ドックリリア ワッセリー

けえ企画
科名 ラン科
学名 Dockrillia wassellii
(=Dendrobium wassellii)
読み方 ドックリリア ワッセリー
(=デンドロビウム ワッセリー)
原産地 オーストラリア北部
高さ 15cm
開花期 主に夏

こんな植物

オーストラリアの北端、ヨーク岬半島の限られた場所に自生する固有種です。標高600mあたりに分布します。一般的にはナンヨウスギなどに着生しますが、たまに岩生することもあります。

葉は棒状で角張り、ほふく茎は長く伸びます。主な開花期は夏で、葉の付け根から花茎を長く伸ばして60輪ほどの白い花を咲かせます。花には芳香があります。

栽培メモ

春から秋の生育期は風通しのよい場所で、充分光に当てて育てます。乾燥には比較的強く、過湿は苦手です。特に休眠期(冬)、過湿状態になると葉が付け根からポロリと外れ落ちます。見た目特に変化がないのに、いきなり落葉するのでびっくりします。水やりをガマンして乾かし気味にするのが、冬越しのコツです。10℃近くあれば寒さで株が傷むことはないです。株は生長するのに花が咲かない場合、日照不足などが考えられます。