アキノノゲシ

アキノノゲシ

基本データ

科名: キク科
学名: Lactuca indica
見られる場所: 道端 田んぼの畦や土手 荒れ地
草姿: 直立 草丈60cm~2m
見られる季節: 夏~秋

アキノノゲシとは

日本全国に分布する、1~2年草です。日本以外でも、台湾、中国、韓国、東南アジアなど、広い範囲に分布しています。道端た荒れ地、田んぼの土手など、日のよく当たる場所で見かけます。大型の野草で、草むらの中でにょっきり抜きんでて伸びていることも多く、開花期は比較的気づきやすいです。ウドンコ病にかかって、葉っぱや茎が白粉を吹いたようになっている株を見ることがあります。

見た目

生育環境によって草丈は大きく変わりますが、だいたい60cm~2mくらいで花を咲かせます。

深く切れ込む葉

深く切れ込む葉

切れ込まない葉

切れ込まない葉

茎の接点で後方に張り出す

茎の接点で後方に張り出す

葉っぱは左右交互に付く互生です。形は大きく2種あり、深く切れ込んで魚の骨のような形になっているものと、全く切れ込まずに細長い形になる葉があります。葉は茎との接点部分で後方に少し張り出します。

花

開花期は夏~秋で、茎の上部が枝分かれして径2cmほどの淡黄色の花をたくさん咲かせます。一輪に見える花は、小さな花が集まってひとつになったもので、頭花と言います。頭花は先端が浅く切れ込んだ細長い花びら(舌状花)が中心の筒状花を囲むように付きます。花色はまれに白や淡い紫のものもあります。昼頃に開いて夕方にはしぼみます。

花後の姿

花後の姿

花後は壺型の果実になり、熟すと開いて中から綿毛をもった平たいタネ(痩果)が出てきます。

名前の由来

ノゲシに似ており、秋に花が咲くのでこの名前があります。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD