ヒメジョオン

ヒメジョオン

基本データ

科名: キク科
学名: Erigeron annus
別名: ヤナギバヒメギク
見られる場所: 道端 空き地 荒れ地
草姿: 直立 草丈30cm~1.5m
見られる季節: 初夏~秋

ヒメジョオンとは

漢字で書くと姫女苑、北アメリカ原産の1~2年草です。日本には江戸時代の末に観賞用として入ってきたのが、はじめとされます。当時はヤナギバヒメギク(柳葉姫菊)と呼ばれていました。現在では日本全国に分布します。空き地や道端をはじめ、色んな場所で見ることができます。

春の若葉や新芽は茹でるなどして、食用になるそうです。

見た目

草丈はまちまちで、30cmくらいで花を咲かせているものもあれば、人の背丈ほどに成長している株もあります。茎は太めで直立し、粗い毛が生えます。

地際から出る葉(根出葉)はタマゴ型で縁に粗いギザギザがあり、長い柄をもっています。根出葉は花の咲く頃には枯れてなくなっていることも多いです。茎に付く葉は先端の尖った、幅の狭いだ円形です。下の方に付く葉は縁のギザギザがはっきりしますが、上に行くにつれて少なくなり、頂部近くの葉はギザギザがなくなります。

ヒメジョオン 花

頭花

開花期は初夏~秋です。茎の頂点から花茎が細かく出て、多くの花を付けます。花は円形で、直径2cmほど、白~淡い紫色です。花びら(舌状花)は細長く、真ん中の黄色くて丸い部分(筒状花)の周りを囲むように行儀よく付きます。一輪の花に見えるものは小さな花の集合体で、厳密には頭花と言います。

花後は白い毛がまばらに生えたタネ(痩果)ができます。

名前の由来

諸説ありよくわかりません。一説にはハルジオンに似ていて、かわいらしい花を咲かせるところから付いたとされます。分類的には属が違い、さほど縁の近い植物ではありません。

間違いやすい植物

ハルジオン

ヒメジョオンとハルジオンは似たもの同士の一例としてよく挙げられます。見た目はすごく似ています。区別するポイントは、葉の付き方、つぼみの付き方、茎の断面の3つです。ハルジオンは葉の付け根が茎を包むように付き、つぼみは下向きにうなだれ、茎の断面は中空です。これらの組み合わせで判断するとよいでしょう。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD