オオアレチノギク

オオアレチノギク

基本データ

科名: キク科
学名: Conyza sumatrensis
見られる場所: 道端 空き地 荒れ地 河川敷
草姿: 直立 草丈1m~2m
見られる季節: 夏~秋

オオアレチノギクとは

南アメリカ原産の二年草です。大航海時代に他の地域にも広がっていき、今や世界中に分布します。日本には大正時代に入ってきたとされます。道端や空き地、河川敷などで普通に見ることが出来ます。近い仲間のヒメムカシヨモギも同じような場所に、同じ季節に生えていて、見た目もそっくりなので間違いやすいです。

見た目

根出葉

根出葉

茎

茎は太くて直立し密に葉が付き、高さ1m~2mになります。茎には全体に柔らかい毛が生えています。

地際から出る葉(根出葉)はやや幅のある長だ円形で、縁は粗めのギザギザになります。茎に付く葉っぱは細長いだ円形で、下の方につくものは縁に浅いギザギザが入り、上に行くにつれてギザギザは弱くなります。葉は両面に柔らかい毛が生え、乾いているときは灰緑色に見えます。

花

花(頭花)

タネ(痩果)

タネ(痩果)

茎の上部から長さ5mmほどの小さな花をたくさん咲かせます。一輪に見える花は小さな花が集まったのもので、頭花と呼びます。花びら(舌状花)はあるのですが、非常に小さくてがく(総苞)に隠れていて目立ちません。

花後は綿毛をもったタネ(痩果)ができます。タネは長さ1mm~1.5mmで、風に乗って散っていきます。

名前の由来

大型のアレチノギクの意味でしょう。アレチノギクは50cm~60cmと、オオアレチノギクに比べると小さめです。アレチノギクも南米原産で、日本に根付いている植物ですが、オオアレチノギクに比べるとあまり見ません。

南米原産なのに、学名(種小名)は『スマトラ産の』という意味のスマトレンシスとなっています。これはインドネシアのスマトラで野生化していたものが、名付ける際の標本となったからです。

間違いやすい植物

ヒメムカシヨモギ

ヒメムカシヨモギの花(頭花)

ヒメムカシヨモギの花(頭花)

生育環境や開花期、草姿が非常に似ています。ヒメムカシヨモギはちいさいながら花びら(舌状花)が頭花を囲むように並ぶので、その点で区別できます。また茎に生える毛がまばらです。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD