ヒキオコシ

ヒキオコシ

基本データ

科名: シソ科
学名: Isodon japonicus (= Plectranthus japonicus)
見られる場所: 山野
草姿: 直立 草丈 約1m
見られる季節:

ヒキオコシとは

北海道~九州の山野で見られる、毎年花を咲かせる多年草です。林縁や木漏れ日の射す樹林下などに自生します。葉は薬草となり、非常に苦いそうです。

見た目

直立して、開花時には1mほどの高さに生長します。茎の断面は四角形で下向きの毛が密生します。

ヒキオコシ 葉

葉っぱ

葉は長さ10cm前後の先端が尖ったタマゴ型で、葉脈に沿って柔らかい毛が生えます。縁は丸みのあるギザギザになります。葉の軸にはヒレのようなもの(翼)が付いていており、幅が広くなっています。

花

秋になると、葉の付け根から花茎を長く伸ばして、白やごく淡紫の小さな花がまばらにたくさん咲きます。花の長さは5mmほどで、上向きの花びらは浅く3つに裂けて、紫色の斑点があります。雄しべや雌しべは花から突き出ます。萼の部分は細かい毛が密生しており、灰色がかった緑色に見えます。

名前の由来

薬として用いると、起死回生の効果があるということにちなみます。また、弘法大師が腹痛の旅人にこの草を煎じて飲ませたら、たちどころに治ったというというお話があります。別名のエンメイソウも同じ意味です。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD