セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ

基本データ

科名: キク科
学名: Solidago altissima
別名: セイタカアキノキリンソウ
見られる場所: 道端 空き地 荒れ地 河川敷
草姿: 直立 1m~2.5m
見られる季節:

セイタカアワダチソウとは

北アメリカ原産の、毎年生えてくる多年草です。日本には明治時代に観賞用として入ってきたのが最初とされます。第二次世界大戦後に全国に広がりはじめ、ベトナム戦争の頃に爆発的に増えたと言われています。現在では、日本全国の空き地や河川敷で普通に見られます。

同じ時期に咲く、近い仲間にアキノキリンソウがあります。

見た目

直立して、草丈は1m~2.5mになります。茎には短い毛が生えます。地中を横に走る地下茎があり、一株でも良く広がります。

葉っぱ

葉っぱ

葉っぱは先端の尖った細長い形で長さ10cm前後、互い違いに付く互生です。茎を囲むような感じで密につきます。縁には不規則な粗いギザギザがあります。表面には短い毛が生えておいて触るとざらざらします。

花穂

花穂

花後の姿

花後の姿

秋になると大きな花穂を出して、黄色い小花を多数咲かせます。多数の短い花穂が横向きに伸びる感じです。一輪に見える花はいくつもの花が集合した頭花です。筒状で先端が5つに裂けてくるりと反る筒状花が数コあり、その周りに小さな花びらの付いた舌状花がたくさん付きます。

花後はおびただしい数の綿毛のタネ(痩果)ができます。タネには綿毛が付いており、花穂全体がモフモフした感じになります。風が吹くとそれに乗ってわーっと散っていきます。

名前の由来

丈が高く、花が密生して泡立っているようなので、この名前があります。

間違いやすい植物

オオアワダチソウ

セイタカアワダチソウほど多くは分布しておらず、花の咲く時期は夏~秋の初めとかなり早めです。また葉にほとんど毛が生えないのも特長です。

その他

濡れ衣

たくさんの花が房状に付き、風にゆさゆさ揺れる様から憶測されたのか、一時花粉症の元凶と言われていました。その後、セイタカアワダチソウは昆虫によって花粉が運ばれる虫媒花で、花粉が風に舞うことは少ないことがわかり、濡れ衣だと判明しました。

ハチには重宝される

大型な上よく増えるので、人間にはあまり歓迎はされません。ただ、他の花が少なくなる秋遅くまで咲いているので、ミツバチには大切な蜜源として重宝されているようです。

アレロパシー

セイタカアワダチソウは根や葉から、他の植物の生長を妨げる物質を出していると言われています。それによって、生存競争が有利に働くのですが、その物質が増えすぎると、セイタカアワダチソウ本人も生長できなくなるそうです。このようにある物質を出して、周りの環境に影響を与えることをアレロパシー(他感作用)と言います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD