残暑の岡山後楽園

残暑の岡山後楽園

こんなところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA細かく説明するまでもない、日本の名園BIG3のひとつ。超有名な大名庭園です。入り口で貰ったパンフレット見てはじめて知ったのですが、こちらの庭園は川の中州にどーんとあるんですね。入園料は400円、JR岡山駅から歩いても20~30分くらいで到着します。

園内散策

OLYMPUS DIGITAL CAMERA正門からいざ入場。関係ありませんが、後ろには県立博物館がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAとにかく第一印象は「シバそしてシバ」です。大きな池もあるのですが、とにかくシバのグリーンに圧倒されます。説明によると芝の種類は日本芝のノシバです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAちっちゃくて少し見にくいですが、妙に気に入った石灯籠。家にもこんなのほしいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA巨大な石、細かく分割して運んできて、ここで組み立て直したんだとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA築山は上れるようになっています。上からの眺望。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAジュラシックな感じに茂ったソテツ畑。しかしたくさん植わっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA遠くにある山が借景となって庭園と一体化しているように見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAタンチョウヅルがいました。

さいごに

まず、大量のシバが印象に残ります。そのせいなのか、堅苦しさや重厚さがなくむしろ牧歌的な雰囲気すらあります。あと、この広さの芝生を維持するのは大変だろうなあと感じました。

10 9月, 2013リンクURL

半田山植物園 2013 秋

半田山植物園 2013 秋

こんなところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA岡山の市街地から北に少し離れた、のどかな場所にある植物園です。丘陵地の南向き斜面に作られており、展望台からは岡山市街のパノラマを堪能できる眺めの良さが特長です。全体的な構成としては、手前半分(南側)は芝生や花壇などが整備されており、奥半分(北側)はモミジ、ウメ、サザンカ、ツバキなど樹木が多く植えられています。
今回は、入り口から展望台まで登って温室を経由して、スタート地点に下っていくコースをとります。

園内を登っていく

入り口がちょうど丘陵のふともになるので、園内の散策はまず登りからはじまります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA正面ゲートをくぐると、開放的なエントランス。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA舗装されたスロープを歩いて、園内をぐるっと一周できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA園内を走るスロープや木道をつなぐような階段も要所要所に設けられており、縦横無尽にショートカットも可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA園全体が斜面といっても、ちゃんとこのように芝生広場もあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA展望台からみる岡山市街。

ページ: 1 2 3 4 5
10 9月, 2013リンクURL

夏の六義園

夏の六義園

はじめに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA国の名勝に指定されている大名庭園です。真ん中に池があってぽっかり築山があってという俗に言われる「回遊式築山泉水」の庭園です。全国的にも名の知れた庭園なので、やはり一度は訪れるべきだろうと行ってきました。

こんなところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA8月末の訪問でしたが、ミンミンゼミがやかましいくらい鳴いていました。関西の公園ってクマゼミやアブラゼミが多いので、そのミンミンサウンドに囲まれただけで、関西とは違う場所だなと感じました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA年月を経たであろう大木が所々にありますが、名前がわからない。メジャーな樹種のハズなのに、専門分野が少しずれるだけで駄目だなあと反省しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA築山に続く「田鶴橋」、非常に雰囲気があります。通行できないので、見るだけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA池の見える周辺はばーっと広がっていて開放感があります。きっちり手入れして人の手が入っているのに、自然の山野にいるような気持ちにさせてくれたりします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA池に沿うように一周すると整然とした庭園を堪能できますし、外周をぐるっと回ると自然の多い山野を歩いているような雰囲気になります。余裕があるなら内周、外周するとその雰囲気の違いが楽しいと思います。
ここには写っていませんが、カラスが多かったです。マツの葉っぱとかを引っこ抜いてました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA外周をぐるっと歩いて40分くらいでしょうか、ちょうどよい感じの広さです。休憩所兼売店もあり、所々に腰を下ろせるベンチもあります。トイレは3~4カ所点在していたと思います。

さいごに

広すぎずに起伏もあまりなく、楽しく散策できる庭園です。紅葉の時期などもかなり雰囲気が合ってよいのではないかと思います。
都営三田線「千石駅」からほぼ直進で10分くらいです。地図を見ると「駒込駅」のほうが若干距離が近いようです。関係ないですが、庭園の近くには日本医師会やフレーベル館がありました。

31 8月, 2013リンクURL

くらしの植物苑 「伝統の朝顔」展


こんなところ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA佐倉にある植物の施設で、国立歴史民俗博物館(歴博)の別館のような施設です。小高い丘のようになっている歴博の敷地の端のほうにあります。朝顔展が行われていたので、それを見にやってきました。植物「園」じゃなく、植物「苑」です。「食べる」「直す」「染める」などいろんな場面で、人々の生活を支えてきた植物が植栽されており、民俗学的な色彩が強いです。それはそれで違った視点から植物を見ることができてよいと思います。こぢんまりとして落ち着いたところです。入苑料100円、がっつり植物を堪能するというより、しみじみと味わうと言った雰囲気がぴったりです。
京成佐倉からぶらぶら歩いて丘をひとつ越える感覚で歴博を横目に通り過ぎ、およそ20分で到着。要所要所に案内板があって、迷うことはありませんでした。帰りはJR佐倉まで歩いたのですが、少し距離がある感じです。距離的にも、道程の雰囲気的にも京成佐倉から行くのがおすすめです。

「伝統の朝顔」展

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこれが見てみたくてこの植物苑にやってきました。毎年催されている企画のひとつのようです。パンフレットやパネル展示で変化朝顔などがわかりやすく説明されていたり、非常に多くの変化朝顔が展示されていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA整然と並ぶ数々の変化朝顔。出物と正木の系統に分けて、別々のハウスに展示されていました。あまり見られないモノが多くあり、「アサガオってこんなにキレイだったのか」と今更ながら感心しました。期間が7月の末から9月の頭と非常に長いのに、展示されている株は元気に育っているものばかりで、スタッフの方の多大なる努力と苦労が忍ばれます。大変なんだろうなあ。

美しい変化朝顔

変化アサガオの品種名は、葉っぱや花の特徴的な形状を表す単語を決まった文法(順番)で羅列して表記するのですが、やたら長いです。一鉢一鉢丁寧に品種名の書かれたカードが付けられていました。

「青打込弱渦柳葉青采咲牡丹(あおうちこみじゃっかやなぎば・あおさいざきぼたん)」
青打込弱渦柳葉青采咲牡丹(あおうちこみじゃっかやなぎば・あおさいざきぼたん)

糸のように細い繊細な花。朝顔とは思えないような花姿です。

青打込弱渦葉青丸咲牡丹(あおうちこみじゃっかば・あおまるざきぼたん)
青打込弱渦葉青丸咲牡丹(あおうちこみじゃっかば・あおまるざきぼたん)

花弁たっぷりでボリュームのある花。花だけでなく、葉っぱも非常にバラエティーに富んでおり興味深いです。

さいごに

OLYMPUS DIGITAL CAMERAヨルガオやソライロアサガオなどその他のヒルガオ属の植物もおっきな鉢でダイナミックあんどん仕立て?にされており、印象に残りました。こういう所もおさえてる、と言うのがいい感じです。つるに刺のような突起が生えているハリアサガオがおもしろかったです。
なにげに博物館発行のアサガオに関する書籍とか、グッズとかも販売されていました。おもしろそうだったので数冊購入しました。非常によくまとめられた、おもしろくてわかりやすい企画展でした。他の季節にも企画展をされているみたいなので、機会があればまた言ってみたいと思いました。

30 8月, 2013リンクURL

熱帯環境植物館に行ってきました


OLYMPUS DIGITAL CAMERA正しくは板橋区立熱帯環境植物館、高島平駅から徒歩5分くらいの場所にあります。閑静な場所にあまり目立たずに(自分にはそう見えます)ある施設ですが、どうしてなかなかな温室植物園です。

地下のミニ水族館からはじまる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA入場するとまず地下に降ります。この施設は地下からスタートして階段やゆるりとしたスロープをのぼっていく順路をとります。地下は暗い照明で水槽が並んだミニ水族館になっています。なぜかしょっぱなにはクラゲがいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA魚は全くわかりませんが、東南アジアを中心とした海水、汽水、淡水の魚が飼育されているそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAミニといいますが、充実していると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA左手に見えるは潮間帯植生の大きな水槽、アロワナなどゆったりとした魚が悠然と泳いでいました。ここを通って階段を上るといよいよ植物ゾーンです。
2ページ目へつづく

ページ: 1 2 3 4 5
14 3月, 2013リンクURL

大船植物園に行ってきました 温室編


OLYMPUS DIGITAL CAMERA植物園の醍醐味の一つといえば、温室です。あまり見ないような熱帯花木や美しくも珍奇な花々があり、一年を通して楽しめるところは、園内とはまた違った面から植物の魅力を伝えてくれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエントランス、左から入って時計回りにぐるっと回って左から出てくる順路になっています。温室全体はドーナツ型になっている模様。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA温室内に入らず、まっすぐ突っ切るとオーストラリア系の植物が植わった中庭があります。
2ページ目へつづく

ページ: 1 2 3 4 5
11 3月, 2013リンクURL

大船植物園に行ってきました 園内編


OLYMPUS DIGITAL CAMERA神奈川県立フラワーセンター大船植物園、要するに大船植物園。何度か訪れたことはあるのですが、今回ゆっくりと散策することができました。以前訪問したときは、コンパクトだけど内容は濃いという印象でした。さあ、入場です。どんな植物が迎えてくれるのでしょうか。あ、入場料は350円でした、リーズナブルです。

入場口周辺

OLYMPUS DIGITAL CAMERA入場したすぐの広場にある妙に印象に残った石のアーチ。「かたぐるま」というモニュメントなのだそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA振り返ると、そこにあるのは花時計。ビオラが色ごとに分けて植えられています。満開になるともっときれいでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA即売所には花苗などが沢山並んでいました。遠出で買って帰ることはできないので、なるべく見ないようにしました。ほかにも花木とか鉢花があったかもしれません。鉢花のデンドロビウムもちらりとあったような、ミテナイミテナイ。季節柄、パンジーとか春の草花が多かったみたいです。
2ページ目へつづく

ページ: 1 2 3 4 5
10 3月, 2013リンクURL

夢の島熱帯植物館に行ってきました 2013


OLYMPUS DIGITAL CAMERAJR京葉線もしくはメトロ有楽町線「新木場駅」から徒歩10分くらい、夢の島公園の中にあります。温室植物園で、3つのドームが一つにくっついた形をしています。入場料は大人250円です。

滝が流れるAドーム

OLYMPUS DIGITAL CAMERAA.B.C3つのドームに分かれており、それぞれにテーマがあるようです。分かれているといっても、温室内は隔壁などで区切られている訳ではないので、感覚としては一つの大きな温室です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAエントランスを抜けて、Aドームから温室内に入ります。入ると目の前に滝が流れています。むせるような熱気、ということはなく適温です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA滝の裏が通路になっているので抜けて行きます。この辺りの通路は滝の飛沫でびちゃびちゃです。これはこれで、植物がよく育ちそうな環境です。

ページ: 1 2 3 4
23 2月, 2013リンクURL

渋谷区植物ふれあいセンターに行ってきました 2013


駅から少し離れるともう閑静な場所だった

以前から気になっていた「渋谷区植物ふれあいセンター」に行ってきました。渋谷駅から渋谷警察署の前を通って明治通りを広尾方面にぶらぶら。交番のあるところで道を渡って橋を越すとぐっと閑静な場所に。そんなところにひっそりとありました。迷わなければ駅から10分くらいです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA事務所のような建物に大きなガラスの温室がくっついたような外観です。最初見逃しそうになりました。中に入ると受付があり、そこで100円を払って温室に入場です。

1F温室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA熱帯系の植物などが所狭しと植えられています。コンパクトでキレイにまとまっていてしっくりきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA入ったところによくできたラフレシアのモデルがありました。本物の植物に紛れているので一瞬「!?」となりました。関係ないですが、ラフレシアのモデルは色々な植物園で見ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA手前の金鯱のようなサボテンはアクリルかガラスの筒の上に乗っかっています。水栽培でしょうか。奥の細長いテラコッタ鉢に植わっているのは奇想天外です。両端が左右にひもでひっぱられていてびよーんとなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA2Fに昇ってみます。

ページ: 1 2 3
22 2月, 2013リンクURL

小石川植物園に行ってきました 園内編 2013


小石川植物園に行ってきました。訪問日は2013/2/20、穏やかな晴れ日和で気持ちがよかったです。
興味のある方は「温室編2013」もあわせてご覧ください。ページ数が多いですが、最後までおつきあいいただければ幸いです。

正門から公開温室

OLYMPUS DIGITAL CAMERA正門から入って緩やかな坂を上ります。本館まで関係者の車が乗り入れるのか、かなり広くなってます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA本館。研究とか事務とか、そんな施設なんでしょうか。中に入れるのかどうかは確認しませんでした。外から見ただけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA立派なチャボトウジュロ(だったと思います)の木がありました。幹の雰囲気がなんとなく古代というかジュラシック。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA温室前にあるイロハモミジの並木です。秋の紅葉はきれいなことでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA公開温室です。現在は一部しか公開されていません。温室内について詳しくは別記事をご覧ください。

ページ: 1 2 3 4 5 6
21 2月, 2013リンクURL