ほとんど白い宝草錦

P1090704

宝草錦(左)と宝草(右)
ハオルチア・宝草錦。白とグリーンのコントラストが美しい、斑入りの多肉植物です。葉先は一応窓になっています。あまりくっきりとはしていませんが、じっくり見ると網目模様で美しいです。以前は緑色のスジがちりばめられて、美しい模様を作っていたのですが、生長していく内に全部白くなってしまいました。日当たりや気温が影響するのか、もともと斑が安定しない性質なのか…。

こんなに白いと生長遅いんじゃないかと思ってしまうのですが、ふつうの宝草と比べても遜色ない生長スピードです。斑入りであろうがなかろうが、宝草の系統は強健なのかもしれません。

自分でも傷まずに育てられているので、軟葉系ハオルチアの中でも、丈夫な部類に入るのだと思います。夏の直射日光を避けるくらいで、とりたてて気をつかったことはしていません。

似ているルペストリスと、愛星と

P1090690

左:ルペストリス 右:愛星

ふっくらと丸みのある三角形の葉姿と、対生十字の葉並びがかわいらしいクラッスラ・ルペストリスとその変種、愛星。どちらも似ていますが、並べると違いはわかりやすいです。
P1090683
ルペストリス(Crassula rupestri)

葉っぱの大きさはそんなに違わないのですが、愛星のほうが厚くて全体的に丸みがあります。ルペストリスはやや厚みが薄くて、先端が尖り気味です。愛星は低温時にくっきりと紅葉します。紅葉時に両者を間違えることはないと思います。ルペストリスのほうは紅葉が目立ちません。と言うか、両者を並べて置いているのですが当方のはまったく紅葉しません。ルペストリスは緑の縁取りがくっきりと入るので、その点でも見分けは付きやすいと思います。紅葉していないときの愛星はふちがややぼやけた感じで黄色くなります。
P1090487
愛星(Crassula rupestri f.)

生長スピードは愛星のほうがゆっくりな気がします。夏は休眠しているので、基本的に水は切っています。性質に大きな差はないと感じますが、高温時に愛星だけ少し傷んで葉が落ちました。両者とも、このタイプのクラッスラにしては両方とも比較的枝分かれします。

[note]クラッスラ・愛星に関しては
アイボシの育て方|ヤサシイエンゲイ [/note]

輝く星のクラッスラ

南十字星

南十字星(Crassula perforata var. variegate)

楽しみ方
対生十字で上に伸びるタイプのクラッスラ。真上から見た形が星っぽいからか、園芸名にも星が入っているものがいくつかあります。「南十字星」「星の王子」「星乙女」など…。上には伸びるのですが、あまり枝分かれはしないので、1本だけではひょろっとした感じです。鉢に仕立てるなら数本まとめて植えた方が良いでしょう。さし木でよく付きます。株元も寂しいので、這うタイプのセダムなんかをいっしょに植えると良いかもしれません。
Crassula conjuncta(星の王子)
星の王子(Crassula conjuncta)

栽培雑感
秋から春にかけて良く生長し、高温時期は基本的に休眠しています。雨に当てると傷みやすいので、1年を通してベランダが無難です。本を見ると高温には弱めと書いていることもありますが、半日陰で乾かしておくと、ほとんど傷まずに夏越しします。気温の低い時期は良く日に当てると紅葉します。全体が色づくと言うより、葉の縁がキレイに赤く色づくものが多いです。
Crassula 星乙女
星乙女

寒さや肥料について
耐寒性に関してはよくわかりませんが、0℃程度になるベランダでも特に傷んだところはないので、霜や寒風に気をつければ室内に取り込む必要はないと思われます。肥料は全くやっていませんが、特に生長に支障を来しているとか、育ちが悪いと言うことはないです。

燃えるクラッスラ

多肉植物は姿のおもしろさに目が行きがちですが、紅葉など季節の変化を楽しく感じられることころも醍醐味だと思います。
クラッスラの紅葉はどれも美しいです。バツグンの丈夫さと鮮やかさなら「火祭り」、これ以上にないくらい赤くなると言うなら「赤鬼城」、染まった色彩のかわいらしさなら「リンゴ火祭り」その他にもたくさんあります。

Crassula capitella ssp. thyrsifolia \'Flame\'(Campfire) 火祭り

火祭り(Crassula capitella ssp. thyrsifolia)

日当たりの良い低温環境下で締めて作った方(水やりを極力控える)がやはり色が良く出る気がします。日当たりのあまり良くないところに徒長(間延び)ぎみ火祭りがあるのですが、赤くは染まっているものの、色合いが鈍いというか鮮やかさがあまりなかったです。戸外に出していたものも、寒さが来たら紅葉が見たいので、雨の当たらないベランダに引っ込めます。

徒長ぎみの火祭り

徒長ぎみの火祭り

育てている環境や種によって、紅葉の色彩や染まり方は違います。これも個性でしょう。

Crassula fusca2 (赤鬼城)

赤鬼城(Crassula fusca)

アエオニウム雑感

きっかけ

春~初秋まで休眠していて、うんともすんとも言わなかったアエオニウム。過ごしやすくなってくる中秋あたりから、ゆっくりと生長しはじめました。アエオニウムについては、キーワード的に「黒法師」「茎が伸びるエケベリアみたい」みたいなイメージしかありませんでした。しかし、『小人の祭り』のように言われなかったらアエオニウムとは思われないような種もあったりして、面白みを感じた次第です。

育てていて感じたこと

あまり寒さに強くないと思ったのですが、2℃程度のベランダでも特に傷まず生長しています。あと、多肉にしては案外水が好きな感じがします。あんまりよく考えず、生長していない、夏にもちょこちょこ水やっていたのですが、特に傷むことはなかったです。肥料をやるとなんとなく軟弱になりそうなので、与えていません。

夕映え(Aeonium decorum ‘Variega’)

アエオニウム 夕映え
アエオニウムらしいロゼット状の葉並び。クリーム色や赤に色づく新芽が非常にきれい。夏の休眠期は色があせて緑一色になります。茎の途中からよく芽を吹いて枝分かれします。

小人の祭り(Aeonium sedifolium)

P1090637
アエオニウムらしくない、セダムのような姿。つぶつぶ状の葉にはまばらにシミのような赤い斑点が入ります。葉っぱが粘着質でべたべたしており、ホコリや糸くずがくっついて汚れたようになってしまうのが難点。和風な感じの陶器鉢とか似合いそうなイメージです。

アイボリーパゴダを育てる

P1090010
アイボリーパゴダは多肉植物の一種で、クラッスラ(属)の仲間です。小さなベロのような葉っぱが行儀よく折り重なるようにつきます。生長は比較的ゆっくりでさほど上には大きくならず、地際や茎の途中からからぽこぽこと子株を吹きます。
葉っぱの表面はもけもけした短毛で覆われており、全体的に白っぽく見えます。吹いたばかりの子株や草丈がまだ伸びていない株の姿は、結球しかけたキャベツのようにも見えます。
色々とよくわからないですが、わからないなりにアイボリーパゴダに関する雑感を述べていきたいと思います。

交配種だけどよくわからない
神刀(C. falcata)と紀の川(C. ‘Moon Glow’)を掛け合わせた園芸品種とされていますが、海外サイトでは神刀と玉椿(C. barklyi)の交配とされていることもあり、詳細はよくわかりません。

生育時期がよくわからない
このてのタイプのクラッスラの中では、比較的高温多湿に強いです。呂千絵やキムナッキーが傷む環境下でも傷まずに夏を越すことも多いです。梅雨明けから秋にかけてよく生長していますが、冬もわずかずつ生長しているようにも感じます。夏型とか冬型とか線引きしにくいです。

栽培がよくわからない
よくわからないので、暑さや寒さが極端な時期はほぼ断水、春や秋も乾かし気味、要するに1年を通して締めています。葉っぱの張りがなくなり、触ってふにゃっとした感じになっても大丈夫です。
寒さには強いようで、-2℃程度のベランダで問題なく育っています。ただ、寒風とかは避けた方がよいと思います。
クラッスラ アイボリーパゴダ
クラッスラによくある現象ですが、葉っぱにさび褐色の斑点のようなものができることがあります。ほおって置いても広がることなく、新たに出てくる葉は問題ないので大丈夫なのでしょう。一年を通して半日陰でも徒長していないので、それくらいがちょうどよいように感じます。

ちょっとずつ作っていく多肉寄せ植え

小さい寄せ植えをいくつかつくって、それらが生長してきたら少し大きなところにまとめて植えて…と言うことを繰り返す寄せ植えを、ちょっとずつ作っていく寄せ植えと勝手に読んでおります。育てながらこつこつと作っていく、と言う栽培の過程を楽しみたい方には向いていると思います。

基本自分のやる寄せ植えはこのタイプです。茎が伸びてきたな-と思った多肉を適当に切り詰めます。そうすると、切った茎がもったいないです。それを小さな鉢に植えておきます。そんなのが複数できたら、違う鉢にまとめるといったスタンスです。楽しいので、切り取った芽で小さな多肉鉢をたくさん作っていたら、場所ふさぎとなったので、まとめるようになったのがそもそものきっかけです。

一度にたくさんの挿し穂や小苗を用意する必要がないところがいいところかもしれません。
P1070957摘心したときなどに出る茎をとりあえず土に挿しておきます。

P1080399色々な種類を摘心したときは、プチ寄せ植え状態にしておきます。左から乙女心、虹の玉、ドラゴンズブラッド(いずれもセダムです)。

P1080401大きさはこんな感じです。直径3cm程度の1号鉢です。鉢はホームセンターで多肉のプチ苗を買ったときに植わっていたプラ鉢です。乙女心、虹の玉、恋心、ドラゴンズブラッド、ヒスパニカム(以上、セダム)、銀揃(クラッスラ)、緑牡丹(エケベリア)など。

P1080659適当な容器が見つかったら、適当に寄せます。2つ上の画像のミニ鉢3つをまとめまたら、こんな感じになりました。ミニ鉢にさし芽して、植えるまで大体2週間程度です。種によって差はありますが、初夏から夏ころなら2週間から1ヶ月くらいで発根します。この間、水はやりません。

馴染んでくると、うまい具合にまとまりのよい見栄えになります。不幸にも一部が枯れてしまった場合やすき間ができたときは、別に用意しているミニ鉢をもってきて間を埋めます。その繰り返しで、ちょっとずつ見た目の変化が出てくるのもおもしろいです。

伸びるセンペルビウム

Sempervivum seedlings by実生のセンペルビウムが一株だけあります。2年ほど前にタネをまいたら、一株だけ残ったという強運の株です。寒さにも強く、暑さにも強いです。ロゼット状に広がった花のような姿や、チョコレート色に染まる葉などエケベリアとはまた違った楽しさがあります。エケベリアがふっくらとした姿なら、センペルはややシャープな感じがします。冬はこんな感じのロゼット状で、高さもあまりありません。
Sempervivum seedling by 2しかし、春に暖かくなってくると、葉っぱが長く伸びてきました。徒長か?水のやり過ぎか?
Sempervium seedling by 3と思ったのですが、中心近くの葉っぱが立ち上がり、かなり元気に伸びるので、こういう性質なんだと思っています。徒長すると、葉っぱが這いつくばるように寝てしまい、やる気のないべちゃっとした姿になります。昨年も確か春に葉っぱが立ち上がった気がします。こんなには伸びなかったと思いますが。そして秋には普通にロゼットになってました。
暖かい時期に一気に成長して株を一回り大きくして体力を付け、寒い時期は休眠して耐えるのかな、と想像してます。限られた生育期間で、一気に決着を付けてしまう、みたいな。
Sempelvium seedling by 4春は成長をはじめるとともにランナーを出して仔を吹きます。ランナーも鮮やかな赤色でキレイです。昨年は親株から2つの仔が吹きました。本年はその親株から新たに4つの仔が吹き、少し大きくなった仔株は2つずつ、計4つの仔を吹きました。合計すると本年は8つの仔が吹いたことになります。どこまで大きくなるんでしょうか?楽しみです。

セダム 乙女心と虹の玉

セダム 乙女心と虹の玉セダムは多肉植物の中でもオーソドックスなグループだと思います。葉の茂った感じがカラフルだったり、葉の形自体がかわいらしかったりと種類によってその姿はさまざまです。そんな中でも個人的に好きでおススメの「乙女心」と「虹の玉」というセダムを紹介したいと思います。

セダムについて

セダムは葉っぱがぷりぷりしてかわいらしいタイプと、わしゃわしゃ茂って地表や壁面を覆うようなタイプをよく見ます。前者を『ぷりセダム』、後者を『わしゃセダム』と自己の中で勝手に分類しております。で、このたびここで紹介する2種はどちらもぷりセダムです。ゼリービーンズのような葉っぱに見えない葉っぱを出しながら、上に伸びていきます。それでは、早速おススメの2種を見ていきましょう。

乙女心 -おとめごころ-

乙女心葉っぱの表面はうっすらと粉を吹いていて、全体的に淡い緑色に見えます。葉っぱの先端が赤く色づきますが、冬に紅葉するとさらに赤みが増します。なぜか葉ざしができないので、さし芽で増やします。

虹の玉 -にじのたま-

虹の玉乙女心と比べると葉は短め、全体につやつやした光沢があります。冬に紅葉すると真っ赤に色づきます。葉ざし、さし芽で増やすことができます。下のほうから葉がぽろぽろ落ちますが、落ちた葉っぱもほおって置くと鉢の中で根を出して子株を作ったりして、さらに賑やかになっていきます。

手入れなど

どちらも寒さに強く、冬は屋外でも大丈夫です。夏もあまり気にすることはありませんが、風通しのよい半日陰のほうが株が弱らなくていいかもしれません。肥料は与えなくてもよく育っています。よく増えるので、さし芽で子株を作っておくと、寄せ植えしたいときにとても重宝します。切り詰めずに長く伸ばして、大株にしてもかわいらしいです。空き缶に植えてみるとか、鉢ををいろいろ工夫して楽しいと思います。扱いやすい多肉植物で、それだけ楽しみ方の幅も広いです。どちらも園芸店やホームセンターなどで手に入りやすいので、見かけたらぜひ挑戦してみてください。
乙女心と虹の玉のさし芽乙女心と虹の玉の寄せ植え

適当寄せ植えの楽しさ

P1070477セダムの類はよく増えます。長く伸びた茎を引きちぎって土の上に置いておくだけで新しい株の出来上がりです。園芸店やホームセンターでもいろんな種類を揃えています。この、「増やしやすい」という性質もセダム類の楽しさだったりします。
5~6種類を用意し、元気に伸びているときにちぎっては投げ、ちぎっては挿しすると適当寄せ植えになります。ある程度なじんできたらそれなりに収まって見えます。
P1070470切戻したときの茎なんかをまとめて挿しておくだけで結構にぎやかです。たぶん乙女心と虹の玉だったと思います。もうすでに発根してますが、もっと成長して隙間なく育つと見栄えがします。
P1070472上に伸びるタイプと這って茂るタイプを一緒に植えると、メリハリと立体感が出ます。鉢はお好みの大きさでよいと思いますが、小さめの鉢にやや多めに植えたほうがきれいにまとまります。この鉢で直径6cmです。
P1070475多肉植物はさほど生長スピードが速くないので、小さな鉢でも長い間育てられます。這うタイプのセダムなんかは、伸びすぎたら指で適当にピンチして整えればよいでしょう。この鉢で挿してから1年くらい経っています。セダム以外の植物も植わってますが。
コツというわけではないですが、挿したあとは雨の当たらない場所で水をやらずに置いておくと、春や秋の気温のよい時期なら2週間くらいで根が出てくるので、それから水やりすればよいです。這うタイプのセダムは挿すと言うより、土の上に寝かせるいった感じで、そうすると節々から根が出てきます。