変化アサガオをそだてる その2

基本データ

系統番号:777 青水晶斑入常葉姫紅覆輪筒白丸咲(紅ちどり)
つるの性質:細めでやや硬い。巻き付く力は非常に強い。よく伸びる。

成長過程

777-1タネまき後30日
葉に白い斑が入っているのがわかります。全体的に小振りです。
777-3タネまき後40日
生長スピードはかなり速く、生育旺盛な感じがします。
777-5タネまき後55日
摘心後、つるが勢いよく伸びてきました。そろそろ支柱を立てなければいけません。
777-7タネまき後75日
支柱を立てると、勝手につるは巻いてくれます。そのあたりの性質はふつうのアサガオと変わりません。
777-開タネまき後80日
開花しました。花びらには白い縁取りができます。でも、あまり形質が安定しないのか、縁取りの入らないこともあるようです。紅色の花と、斑入りの葉のコントラストが美しいです。
777-開・弐花付きは抜群に良く、シーズン中次々と咲いて、目を楽しませてくれました。

まとめ

変化アサガオの中でも、一般に広く流通している系統です。この系統を栽培して感じたのは、抜群の安定性です。生育スピードや開花、形質が非常に安定しており、ある意味安心して育てられます。生育も旺盛で、ふつうのアサガオと扱いに何ら変わりはありません。比較的タネもよくできるので、ほぼ確実に毎年更新できそうです。
大きな変化はないようですが、全体的に小振りなところなど、ふつうのアサガオとの違いは十分堪能できます。変化アサガオの入門的な系統のひとつだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です