似ているルペストリスと、愛星と

似ているルペストリスと、愛星と

P1090690

左:ルペストリス 右:愛星

ふっくらと丸みのある三角形の葉姿と、対生十字の葉並びがかわいらしいクラッスラ・ルペストリスとその変種、愛星。どちらも似ていますが、並べると違いはわかりやすいです。
P1090683
ルペストリス(Crassula rupestri)

葉っぱの大きさはそんなに違わないのですが、愛星のほうが厚くて全体的に丸みがあります。ルペストリスはやや厚みが薄くて、先端が尖り気味です。愛星は低温時にくっきりと紅葉します。紅葉時に両者を間違えることはないと思います。ルペストリスのほうは紅葉が目立ちません。と言うか、両者を並べて置いているのですが当方のはまったく紅葉しません。ルペストリスは緑の縁取りがくっきりと入るので、その点でも見分けは付きやすいと思います。紅葉していないときの愛星はふちがややぼやけた感じで黄色くなります。
P1090487
愛星(Crassula rupestri f.)

生長スピードは愛星のほうがゆっくりな気がします。夏は休眠しているので、基本的に水は切っています。性質に大きな差はないと感じますが、高温時に愛星だけ少し傷んで葉が落ちました。両者とも、このタイプのクラッスラにしては両方とも比較的枝分かれします。

クラッスラ・愛星に関しては
アイボシの育て方|ヤサシイエンゲイ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です