変化アサガオをそだてる その5

基本データ

系統番号:448 青林風抱葉紅管弁獅子咲き
つるの性質:やや太め、巻き付く力はやや弱めに感じる

成長過程

448-1発芽後30日
くしゃくしゃした葉っぱで、全体的に波打っているような感じです。
448-3発芽後40日
つるが伸びてきました。つるの太さの割に葉っぱが大きくてすぐ横に寝てしまいます。支柱に巻き付く力も弱く、誘引の必要がありました。
448-5発芽後55日
つるがさらに伸びてきました。相変わらず自分から巻き付いていかないので、誘引しています。
448-7発芽後75日
つるはのびるのですが、著しく葉が黄変して脱落していきます。葉腋から新たに出てくる芽も、ある程度つるを伸ばしたら枯れこむ症状も続きました。つぼみも小さいうちにぽろぽろ落ちます。画像ではわからないのですが、枯れ始めているのか生長しているのかよくわからない状態でした。
448-開発芽後80日
花が咲いてくれました。不思議なことに初花以降はつぼみや葉が枯れる症状が少なくなり、元気に生長するようになりました。花もそれなりに咲き続けてくれました。

まとめ

成長過程で枯れてしまうんじゃないかと思うくらい葉やつる、つぼみが枯れこみました。完全に黄変する葉もあれば、葉の一部分だけが枯れるものもあったりと、枯れ方はランダムでかなり不安定でした。生理現象のようなものなのか、途中から何事もなかったように元気に生長してくれました。順調に育っていて、原因もわからず枯れこんでくるのは他の系統でも見られました。

おまけ

448-改-開同系統の別株の花です。筒状でほとんど開かず、雄しべと雌しべが花びらになっておりタネはできないようです。この株の成長過程はかなりひどく、葉の黄変や脱落、つるやつぼみの枯れがずっと続き、ほとんど葉のない状態になってしまいました。開花した花も結局2輪程度でした。芽を出して生長はするのですが、それ以上に枯れこむスピードが早いです。
P1080829分解すると、雄しべが弁化しているのがよくわかりました。

変化アサガオをそだてる その4

基本データ

系統番号:857 青蜻蛉渦葉くすみ藤色丸咲き
つるの性質:硬くて太い、巻き付く力はやや弱い

成長過程

857-1タネまき後30日
葉っぱは濃緑色、生長が早くて既につるが伸び始めています。
857-3タネまき後40日
ぐんぐん伸びていくので、支柱を立てました。なぜかこの系統だけバッタなどの虫に食害されやすいです。
857-5タネまき後55日
つるが徐々に太くなってきました。巻き付く力は弱いようなので、手で誘引していきます。太さの割にはしなやかで、多少強く曲げても折れることはありません。
857-7タネまき後75日
所々の葉っぱが黄色くなって脱落しますが、つるが伸びる勢いは非常によく、生育に支障はありません。
857-開タネまき後95日
花が咲いてくれました。咲くときは一度に数輪咲き賑やかですが、咲かない日は一輪も咲かなかったり、少しムラがあります。

まとめ

葉っぱが固くてつるが太く、全体的にごつごつしており、生育が旺盛な系統でした。途中葉が黄変したときはどうなるかと思いましたが、生育スピードが上回るため、特に問題なかったです。花付きは非常によく、一本のつるの各葉腋から同時に咲くことも多かったです。

変化アサガオをそだてる その3

基本データ

系統番号:676 黄匂玉葉燕紫獅子咲
つるの性質:細めでよく伸びる。巻き付く力はやや弱い

成長過程

676-1タネまき後30日
ライムグリーン色の葉っぱが特徴的です。触ると薄くて硬く、かさかさと乾いたような質感です。
676-3タネまき後40日
節間が長めに感じます。よく日に当ててるので、徒長ではないと思います。葉っぱの縁が巻き込む性質のようです。
676-5タネまき後55日
1枚1枚の葉っぱがかなり大きめです。雨に打たれたのかとこどろころ穴が開いています。つるは勢いよく伸びるのですが、巻き付く力はあまりないようです。
676-7タネまき後75日
ここに来て、突然性質が不安定になってきました。新しいつるは伸びてくるのですが、古いつるや葉っぱが茶色く枯れて脱落する減少が続きました。葉腋から出る花芽も大きくならずにポロリと落ちます。
676-開タネまき後80日
安定しない中、花が咲いてくれました。濃い紫色でライムグリーンの葉っぱとの取り合わせが非常にキレイです。その後は花芽も落ちずに安定して、次々と花を咲かせてくれるようになりました。

まとめ

元気な株が突然枯れこむという不安定さを味わいました。順調に育っていた株の葉っぱやつるの一部が枯れこんでポロリと落ちるのは、病気と言うよりもともと持つ性質による生理現象なのではないかと思います。温度などの環境で起きるのか、生育ステージが一定の段階まで上がると起こるのかよくわかりません。どうなるかと思いましたが、その後出て来るつるやつぼみは正常で、元気に花を咲かせてくれるようになりました。変化アサガオは、このような「生長の谷間」のようなものがときおり見られます。いったい何だったのか。

変化アサガオをそだてる その2

基本データ

系統番号:777 青水晶斑入常葉姫紅覆輪筒白丸咲(紅ちどり)
つるの性質:細めでやや硬い。巻き付く力は非常に強い。よく伸びる。

成長過程

777-1タネまき後30日
葉に白い斑が入っているのがわかります。全体的に小振りです。
777-3タネまき後40日
生長スピードはかなり速く、生育旺盛な感じがします。
777-5タネまき後55日
摘心後、つるが勢いよく伸びてきました。そろそろ支柱を立てなければいけません。
777-7タネまき後75日
支柱を立てると、勝手につるは巻いてくれます。そのあたりの性質はふつうのアサガオと変わりません。
777-開タネまき後80日
開花しました。花びらには白い縁取りができます。でも、あまり形質が安定しないのか、縁取りの入らないこともあるようです。紅色の花と、斑入りの葉のコントラストが美しいです。
777-開・弐花付きは抜群に良く、シーズン中次々と咲いて、目を楽しませてくれました。

まとめ

変化アサガオの中でも、一般に広く流通している系統です。この系統を栽培して感じたのは、抜群の安定性です。生育スピードや開花、形質が非常に安定しており、ある意味安心して育てられます。生育も旺盛で、ふつうのアサガオと扱いに何ら変わりはありません。比較的タネもよくできるので、ほぼ確実に毎年更新できそうです。
大きな変化はないようですが、全体的に小振りなところなど、ふつうのアサガオとの違いは十分堪能できます。変化アサガオの入門的な系統のひとつだと思います。

変化アサガオをそだてる その1

変化アサガオの成長過程を開花まで追った記録。翌年の栽培に向けての備忘録です。
系統番号ごとに記載します。

基本データ

系統番号:573 青堺渦打込乱菊葉桃筒白乱菊咲
つるの性質:やや太めであまり伸びない。巻き付く力はない

成長過程

573-1タネまき後およそ30日
本葉が出始めた頃。葉の形は三角に近く、葉柄がかなり長めです。
573-4タネまき後およそ50日
上にはほとんど伸びず、本葉の数も余り増えません。どうも生長点あたりで小さな葉ができては枯れてを繰り返しているようです。帯化とは違うように感じますが、通常とは少し異なるようです。
573-6タネまき後およそ65日
本葉は少しずつ増えていますが、葉柄は伸びずに生長点あたりに固まっており、葉もくしゃくしゃした感じです。ほとんど生長しない葉(芽)は黄変して脱落してしまいます。
573-7タネまき後およそ75日
つるが伸び始め、株全体の勢いも増してきました。いびつな葉などは黄変して脱落する現象は少ないですが続いています。
573-開タネまき後およそ95日
花が咲きました。花びらのフチが少し波打ち、切れ込みも入っています。ピンクと白の取り合わせがかわいらしいです。
573-8ツルはある程度伸びましたが、自分から支柱などに絡まろうという気配は見られませんでした。最終的に数週間で10数輪程度が咲いたと思います。

まとめ

この系統を栽培してよくわかったことは、変化アサガオは生長にすごくムラがあると言うことです。双葉が出るところまでは特に何もなかったのですが、本葉が本格的に展開しはじめた頃から、生長点の異常のようなものが見られるようになりました。具体的には、葉腋から芽は出るもののちゃんと育たずに黄変して脱落、それを何度も同じ場所で繰り返しているようでした。茎が極端に短くて伸びないので、何回も同じ場所から芽が出でているように見えるだけかもしれません。
その現象を繰り返すのかと思ったら、途中でつるを伸ばしはじめ、開花に至りました。成長過程が今ひとつ予測できないところが非常におもしろかったです。

ちょっとずつ作っていく多肉寄せ植え

小さい寄せ植えをいくつかつくって、それらが生長してきたら少し大きなところにまとめて植えて…と言うことを繰り返す寄せ植えを、ちょっとずつ作っていく寄せ植えと勝手に読んでおります。育てながらこつこつと作っていく、と言う栽培の過程を楽しみたい方には向いていると思います。

基本自分のやる寄せ植えはこのタイプです。茎が伸びてきたな-と思った多肉を適当に切り詰めます。そうすると、切った茎がもったいないです。それを小さな鉢に植えておきます。そんなのが複数できたら、違う鉢にまとめるといったスタンスです。楽しいので、切り取った芽で小さな多肉鉢をたくさん作っていたら、場所ふさぎとなったので、まとめるようになったのがそもそものきっかけです。

一度にたくさんの挿し穂や小苗を用意する必要がないところがいいところかもしれません。
P1070957摘心したときなどに出る茎をとりあえず土に挿しておきます。

P1080399色々な種類を摘心したときは、プチ寄せ植え状態にしておきます。左から乙女心、虹の玉、ドラゴンズブラッド(いずれもセダムです)。

P1080401大きさはこんな感じです。直径3cm程度の1号鉢です。鉢はホームセンターで多肉のプチ苗を買ったときに植わっていたプラ鉢です。乙女心、虹の玉、恋心、ドラゴンズブラッド、ヒスパニカム(以上、セダム)、銀揃(クラッスラ)、緑牡丹(エケベリア)など。

P1080659適当な容器が見つかったら、適当に寄せます。2つ上の画像のミニ鉢3つをまとめまたら、こんな感じになりました。ミニ鉢にさし芽して、植えるまで大体2週間程度です。種によって差はありますが、初夏から夏ころなら2週間から1ヶ月くらいで発根します。この間、水はやりません。

馴染んでくると、うまい具合にまとまりのよい見栄えになります。不幸にも一部が枯れてしまった場合やすき間ができたときは、別に用意しているミニ鉢をもってきて間を埋めます。その繰り返しで、ちょっとずつ見た目の変化が出てくるのもおもしろいです。

デンドロビウム 原種に近い交配種

デンドロビウムはやや渋めでマニアックな原種から、山野草のような趣があるセッコク、鉢花として気軽に楽しめる育てやすい交配種まで、育てる楽しみはよりどりみどりです。Den. moniliforme

Den. moniliforme(セッコク)の一種

交配種は色々なものがありますが往往にして花色もカラフルで、なんと言ってもとっつきやすいのが特長です。価格も比較的リーズナブルで、ホームセンターなどでも冬から春にかけて、わっと花の付いたものが多く出回ります。交配種はたくさんの原種が関わっていますが、現在見られる交配種の大元となった原種で一番有名なのは、Den.ノビルでしょう。特に小型で寒さに強くて丈夫な交配種にはDen. モニリフォルメ(いわゆるセッコク)が親となっているものが多いですし、黄色系ならDen.フレデリックシアナムなどが重要なのではないかと思います。

Dendrobium friedricksianum

Den. friedricksianum(フレデリックシアナム)


ややマニアックでありますが、その交配種を見てどんな種が親となっているのかを想像するのも非常に楽しかったりします。興味があればRHSのサイトで、登録されている交配種の系譜を調べることができます。そんな楽しいデンドロビウムの交配種、その中でも原種に近いプライマリー交配種を紹介します。

プライマリー交配とは

交配種は色々な種を何世代も交配して作出されているものが多いですが、原種同士の交配種もあります。というか、交配は原種同士の交配からはじまるので当然です。そして、原種同士の交配を「プライマリー交配」と言います。
現在見られる最新の交配種のようにボリュームや豪華さはないですが、原種の特長を残しつつ、少し違ったような素朴な美しさをもっています。変なところに言及すると、100年くらい前に作出された交配種なんかもあり、何となくロマンがあったりなかったりです。もちろん株自体はその当時のものではありませんが、些細なことです。

Den. Cassiope デンドロビウム・カシオープ(カシオペ)

Dendrobium Cassiopeカシオープはノビルとセッコクの交配種で1890年に登録されています。ノビルにもセッコクにも変種や個体が多いので、その組み合わせで花姿や性質の異なるカシオープがあります。この個体の花姿はかなりセッコクよりですが、かなりノビルに近い個体もあります。Den. Cassiope 2上の画像は京都植物園で見たモノですが、確かカシオープのラベルが付いていたと思います。ノビルだったかもしれません…、間違っていたらスイマセン。
性質はセッコクと同じくらい丈夫です。花は前年バルブにつくことが多いですが、本年バルブにも付きます。交配種の中では一番開花が早い部類で、12月頃から咲き始めます。新芽も早いときは2月頃から伸び始めます。株姿は両者の中間的な雰囲気で、バルブはノビルほども太くならずセッコクほども細くないです。’ミス・ビワコ’という美しい個体があるそうですが、自分は見たことがありません。

Den. Aoyama デンドロビウム・アオヤマ

Den. Aoyamaアオヤマはアダンカムとセッコクの交配種で1924年に登録されています。花のないときの姿は上記のカシオープに似ているか、ほとんど同じです。花色はピンクでリップの喉が少し黄色く色づきます。花色はアダンカムから、花姿はセッコクからとったような雰囲気です。やや花びらがふっくらしたかわいらしいセッコクにも見えます。カシオープ同様に育てやすいです。花付きはよい方だと思います。ネットで画像を検索すると、かなり異なる花姿のものが見られるので、個体の組み合わせが異なるものもあるのかもしれません。

セッコク×ピエラルディー交配種

Dendrobium moniriforme \'Syuyo\' × pierardiiセッコクの紅色品種と原種ピエラルディーの交配種です。ややうつむき気味に花を咲かせるのですが、下から見上げるとすごくキレイです。バルブは直立せず、斜上する傾向があるようです。花の咲いた状態で手に入れたのですが、来年は自分でしっかり咲かせたいと思います。

すきすきナゴラン

ナゴラン(名護蘭) Sedirea japonica

OLYMPUS DIGITAL CAMERAナゴランは単茎性の着生ランの中では一番好きな部類に入ります。でも、フウランも好きだし、エリデスとかバンダとかリンコスティリスも好きだしアジアばんざいですね。草姿はファレノプシスをちっこくしたような感じです。日本とか朝鮮半島のあったかいところ原産、野生蘭といったほうがしっくりきます。野生状態が見られるのかは別として。控えめで上品な花姿とその芳香が魅力です。

花の魅力

花の咲き方もファレノプシスそっくり、株元から花茎をみょーんと伸ばして3cmくらいの花が茎に沿っていくつか咲きます。花色は淡い緑でやや厚みがあります。リップやセパルに紫とか赤茶っぽい縦じまが模様が入ります。この模様をじっと見ていると自然が織り成すデザインの妙のようなものを感じます。初夏に咲いたり夏に咲いたり、年2回咲いたこともありました。そういう点では生育サイクルがやや不定期な感じがします。花姿も魅力なのですが、もうひとつの魅力は香りです。クセのない上品な香りで、胸がすっとします。昼間はぜんぜん香らないのですが、早朝に嗅ぐとすごく芳香を放っています。花持ちはよく、3週間くらいは咲いてます。

栽培

一度油断して、軽い葉焼けをさせてしまいました。それ以降は葉焼けが怖いので、庭の薄暗い場所に吊しています。基本はファレノプシスと同じですが、寒さにはだんぜん強いです。4月頃に室内から屋外に出しているのですが、特に株は傷んでないです。5℃程度あれば大丈夫な感じですが、大事をとって10℃ほどあったほうがいいかもしれません。肥料は1年に1回、新葉が中心から伸びてきていたら小粒の固形肥料を置き肥しています。
セッコクとかフウランに比べると少しむずがるかもしれませんが、葉焼けに気をつければ育てやすくて花は咲きやすい(個体差はあります)ランだと思います。ファレノプシスもそうなんですが、もともと少ない葉数でやりくりしてる分、葉焼けなどで傷めてしまうとその後の生長とか大変です。葉が命です。

ノーコンポスト・マイライフ

1.はじめに

着生ランは別に水ゴケとかコンポスト(ここでは植え込み材料のこと)使わなくても育つんじゃないか?ということで、思いつきでやってみました。バンダの木枠バスケット植えなんかは、バスケットに根を突っ込みますがそれだけで、コンポストは使いません。なら、他のものでもできるんじゃないか…。実際やっておられる方もたくさんいそうですが、自分なり試行錯誤でやってみたいと思います。どうすれば正解なのか、そんなモノはないです。
もくじ
1.はじめに
2.コンポストの役割
3.ねらい
4.作業の手順
5.これからの管理

2.コンポストの役割

で、コンポストの役割を単純に考えると「保水と植物の固定」です。保水は根に適度な水分(もしくは肥料分)を与えることで、植物の固定は根をしっかりと張るためのとっかかりです。要するに根、長じて植物が元気に育つためのサポートするもの、それがコンポストだと考えます。

3.ねらい

ヘゴづけのディネマ
ヘゴづけのディネマ
このふたつ「保水と植物の固定」がクリアできれば、コンポストがなくても育つのではないかと思います。いや、あくまで憶測ですがむしろ元気に育ってくれるのではないか、着生だもの。コンポストは必須か否か、そこがねらいです。まっさきに思いつくのはヘゴやコルク付け。ばしっと決まりますが、手に入りにくい上に、手軽に使うにはそれなりにします。最初に新根が伸びてくるまで水ゴケをサンドして付けたりするので、ノーコンポストとはいえないかもしれません。そして手元にあるものでできたらいいなということで、恐ろしく不格好ですがポリポットにノーコンポストでお気楽に育ててみようとおもいます。

4.作業の手順

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今回用意したランはコレ、名もなきファレノプシス。花終わりの処分品を手に入れることができたのでこちらで育ててみます。ファレノプシスを選んだ理由は「根が太くて水ゴケをひっぺ返す作業がラク」「空気中に根がさらされている状態がむしろ好き」などです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAポリポットから出して水ゴケをはずしていきます。根が太くて数もさほどではないので、丁寧に行えば根は傷つかずにキレイに水ゴケをはずせます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA水ゴケを取り去った状態。傷んだ根を丁寧に切り取っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA根をキレイに掃除した状態です。これだけ元気な根があればちゃんと元気に育つでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAラン線の下をL字に折り曲げて、ビニタイで固定します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA最初に植わっていた透明ポリポットを鉢に使います。底からL字部分を出します。透明ポリポットを使うのは、鉢内の根の状態や湿り具合がわかりやすいからです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA軽くて棚に置いても倒れてしまうので、吊して管理します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAじゃーっと水をやると、底の部分に少し水がたまります。このたまった水分で鉢内の湿度が高くなってちょうど具合よくなるんじゃないかと思います。直射日光に当たると、内部が暑くなりすぎたり蒸れる予感がするので、風通しのよい半日陰で育ててみます。

5.これからの管理

水のたまり具合や鉢内の水滴の加減を見つつ水やりしていきます。風通しのよい半日陰で、新葉と新根の発生を促して元気なようなら施肥を少量行います。予想されることは、夏にひどく乾いてこまめな水やりがいるんじゃないかということです。遮光でその辺りをなんとかできないか…今後どうなるかはわかりません。つづく、かも。