燃えるクラッスラ

多肉植物は姿のおもしろさに目が行きがちですが、紅葉など季節の変化を楽しく感じられることころも醍醐味だと思います。
クラッスラの紅葉はどれも美しいです。バツグンの丈夫さと鮮やかさなら「火祭り」、これ以上にないくらい赤くなると言うなら「赤鬼城」、染まった色彩のかわいらしさなら「リンゴ火祭り」その他にもたくさんあります。

Crassula capitella ssp. thyrsifolia \'Flame\'(Campfire) 火祭り

火祭り(Crassula capitella ssp. thyrsifolia)

日当たりの良い低温環境下で締めて作った方(水やりを極力控える)がやはり色が良く出る気がします。日当たりのあまり良くないところに徒長(間延び)ぎみ火祭りがあるのですが、赤くは染まっているものの、色合いが鈍いというか鮮やかさがあまりなかったです。戸外に出していたものも、寒さが来たら紅葉が見たいので、雨の当たらないベランダに引っ込めます。

徒長ぎみの火祭り

徒長ぎみの火祭り

育てている環境や種によって、紅葉の色彩や染まり方は違います。これも個性でしょう。

Crassula fusca2 (赤鬼城)

赤鬼城(Crassula fusca)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です