似ているルペストリスと、愛星と

P1090690

左:ルペストリス 右:愛星

ふっくらと丸みのある三角形の葉姿と、対生十字の葉並びがかわいらしいクラッスラ・ルペストリスとその変種、愛星。どちらも似ていますが、並べると違いはわかりやすいです。
P1090683
ルペストリス(Crassula rupestri)

葉っぱの大きさはそんなに違わないのですが、愛星のほうが厚くて全体的に丸みがあります。ルペストリスはやや厚みが薄くて、先端が尖り気味です。愛星は低温時にくっきりと紅葉します。紅葉時に両者を間違えることはないと思います。ルペストリスのほうは紅葉が目立ちません。と言うか、両者を並べて置いているのですが当方のはまったく紅葉しません。ルペストリスは緑の縁取りがくっきりと入るので、その点でも見分けは付きやすいと思います。紅葉していないときの愛星はふちがややぼやけた感じで黄色くなります。
P1090487
愛星(Crassula rupestri f.)

生長スピードは愛星のほうがゆっくりな気がします。夏は休眠しているので、基本的に水は切っています。性質に大きな差はないと感じますが、高温時に愛星だけ少し傷んで葉が落ちました。両者とも、このタイプのクラッスラにしては両方とも比較的枝分かれします。

[note]クラッスラ・愛星に関しては
アイボシの育て方|ヤサシイエンゲイ [/note]

輝く星のクラッスラ

南十字星

南十字星(Crassula perforata var. variegate)

楽しみ方
対生十字で上に伸びるタイプのクラッスラ。真上から見た形が星っぽいからか、園芸名にも星が入っているものがいくつかあります。「南十字星」「星の王子」「星乙女」など…。上には伸びるのですが、あまり枝分かれはしないので、1本だけではひょろっとした感じです。鉢に仕立てるなら数本まとめて植えた方が良いでしょう。さし木でよく付きます。株元も寂しいので、這うタイプのセダムなんかをいっしょに植えると良いかもしれません。
Crassula conjuncta(星の王子)
星の王子(Crassula conjuncta)

栽培雑感
秋から春にかけて良く生長し、高温時期は基本的に休眠しています。雨に当てると傷みやすいので、1年を通してベランダが無難です。本を見ると高温には弱めと書いていることもありますが、半日陰で乾かしておくと、ほとんど傷まずに夏越しします。気温の低い時期は良く日に当てると紅葉します。全体が色づくと言うより、葉の縁がキレイに赤く色づくものが多いです。
Crassula 星乙女
星乙女

寒さや肥料について
耐寒性に関してはよくわかりませんが、0℃程度になるベランダでも特に傷んだところはないので、霜や寒風に気をつければ室内に取り込む必要はないと思われます。肥料は全くやっていませんが、特に生長に支障を来しているとか、育ちが悪いと言うことはないです。

燃えるクラッスラ

多肉植物は姿のおもしろさに目が行きがちですが、紅葉など季節の変化を楽しく感じられることころも醍醐味だと思います。
クラッスラの紅葉はどれも美しいです。バツグンの丈夫さと鮮やかさなら「火祭り」、これ以上にないくらい赤くなると言うなら「赤鬼城」、染まった色彩のかわいらしさなら「リンゴ火祭り」その他にもたくさんあります。

Crassula capitella ssp. thyrsifolia \'Flame\'(Campfire) 火祭り

火祭り(Crassula capitella ssp. thyrsifolia)

日当たりの良い低温環境下で締めて作った方(水やりを極力控える)がやはり色が良く出る気がします。日当たりのあまり良くないところに徒長(間延び)ぎみ火祭りがあるのですが、赤くは染まっているものの、色合いが鈍いというか鮮やかさがあまりなかったです。戸外に出していたものも、寒さが来たら紅葉が見たいので、雨の当たらないベランダに引っ込めます。

徒長ぎみの火祭り

徒長ぎみの火祭り

育てている環境や種によって、紅葉の色彩や染まり方は違います。これも個性でしょう。

Crassula fusca2 (赤鬼城)

赤鬼城(Crassula fusca)

アイボリーパゴダを育てる

P1090010
アイボリーパゴダは多肉植物の一種で、クラッスラ(属)の仲間です。小さなベロのような葉っぱが行儀よく折り重なるようにつきます。生長は比較的ゆっくりでさほど上には大きくならず、地際や茎の途中からからぽこぽこと子株を吹きます。
葉っぱの表面はもけもけした短毛で覆われており、全体的に白っぽく見えます。吹いたばかりの子株や草丈がまだ伸びていない株の姿は、結球しかけたキャベツのようにも見えます。
色々とよくわからないですが、わからないなりにアイボリーパゴダに関する雑感を述べていきたいと思います。

交配種だけどよくわからない
神刀(C. falcata)と紀の川(C. ‘Moon Glow’)を掛け合わせた園芸品種とされていますが、海外サイトでは神刀と玉椿(C. barklyi)の交配とされていることもあり、詳細はよくわかりません。

生育時期がよくわからない
このてのタイプのクラッスラの中では、比較的高温多湿に強いです。呂千絵やキムナッキーが傷む環境下でも傷まずに夏を越すことも多いです。梅雨明けから秋にかけてよく生長していますが、冬もわずかずつ生長しているようにも感じます。夏型とか冬型とか線引きしにくいです。

栽培がよくわからない
よくわからないので、暑さや寒さが極端な時期はほぼ断水、春や秋も乾かし気味、要するに1年を通して締めています。葉っぱの張りがなくなり、触ってふにゃっとした感じになっても大丈夫です。
寒さには強いようで、-2℃程度のベランダで問題なく育っています。ただ、寒風とかは避けた方がよいと思います。
クラッスラ アイボリーパゴダ
クラッスラによくある現象ですが、葉っぱにさび褐色の斑点のようなものができることがあります。ほおって置いても広がることなく、新たに出てくる葉は問題ないので大丈夫なのでしょう。一年を通して半日陰でも徒長していないので、それくらいがちょうどよいように感じます。