コチョウラン栽培の覚え書き

コチョウラン栽培の覚え書き

Phalaenopsis sp.品種不明 大輪系で丈夫。
コチョウランの花どきはよくわかりません。無加温で栽培している当方では、ちょうど梅雨頃に咲きます。花芽は11月頃に出てくるのですが、冬の間は伸長がすごく鈍いです。5月頃から急に伸び出して、ちょうど6月頃に開花する運びです。開花が遅いと、その分生長が遅れるので、あまり良くないでしょう。冬に18℃くらいに加温して花芽の生長を促してあげると3月~4月くらいには咲きます。
Phalaenopsis sp.品種不明、中輪形で花びらの大きさに対してリップが大きめ。
花の終わった直後から寒さがくるまでの間に、新しい葉っぱを伸ばして生長します。生長期には1~2枚の葉っぱを出します。一年間で出た葉っぱの数や大きさで、翌年の花の数が決まるようで、春も早めから生長をはじめた株はそれなりの数の花が咲きます。当方のような肥培もしないずさんな育て方で、しかも生長期が長くとれない場合は3~5輪程度しか咲きません。
Phalaenopsis ‘Pure Moon\'ピュア・ムーン レモンイエローの中輪種。
贈答用コチョウランのように、たくさん咲かせることは難しいですが、育ててちょっと花を楽しむ程度ならさほど手間はかかりません。新しい葉っぱが出てきたら、水をたっぷりと、ときどき肥料くらいです。屋外の直射日光が当たらない暗めの場所に吊しておくと調子がいいです。葉っぱは生長と貯水のために重要ですが、余りたくさん出るわけではないので、1枚1枚が非常に大切です。強い日射しで焼けてしまうと、てきめんに生育が悪くなります。葉っぱを傷めないことが一番のポイントです。

秋口のラン

秋口のラン

夏の終わりから、秋口にかけて庭で咲いているランの花です。明確に秋咲きというより、不定期咲きでちょうど今の時期に咲いてくれたといった感じです。

カトレア ミニパープル[C. Mini Purple]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA品種の詳しい説明はこちらの過去ログを参照にしてください。
新芽がある程度伸びたらバルブが完成する前に花を咲かせるタイプのミニカトレアです。1年に2回くらい咲きます。ある程度株が大きくなってきたからか、新芽が同時に数本伸びてきて、花も6輪くらい咲きました。支柱も誘引もせずにほおっておいたので花の向きがむちゃくちゃで、1枚に収まりません。一度びしっと誘引してキレイに仕立ててみたいもんです。今回、梅雨頃から雨のかからないベランダで水遣りを少しシビアにしたのですが、それとこの時期にたくさん咲いたのは何か理由があるのか偶然なのか。

カトレア リトザック ’リビング・ドール'[C. Litozac ‘Living Dool’]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA以前はソフロレリオカトレア属でしたが、カトレア類の分類の大幅見直しで現在はカトレア属に。不定期咲きのミニカトレア交配種で、前回は春に咲いたと思います。草丈はミニなのですが花がミディくらいで幅10cmくらいになります。庭に放置していたら葉焼けしつつ、きれいな花を咲かせてくれました。ごめんなさい。もともと花つきがよい品種のようで、つぼみができると途中でしけったりせずにいつも咲いてくれます。リトザックは’リビング・ファイアー’という真っ赤な花色の個体もよく知られています。

ドリテノプシス・パープル・ジェム'[Dtps. Purple Gem]

OLYMPUS DIGITAL CAMERAパープルジェムについてはこちらの過去ログを参照にしてください。
ちっちゃな花が舞い踊るようにたくさん咲くタイプのコチョウラン類です。開花期間と花もちがすごく長く、秋から冬まで咲き続きます。この個体はやたら花茎が長く伸びてバランスが悪いですが、花びらがややシャープな感じが素敵なのです。庭の木陰に吊るしておけば、特に手間もかからず咲いてくれる丈夫なラン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこちらもちょうど今咲いている、白花のパープルジェムです。冬にも咲いていて、今年2度目の開花です。

12 9月, 2013リンクURL

夏のファレノプシス・ベリーナ

夏のファレノプシス・ベリーナ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ファレノプシス、要するにコチョウランの仲間というと、ゴージャスな花を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、実にいろいろな系統があります。その中でも夏から秋咲きのファレノプシス・ベリーナ〔Phal. bellina〕はとっつきやすくて花つきのよい、お勧めのファレノプシス原種です。

とっつきやすいと思うポイント

・ある程度強い日射しでも葉焼けしにくい
・気温が高くて元気な時期につぼみを付けるので、低温や生育不良でつぼみが枯れることが少ない
・比較的低温にも耐える(経験では5℃~7℃程度)
・花の香りがよい(個体差や季節でちがいがあるかも)

こんなところが通常のコチョウランと違う

生育サイクルなどが通常のコチョウランと少し異なるので、その「違い」を見ていきましょう。
その1 花の咲く時期が違う
通常
冬の休眠期に花茎を伸ばして春に咲くものが多いです。
ベリーナ
春に気温が高くなってくると花茎を出して、夏のはじめから秋の終わりくらいまで開花します。

その2 花の咲き方が違う

つぼみを付けながら花茎をさらに伸ばしていきます。
つぼみを付けながら花茎をさらに伸ばしていきます。つぼみの右側に見えるのが花茎の芽先です。

通常
ややタイムラグがあるものの、同時期にたくさんの花が咲きます。花茎の先端のつぼみが咲ききれば、切り戻したりしない限り、それでその花茎の開花は終わりです。
ベリーナ
まず、花茎が少し伸びて1つのつぼみがつきます。そのつぼみがある程度大きくなると、更に花茎を少し伸ばして新たなつぼみをつけます。それの繰り返しで、つぼみをつけながらどんどん花茎を伸ばしていきます。一度に見られる花数は1輪~2輪程度です。枯れたら次のつぼみが咲く、と言った感覚に近いです。一株から複数の花茎を出すこともよくあります。1本の花茎で数年間花を咲かせ続けることもあります。また、秋に少しだけ出た花芽が咲かずに冬になって生長が止まり、春になって伸び始めることもあります。

その3 葉や根っこが違う
通常のコチョウランに比べて、葉の厚みが薄くて、光沢があります。根の太さはやや細めです。その反面、花びらにやや厚みがあります。水を貯蔵したり乾燥に耐える必要のあまりない、案外湿潤な環境に自生しているのかもしれません。

共通するところ

全体。葉の出方などは通常のコチョウランと変わらないです。
全体。葉の出方などは通常のコチョウランと変わらないです。

1枚の葉っぱが生長したら、次の葉を出すと言う成長の仕方は共通しています。全体的な株姿も同じようなものです。栽培も通常のコチョウランに準じるところはありますが、ベリーナのほうが性質は強めで育てやすいと思います。

栽培雑感

置き場所
うっかり葉焼けをさせたことがないので、日射しには比較的強いようです。冬以外は基本屋外の半日陰ですが、通常のファレノプシスよりも明るい場所 -真夏でも午前中少し日の入るところ- でよく育っています。その方が花付きがよいような気がします。風通しのよい場所に吊しておくと機嫌がいいです。冬は室内に置いてますが、5℃~7℃程度の室内でも特に枯れていません(生長は止まります)。
日常の管理など
用土はバークチップを使い、素焼き鉢に植えています。水やりは夏は毎日、春と秋は乾いていたらたっぷり、冬は2週間に1回くらいです。肥料は梅雨頃から2週間に1回くらい薄めの液肥を与えてます(秋まで)。あまりたくさん要りませんが、少し与えると元気のような気がします。
花芽や葉の一部がなにものかに食害されたことがあるので、春先にスプレー式の薬剤を1度だけ散布しています。ナメクジではないと思う。
注意点
花茎が緑で生きているうちは切らないようにします。寒くなると生長が止まりますが、季節が変わって暖かくなると伸びて花を付けることが多いからです。

その他

見た目がすごくそっくりな仲間に、ファレノプシス・ビオラケアがあります。ベリーナとビオラケアは今ひとつ違いがわかりません。これらの原種って個体差とか地域差が多そうなので、さらに混乱します。
香りがよいと書きましたが、同じ花でもほとんど香らないときもあれば、すごく香りが漂うときもあり、夜とか朝とか時間帯で差があるのかもしれません。

1 8月, 2013リンクURL

すきすきナゴラン


ナゴラン(名護蘭) Sedirea japonica

OLYMPUS DIGITAL CAMERAナゴランは単茎性の着生ランの中では一番好きな部類に入ります。でも、フウランも好きだし、エリデスとかバンダとかリンコスティリスも好きだしアジアばんざいですね。草姿はファレノプシスをちっこくしたような感じです。日本とか朝鮮半島のあったかいところ原産、野生蘭といったほうがしっくりきます。野生状態が見られるのかは別として。控えめで上品な花姿とその芳香が魅力です。

花の魅力

花の咲き方もファレノプシスそっくり、株元から花茎をみょーんと伸ばして3cmくらいの花が茎に沿っていくつか咲きます。花色は淡い緑でやや厚みがあります。リップやセパルに紫とか赤茶っぽい縦じまが模様が入ります。この模様をじっと見ていると自然が織り成すデザインの妙のようなものを感じます。初夏に咲いたり夏に咲いたり、年2回咲いたこともありました。そういう点では生育サイクルがやや不定期な感じがします。花姿も魅力なのですが、もうひとつの魅力は香りです。クセのない上品な香りで、胸がすっとします。昼間はぜんぜん香らないのですが、早朝に嗅ぐとすごく芳香を放っています。花持ちはよく、3週間くらいは咲いてます。

栽培

一度油断して、軽い葉焼けをさせてしまいました。それ以降は葉焼けが怖いので、庭の薄暗い場所に吊しています。基本はファレノプシスと同じですが、寒さにはだんぜん強いです。4月頃に室内から屋外に出しているのですが、特に株は傷んでないです。5℃程度あれば大丈夫な感じですが、大事をとって10℃ほどあったほうがいいかもしれません。肥料は1年に1回、新葉が中心から伸びてきていたら小粒の固形肥料を置き肥しています。
セッコクとかフウランに比べると少しむずがるかもしれませんが、葉焼けに気をつければ育てやすくて花は咲きやすい(個体差はあります)ランだと思います。ファレノプシスもそうなんですが、もともと少ない葉数でやりくりしてる分、葉焼けなどで傷めてしまうとその後の生長とか大変です。葉が命です。

1 6月, 2013リンクURL

Dtps. Perpul Gem パープル・ジェム

Dtps. Perpul Gem パープル・ジェム

OLYMPUS DIGITAL CAMERADtps. Perpul Gem(ドリテノプシス・パープルジェム)はコチョウランの一種で、花は幅3cmほどの小輪多花性です。ドリテノプシスはファレノプシス(コチョウラン)×ドリティスの人工属です。ミニコチョウランが広く普及していますが、花の大きさだけ見るとこれはミニというよりプチに近いかも。株自体はほかのコチョウランとあんまり変わらない大きさです。Phal. equestris(ファレノプシス・イクエストリス)×Dor. pulcherrima(ドリティス・プルケリマ)の原種同士の交配です。手持ち株の両親は基本種とは異なる個体(equestris ‘Alba’ × pulcherrima ‘Splash’)なので、正確にはパープルジェムじゃないかもしれないけど、どう見てもよくあるパープルジェムの花です。形はもとより色も。特に個体の持つ特徴は花に表れなかったようです。
なんといっても強健で花つきがとてもよいのが特徴です。不定期咲き、うちでは秋~春にかけての3シーズン花茎を何本か伸ばして咲き続けています。

ページ: 1 2 3
1 2月, 2013リンクURL