ほとんど白い宝草錦

ほとんど白い宝草錦

P1090704

宝草錦(左)と宝草(右)
ハオルチア・宝草錦。白とグリーンのコントラストが美しい、斑入りの多肉植物です。葉先は一応窓になっています。あまりくっきりとはしていませんが、じっくり見ると網目模様で美しいです。以前は緑色のスジがちりばめられて、美しい模様を作っていたのですが、生長していく内に全部白くなってしまいました。日当たりや気温が影響するのか、もともと斑が安定しない性質なのか…。

こんなに白いと生長遅いんじゃないかと思ってしまうのですが、ふつうの宝草と比べても遜色ない生長スピードです。斑入りであろうがなかろうが、宝草の系統は強健なのかもしれません。

自分でも傷まずに育てられているので、軟葉系ハオルチアの中でも、丈夫な部類に入るのだと思います。夏の直射日光を避けるくらいで、とりたてて気をつかったことはしていません。