直したからです。ほっそりしたフォルムですが、根の張り大きかったです。
Haworthia sp.大きくなった株、京都植物園にて
このタイプはどんどん生長していくと地面を這うように寝て伸びていって先端近くだけ上に向く、と言った風に生長していくのでしょうか?植物園でこのタイプの大株を見ると、株元から子株をたくさん出して、地面をのたうち回っておりました。際限なく伸びていくのか?それとも一定まで生長すると子株をぼんぼん出していくのか?興味は尽きません。