変化アサガオをそだてる その5

変化アサガオをそだてる その5

基本データ

系統番号:448 青林風抱葉紅管弁獅子咲き
つるの性質:やや太め、巻き付く力はやや弱めに感じる

成長過程

448-1発芽後30日
くしゃくしゃした葉っぱで、全体的に波打っているような感じです。
448-3発芽後40日
つるが伸びてきました。つるの太さの割に葉っぱが大きくてすぐ横に寝てしまいます。支柱に巻き付く力も弱く、誘引の必要がありました。
448-5発芽後55日
つるがさらに伸びてきました。相変わらず自分から巻き付いていかないので、誘引しています。
448-7発芽後75日
つるはのびるのですが、著しく葉が黄変して脱落していきます。葉腋から新たに出てくる芽も、ある程度つるを伸ばしたら枯れこむ症状も続きました。つぼみも小さいうちにぽろぽろ落ちます。画像ではわからないのですが、枯れ始めているのか生長しているのかよくわからない状態でした。
448-開発芽後80日
花が咲いてくれました。不思議なことに初花以降はつぼみや葉が枯れる症状が少なくなり、元気に生長するようになりました。花もそれなりに咲き続けてくれました。

まとめ

成長過程で枯れてしまうんじゃないかと思うくらい葉やつる、つぼみが枯れこみました。完全に黄変する葉もあれば、葉の一部分だけが枯れるものもあったりと、枯れ方はランダムでかなり不安定でした。生理現象のようなものなのか、途中から何事もなかったように元気に生長してくれました。順調に育っていて、原因もわからず枯れこんでくるのは他の系統でも見られました。

おまけ

448-改-開同系統の別株の花です。筒状でほとんど開かず、雄しべと雌しべが花びらになっておりタネはできないようです。この株の成長過程はかなりひどく、葉の黄変や脱落、つるやつぼみの枯れがずっと続き、ほとんど葉のない状態になってしまいました。開花した花も結局2輪程度でした。芽を出して生長はするのですが、それ以上に枯れこむスピードが早いです。
P1080829分解すると、雄しべが弁化しているのがよくわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です