ヤブムラサキ

ヤブムラサキ

基本データ

科名: シソ(クマツヅラ)科
学名: Callicarpa mollis
見られる場所: 山野の林縁
草姿: 直立 樹高2m~3m
見られる季節: 花…初夏~梅雨 果実…秋から冬

ヤブムラサキとは

本州(岩手より南)、四国、九州に分布する、落葉低木です。日本以外では朝鮮半島にも分布が見られます。山野の林縁など、比較的日当たりの良い場所に自生します。秋に色づく光沢のある紫色の実が特長です。園芸で庭木として利用されている、ムラサキシキブやコムラサキの仲間です。ヤブムラサキは実付きがまばらで、やや野暮ったいからか、園芸で利用されることはさほどないように感じます。

見た目

星状毛(葉裏)

星状毛(葉裏)

株元から枝分かれして、樹高は2m~3mになります。枝やつぼみや葉、冬芽など至る所に灰白色の毛(星状毛)が密生するのがひとつの特長で、観察のポイントです。枝は斜め上に伸びます。

葉っぱは枝をはさんで左右同じ位置に付く対生で、先端の尖った縦長のタマゴ型です。長さは5cm~10cmほどで、縁にはくっきりとした細かなギザギザが付きます。裏面は毛が密生します。秋に実が色づく頃に黄色くなり、冬には落葉します。

花は初夏から梅雨頃に咲きます。葉の付け根から短い軸を出して、その先に2輪~10輪ほどの花がかたまって付きます。花色は紅紫色で、4つに裂けて開き、雄しべと雌しべが長く突き出します。がくには白い毛が密生します。

茶色く枯れたがくが目立つ

茶色く枯れたがくが目立つ

冬芽

冬芽

果実は径3mm~4mmで秋に光沢のある紫色に熟します。がくは果実の上部を包むように付き、果実が色づいたあとも茶色く枯れてくっついています。

冬芽(とうが)は小さな葉っぱがふたつ、手を合わせるように重なり合った姿です。表面を覆うものはなく、むき出し状の裸芽(らが)です。枝の先端に出来る頂芽、枝の中途から出る側芽ともに柄をもっており、星状毛に覆われています。冬芽は春になると葉を広げて枝を伸ばします。

名前の由来

ヤブに生えるムラサキシキブの仲間、という意味ではないでしょうか。

間違いやすい植物

ムラサキシキブ Callicarpa japonica

熟した実の色や樹形、葉姿など似ていますが、葉や枝はほとんど毛が生えないのでその点で区別できます。また、果実は一回り以上小さくがくは果実を包みません。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD