輝く星のクラッスラ

南十字星

南十字星(Crassula perforata var. variegate)

楽しみ方
対生十字で上に伸びるタイプのクラッスラ。真上から見た形が星っぽいからか、園芸名にも星が入っているものがいくつかあります。「南十字星」「星の王子」「星乙女」など…。上には伸びるのですが、あまり枝分かれはしないので、1本だけではひょろっとした感じです。鉢に仕立てるなら数本まとめて植えた方が良いでしょう。さし木でよく付きます。株元も寂しいので、這うタイプのセダムなんかをいっしょに植えると良いかもしれません。
Crassula conjuncta(星の王子)
星の王子(Crassula conjuncta)

栽培雑感
秋から春にかけて良く生長し、高温時期は基本的に休眠しています。雨に当てると傷みやすいので、1年を通してベランダが無難です。本を見ると高温には弱めと書いていることもありますが、半日陰で乾かしておくと、ほとんど傷まずに夏越しします。気温の低い時期は良く日に当てると紅葉します。全体が色づくと言うより、葉の縁がキレイに赤く色づくものが多いです。
Crassula 星乙女
星乙女

寒さや肥料について
耐寒性に関してはよくわかりませんが、0℃程度になるベランダでも特に傷んだところはないので、霜や寒風に気をつければ室内に取り込む必要はないと思われます。肥料は全くやっていませんが、特に生長に支障を来しているとか、育ちが悪いと言うことはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です