梅雨時もセッコク

セッコクは4月~5月が開花のピークですが、他の季節にも案外咲いてくれます。早いもので2月頃から、遅いものでは6月に入ってから開花します。1つの株で冬に咲いたと思ったら、初夏にもまた咲いてくれることもあります。

開花時期に差があるのは、早生や晩生など品種による差や、バルブが完成する時期にもよるでしょう。そんな品種をいくつか育てていると、間を空けずにいろんなセッコクが咲いてくれます。楽しくもあり、開花によってテンションが上がることもあり、やる気も続くというものです。梅雨時期にもしっかりと咲いてくれるセッコクですが、この時期は気温の高さもあり花持ちは若干悪いです。
Den. moniliforme Miyabi雅<みやび>
花びらの縁が紅色になる覆輪咲きのセッコクです。覆輪の出方が季節とかに関係なく安定しています。非常に愛らしい花です。
Den. moniliforme純白素心 覆輪葉
純白で模様や他の色が全く入らないすっきりした色彩の品種です。葉っぱは糸のような細い白色の縁取りが入ります。
Den. moniliforme Suiko翠紅<すいこう>
ピンクに近い紅色で形の整った花です。咲く季節や日射しの強さなどで、もうちょっと紅色の濃い花が咲くこともあるかもしれません。
Den. moniliforme iseセッコク イセ系
セッコクとキバナノセッコクの掛け合わさった品種を一般的にイセ系と言います。花姿や色が、通常のセッコクとはちょっと違い、そこが魅力です。言われてみれば両種を足して2で割った感じがします。何となくデンドロビウムとも言ってしまいたくなるふしぎな雰囲気があります。

デンドロビウム 原種に近い交配種 2

原種に近い交配種は、原種の雰囲気が残っているところがミソです。交配親である原種の特長を素直に表したその姿、見る人が見たらどのような原種が親となっているかがすぐさまわかるでしょう。やっぱり原種に近い姿なのですが、少し違うところが良いです。雑種強勢だとは一概に言えないですが、花付きや性質は丈夫なものが多いです。
Den. crystallinum × bensoniaeDen. crystallinum × bensoniae(クリスタナム × ベンソニアエ)
一見見ると、原種ワーディアナムに似た花姿です。これでバルブがボコボコと節くれだっていたら自分は間違えてしまうでしょう。しかしよく見ると、花びらの先のピンク色が淡めです。ワーディアナムは目鼻立ちがくっきりしてる美人さんです。一方、こちらの交配種はふんわりしたやわらかい雰囲気があるお姉さんといった感じです。花全体の雰囲気はクリスタリナム、目のような赤褐色の模様はベンソニアエから受け継いでいるのでしょう。リップに濃いブロッチが入るデンドロが好きなので、自分にはたまらなく素敵です。
Den. cretaceum × parishiiDen. cretaceum × parishii(クレタセウム × パリシー)
バルブが直立しにくい感じと、全体的な花色、バルブに行儀良く並んで咲く様がパリシーっぽいです。じゃあ、ほとんどパリシーじゃないかと言うことになりますが、リップの色とそこに入る網目状の模様が、しっかりとクレタセウムしています。
Den. parishii↑ちなみに、こちらがパリシーです。
パリシーは花びらの先がとがったシャープな感じがするので、全体的に丸みを感じるところは、クレタセウムの性質が出ているのかもしれません。リップに細かい切れ込みが入るのは、両親の影響だと思います。うーん、案外ありそうでよく考えたらない組み合わせかもしれません。丸っこいかんじのパリシーみたいなデンドロ。

いずれも開花株を最近に購入したものなので、性質などは把握してませんが、交配親の原種から考えると比較的丈夫でとっつきやすいのではないかと信じつつ、育てていきたいと思います。

デンドロビウム ブロンカルティ Den. bronckartii

Den. brockartii
ブロンカルティはカリスタ系デンドロビウムの原種です。どちらかというと、アマビレ(Den. amabile)の名前でよく知られているかもしれませんが、最初についていたラベルにブロンカルティと書かれていたので、そちらを尊重します。

バルブの上方から花芽を出して、垂れ下がるように数十輪の花を咲かせます。株姿や花の咲き方は、まさにカリスタ系といった感じです。花の大きさは幅3cmほどと小ぶりですが、一度にたくさん咲くのでゴージャス?です。花色はピンクで、リップに黄色い目が入ります。ファーメリー(Den. farmerii)の花色を濃くしたような感じです。株が大きくなると複数のバルブから同時に花が咲く上に、充実したバルブにはたくさんの花が付きます。’ベニボタン’をはじめ、個体名のついたものをらん展の展示などでちらほら見ます。

当方が育てているものにも’Pink Lady’の個体名がついていますが、個体の特徴など詳細はよくわからないです。花命は短くキレイな状態で見られるのは10日ほどです。
Den. brockartii2
そういう個体なのか、まだ株がさほど大きくないからか、あまり花茎が伸びず、花穂は下垂すると言うより横から斜め下に向かって伸びている感じです。花芽は2本つきましたが、同時には咲いてくれませんでした。もう一本の花芽はもう少し時間がかかるでしょう。

無加温で育てて、初夏くらいに花が咲きます。冬でもある程度の温度(5月くらいの気温?)をキープできると、春先くらいに花が咲くのかもしれません。耐寒性はわかりませんが、10℃程度の場所で特に傷みもなく冬を越します。同じ系統のアグレガタム(Den. aggregatum)やクリソトキサム(Den. chrysotoxum)はもう少し低温でも元気なので、ブロンカルティも案外もう少し低温でも大丈夫かも、怖いからやりませんが。

気温の高い時期はたっぷり水をやりますが、冬は基本的に断水します。やるとしたら、霧吹きで葉っぱを少し湿らす程度です。冬の低温と断水により花芽を作るスイッチが入るとされます。花付きがよく、デンドロ原種のなかでも比較的とっつきやすいのではないかと思います。デンシフローラムとかアグレガタムと相性がよい方は、まず間違いないんじゃないでしょうか。

セッコクの兜咲き

P1070840

はじめに

セッコクも品種により、色々な花姿があります。あんまり知りませんが、それぞれに特長があり、そして魅力的です。このたび紹介したいのは、そんな中でも「兜咲き」と呼ばれるセッコクです。なんというか表現しづらいので画像を見てください、こんな咲き方をするのが兜咲きです。極端に花びらが短くて、花の付け根当たりがくっついて半開きというか、距の部分が太短いというか…定義は知りませんが、そんな姿です。株の大きさは普通のセッコクですが、花の大きさは粒状でかなり小さいです。
P1070837SDカードと比べるとこんな感じでの大きさです

品種

本来たくさんの品種がありますが、とりあえず2品種(というか、この2つしか育てていません)。
Den. moniliforme \'Zuikaku\'瑞鶴(ずいかく)
花色は白っぽく見えますが、クリーム色っぽいようなかんじの淡い黄色です。咲き始めから時間の経過とともに黄色みが強くなっているような気がします。
Dendrobium moniliforme \'Miyakohime\'都姫(みやこひめ)
主に花びらの縁あたりが紅色になります。花びらはかなり短くて、花全体が筒状に見えます。

おわりに

品種にもよるのでしょうが、往往にして花付きがよいです。性質も他のセッコクと変わらずに丈夫です。花は大きく開かないので、かなりちっちゃいですが、大株になると一度にたくさんの花が咲いて賑やかです。矢(バルブ)に小粒の花がポンポッと咲く姿は、他のセッコクとは違ったかわいらしさがあります。

Den.ノビルの変種 クックソニアナム

Dendrobium nobile var. cooksonianum 2Den. nobile var. cooksonianum 
デンドロビウム・ノビルは交配親として有名な原種ですが、今ひとつ人気がないように感じます。しかし、自分の中では一番好きなデンドロ原種の1つです。慣れれば真夏の直射日光でもぴんぴんしてますし、寒さにも強いです。手間もかからず花ももちろんキレイです。ただ、数輪ちょこちょこと咲くのですが、一斉にたくさんの花を咲かせることは、栽培に慣れていないとむずかしい気がします。
Den.nobile var. cooksonianum4花の咲いている上の節から高芽
また、株の大きさも花付きに影響するでしょう。大株になっていくと花付きはよくなるのかもしれません。花芽が高芽に変わってしまう?こともよくあります。1つのバルブで花を咲かせつつ、上の方では高芽が生長しつつと言うこともあります。
Dendrobium nobile var. cooksonianumクックソニアナムの花
ノビルにはいくつもの変種が知られています。ここで紹介するクックソニアナムもそんな変種の1つです。生育旺盛で、高芽でガンガン増えるからか、単なるノビルよりも比較的栽培されているように感じます。その他にもノビルの変種は、純白花のバージナリスや大輪のサー F. W. ムーアなどが有名です。
Dendrobium nobile var. cooksonianum 3花びらに紫色の大きなブロッチが入ります
一番の特長は花びらの付け根当たりに紫色のブロッチが入ることです。リップにも同様のブロッチが入ります。花の開き方が少し不安定で、よじれたりすることもあります。基本的に大きく平開せず、花びらの先端が後ろに大きく反り返ります。
原種洋蘭図鑑によると、クックソニアナムは「花弁がすべて唇弁化した個体」と記載されています。となると、クックソニアナムは三蝶咲きのノビルと言うことになります。花びらの開き方が不安定なのはそのあたりにヒントがあるのかもしれません。また、花びらに厚みがあり、表面にフェルトのような毛が生えているところも、唇弁化の影響かもしれません。

楽しいデンドロビウム

ノビル系の交配種は古くから色々あります。バルブさえちゃんと育てれば、花が咲くことは多いですが売っているもののように、バルブの上から下までびっしりと咲かせる、と言ったことは自分にはむずかしいです。冬の初めに小さな花芽が確認できると、それはもうテンションが上がります。栽培が報われたといった感じに。花芽は秋にバルブがぱんぱんにふくらんだときと同じくらいうれしいものです。冬にじわじわと花芽がふくらんで、春になると一気に開花してくれます。
Den. Sweet Candyスィート・キャンディー 花付きが抜群によい品種です。バックバルブから複数の新芽が出た場合、作落ちして花が少なくなるケースがあるのですが、この品種はほぼそれがないです。
Dendrobium Himezakura\'Fujicco\'ヒメザクラ ’フジッコ’ ほんのり桜色の花びらがかわいらしい品種です。今ひとつ伸び切らなかったバルブにまで花芽を付けるので、ちゃんと仕立てたら満開時すごい豪華になると思います。しかし、鉢花で出回っているものはもっとピンクが濃いのも見るので温度とか日照で色幅はあるのかもしれません。
Den. Second Love \'Tokimeki\'セカンドラブ ’トキメキ’ バルブが完成して花芽が上がってきている株を手にしたので、どの程度強いのかはよくわかりません。ただ、前年バルブと比較してかなり細くいリードバルブにしっかり花が咲いたので、花付きはよいようです。昔からよく聞く品種で、花のかわいらしさからそれも納得できます。
Dendrobium  Sigiriya Ladyシギリヤ・レディー こちらも、昨秋にバルブの完成した株を手に入れたものです。リップに入る目がノビルを彷彿とさせます。かなりひょろっとした姿なのですが、本来の姿とは違う気がします。しっかり育てると、どのくらいの大きさになるのかが楽しみです。
Dendrobium unknown不明品種 栽培している中では古株で、花終わりの処分品を手に入れたものだったと思います。スプリングドリーム’アポロン’のラベルが付いていたのですが、当該品種は純白花のハズなので違う気がします。
Dendrobium Oriental Spirit ’Bizen Akebono\' オリエンタルスリピット’ビゼン・アケボノ’ バルブが細めの品種で、生育が旺盛な強健種です。花付きもよいです。単に「ビゼンアケボノ」の名前で出回っていることもあります。

おかしなサルカタム

デンドロビム・サルカタム(Dendrobium sulcatum)はデンドロビウムの中でもカリスタ節(section Callista)に分類される原種です。カリスタ節は花が房状にたくさん咲くものが多く、原種の中でも比較的よく知られるグループです。有名どころに、アグレガタム(Den. aggregatum)、クリソトキサム(Den. chrysotoxum)、デンシフローラム(Den. densiflorum)、ファーメリー(Den. farmeri)などがあります。花色は黄色系のものが多く、他に淡いピンクや白っぽいものも見られます。
お話をサルカタムに戻します。主な開花期は春で、扁平な形のバルブがユニークで特徴的です。花色は個体により色幅があり黄色~オレンジ色の花を1本の花茎に最大十数輪程度咲かせます。リップの奥が赤褐色になることが多いです。

P1070305

扁平なバルブが特徴。サルカタムにしてはややバルブが太いようにも見えるが…


当方で栽培しているサルカタムは、なぜかネットや本に載っているものと花姿が全く違います。どちらかというと近縁のシルシフローラムやデンシフローラム似た花姿です。
Dendrobium sulcatum

当方で開花したサルカタム。花姿がおかしい


シルシフローラムもデンシフローラムもこん棒状のバルブを出して、やや厚みのある葉っぱがバルブの上部にまとまって付きます。サルカタムはやや厚みの薄い幅のある葉っぱを付けるので、株姿は違います。雑種…なのかもしれません。だとしたらおもしろいなあと思います。


参考画像

Dendrobium thyrsiflorum

シルシフローラム


デンシフローラムの株姿

デンドロビウム 原種に近い交配種

デンドロビウムはやや渋めでマニアックな原種から、山野草のような趣があるセッコク、鉢花として気軽に楽しめる育てやすい交配種まで、育てる楽しみはよりどりみどりです。Den. moniliforme

Den. moniliforme(セッコク)の一種

交配種は色々なものがありますが往往にして花色もカラフルで、なんと言ってもとっつきやすいのが特長です。価格も比較的リーズナブルで、ホームセンターなどでも冬から春にかけて、わっと花の付いたものが多く出回ります。交配種はたくさんの原種が関わっていますが、現在見られる交配種の大元となった原種で一番有名なのは、Den.ノビルでしょう。特に小型で寒さに強くて丈夫な交配種にはDen. モニリフォルメ(いわゆるセッコク)が親となっているものが多いですし、黄色系ならDen.フレデリックシアナムなどが重要なのではないかと思います。

Dendrobium friedricksianum

Den. friedricksianum(フレデリックシアナム)


ややマニアックでありますが、その交配種を見てどんな種が親となっているのかを想像するのも非常に楽しかったりします。興味があればRHSのサイトで、登録されている交配種の系譜を調べることができます。そんな楽しいデンドロビウムの交配種、その中でも原種に近いプライマリー交配種を紹介します。

プライマリー交配とは

交配種は色々な種を何世代も交配して作出されているものが多いですが、原種同士の交配種もあります。というか、交配は原種同士の交配からはじまるので当然です。そして、原種同士の交配を「プライマリー交配」と言います。
現在見られる最新の交配種のようにボリュームや豪華さはないですが、原種の特長を残しつつ、少し違ったような素朴な美しさをもっています。変なところに言及すると、100年くらい前に作出された交配種なんかもあり、何となくロマンがあったりなかったりです。もちろん株自体はその当時のものではありませんが、些細なことです。

Den. Cassiope デンドロビウム・カシオープ(カシオペ)

Dendrobium Cassiopeカシオープはノビルとセッコクの交配種で1890年に登録されています。ノビルにもセッコクにも変種や個体が多いので、その組み合わせで花姿や性質の異なるカシオープがあります。この個体の花姿はかなりセッコクよりですが、かなりノビルに近い個体もあります。Den. Cassiope 2上の画像は京都植物園で見たモノですが、確かカシオープのラベルが付いていたと思います。ノビルだったかもしれません…、間違っていたらスイマセン。
性質はセッコクと同じくらい丈夫です。花は前年バルブにつくことが多いですが、本年バルブにも付きます。交配種の中では一番開花が早い部類で、12月頃から咲き始めます。新芽も早いときは2月頃から伸び始めます。株姿は両者の中間的な雰囲気で、バルブはノビルほども太くならずセッコクほども細くないです。’ミス・ビワコ’という美しい個体があるそうですが、自分は見たことがありません。

Den. Aoyama デンドロビウム・アオヤマ

Den. Aoyamaアオヤマはアダンカムとセッコクの交配種で1924年に登録されています。花のないときの姿は上記のカシオープに似ているか、ほとんど同じです。花色はピンクでリップの喉が少し黄色く色づきます。花色はアダンカムから、花姿はセッコクからとったような雰囲気です。やや花びらがふっくらしたかわいらしいセッコクにも見えます。カシオープ同様に育てやすいです。花付きはよい方だと思います。ネットで画像を検索すると、かなり異なる花姿のものが見られるので、個体の組み合わせが異なるものもあるのかもしれません。

セッコク×ピエラルディー交配種

Dendrobium moniriforme \'Syuyo\' × pierardiiセッコクの紅色品種と原種ピエラルディーの交配種です。ややうつむき気味に花を咲かせるのですが、下から見上げるとすごくキレイです。バルブは直立せず、斜上する傾向があるようです。花の咲いた状態で手に入れたのですが、来年は自分でしっかり咲かせたいと思います。

デンドロビウムの分類

Den. parishii
Den. parishii

デンドロビウム属はたくさんの種類があり、性質や形態のが激しく異なるものがたくさんあります。そこで、正確な分類が必要になってきます。ちゃんと理解できているかは自分自身で不明ですが、こんな感じかなと自分なりに解釈した「デンドロビウムの分類」に関する内容を記事にします。内容に関しましては、文末に記載しております「DENDROBIUM and its relatives」を参考にしました。洋書で自分の読解が謝っているかもしれないので、その点はお許しください。

古い分類から今の分類まで

デンドロビウムの分類を時代系列で追っていきましょう。まず、ルドルフ・シュレヒターによる4亜属41節の分類を見ていきます(1912)。
001
この分類は今でも広く認知されているのではないかと思います。デンドロビウム属を分類の根幹としています。
さらにF.G ブリーガーはその分類を大幅に見直し、属の上位分類であるデンドロビウム亜連(DENDROBIINAE)を6系列44属に分類しましたが(1981)、植物学者には受け入れられておらず、採用はされていないようです。

現在の分類

現在では、シュレヒター、ブリーガーの分類を合わせ、更に発展させたようなものもあります。「DENDROBIUM and its relatives(2000)」に掲載されている分類がそれです。この本ではデンドロビウム属を36節、さらに今までデンドロビウム属に分類されていた一部を格上げして12属にまとめています。更にその13属36節をデンドロビウム亜連でくくっています。階層ではなく、両方を混ぜてアルファベット順で一覧にしており、これはこれでわかりやすいので、一部抜粋して紹介します。ただ、この分類が広く認められているのかどうかはわかりません。あくまで解釈の1つとお考えください。
dendro
これを階層で簡単にまとめると以下のようになります。
dendro2

デンドロビウムの上位分類

今までの流れから考えると、上位分類の「亜連」更に上位の「連」から系統立てていかないと、すっきり分類できないのかもしれません。ちなみに、亜連より上位の分類は、以下のようになっています。
dra
単にデンドロビウムというと、デンドロビウム属の植物を指すのが一般的ですが、個人的には上位分類のデンドロビウム亜連に入れられている他の属も含めて、デンドロビウムと呼んだ方がいいのではないかと思います。
分類などに関しては↓以下の書籍が非常に詳しいので、機会があれば読んでいただきたいと思います。原種なども写真付きで網羅されているので、デンドロビウム好きには堪らないと思います。ただ、洋書(英語)です。

Dendrobium and Its Relatives

Dendrobium and Its Relatives
著者:Bill Lavarack
価格:3,522円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

季節はずれのデンドロ

ノビル系交配種は早春から春にかけて花が咲くのが一般的ですが、まれに季節はずれの梅雨時に少しだけ花を咲かせることがあります。

季節はずれに咲いたデンドロ

ヒメザクラ 'フジッコ'
ヒメザクラ ’フジッコ’

6月~7月ころの季節はずれ開花は大体花芽ひとつくらいで、開花すると2~3輪程度と株全体で見るとおまけみたいな開花ですが、特に変わらずきれいです。また、花芽がついてから開花するまでが1ヶ月~1ヵ月半と非常に早いのが特徴です。気温が高くて潤っていてデンドロにとってはよい季節なのでしょう。通常は10月~11月に花芽が出てきて、少しずつ大きくなって開花するのは2月~4月頃です。

なぜ季節外れに咲くんだろう

イエローソング 'キャンディー'
イエローソング ’キャンディー’

なぜ季節外れに少しだけ咲くんでしょうか。ちょっと考えてみました。
1本のバルブでも、上と下では成熟スピードが違います(見た目は変わらないです)。真ん中のあたりが一番早く成熟して、花芽もこのあたりが一番つきやすいです。それに比べて上や下は成熟スピードが遅れるので、上とか下が成熟しないまま冬を迎えてしまって、真ん中だけ花芽ができて春に開花、暖かくなって再び生長を始めて花芽のつかなかった箇所が成熟し、花芽を作るのではないかと思います。また、バルブが成熟してから一定の低温に当たらないといけない、といいますが、現在の交配種はいろいろな種が複雑に交配されていて、品種によっては低温が必須条件となっていないのかもしれません。生育期と休眠期もややあいまいですし(開花と新芽伸長が同時にすすんだりとか)。季節はずれ開花は、自分のところではバルブの先端のことが多いです。
寒さが来るまでにしっかりと作り込めたら、こんなことにならないのかなあ、とも思います。むずかしいです…。