ダンドボロギク

ダンドボロギク

基本データ

科名: キク科
学名: Erechtites hieraciifolius
見られる場所: 林縁 道端
草姿: 茎が立ち上がる 高さ 30cm~1.5m
見られる季節: 夏~秋

ダンドボロギクとは

北アメリカ原産、花後に枯れる一年草です。繁殖力は旺盛で、世界の温帯~熱帯に広く根付いています。日本では昭和の初期に発見されたのがはじめで、現在では広い範囲に帰化しています。日当たりの良い場所を好み、以前は山野の伐採地や雑木林、竹藪の縁などでよく見られましたが、現在では都市部の道端や公園などにも生えています。

見た目

膝下くらいの高さで開花している株もあれば、人の背丈を超すほどの大きさに成長している株も見られます。あらかた1m±50cmくらいに収まっているんじゃないかと思います。茎は多汁質で縦方向に何本も筋が入ります。自立しますが、何となくふにゃりとした柔らかなかんじがします。すらっと伸びた上の方で枝分かれします。

葉っぱは交互に付く互生で、先端の尖った長楕円形です。縁には不規則なギザギザが入り、大きく切れ込むものも見られます。長さ5cm~40cmと大小がはげしいです。上の方に付く葉っぱは茎を抱えるようにつきます。

主な開花期は夏~秋で、茎の頂点に根元が少しふくらんだ細長い花を付けます。花色は白や淡い黄緑色です。目立つ花びらはもたず、糸のように細い筒状花がまとまって、一輪の花となります。花の外側を囲むように付く総苞は細長く、縦方向に行儀良く並びます。花後には白い綿毛をもったタネができます。

花

綿毛

綿毛

名前の由来

愛知県の段戸山で発見され、ノボロギクなどに花姿が似ているのでこの名前があります。

間違いやすい植物

ベニバナボロギク

草姿や花が似ています。花色がオレンジ色っぽく、花が下向きにつくことが多いです。開花時期は花色で見間違うことはないでしょう。葉っぱが茎を抱え込まないのも特長です。

ベニバナボロギク

ベニバナボロギク

花

葉っぱ

葉っぱ

ノボロギク

葉っぱが羽状に切れ込むことと、花色が黄色いこと、総苞片の先端が黒い三角模様になるところなどから区別できます。

ノボロギク

ノボロギク

総苞の先端が黒い三角模様になるのが特長。比較的目立つ

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD