シラヤマギク

シラヤマギク

基本データ

科名: キク科
学名: Aster scaber
見られる場所: 山野 道端
草姿: 直立 草丈1m~1.5m
見られる季節: 夏~秋

シラヤマギクとは

野菊の一種で、毎年花を咲かせる多年草です。北海道~九州、朝鮮半島、中国に分布します。道端や山野の尾根沿いの道脇、林縁、草地などで見ることが出来ます。

ムコナとも呼ばれ、新芽や若葉は食べることが出来ます。

見た目

茎は直立して、草丈は1m~1.5mになります。茎や葉には短い毛が生えていて、触るとざらざらしています。下の方では枝分かれせず、全体にひょろりとした草姿のものが多い気がします。

シラヤマギク 葉

葉っぱ

葉っぱは茎をはさんで左右同じ位置に付く互生です。ハート型で、縦に細長くなるものもあります。縁には粗めのギザギザがあります。茎の下の方に付く葉は大きくて柄が長く、上に行くにつれて小さく柄も短くなる傾向があります。特に、地際から放射状に出る葉(根出葉)は大きく、幅のある長い柄をもっています。この根出葉の大きさや形が特徴的なので、キク科の中でも比較的判別しやすいです。

真ん中の黄色い部分が筒状花

真ん中の黄色い部分が筒状花

主な開花期は夏~秋で、茎の上部が細かく枝分かれして、白い花がまとまって咲きます。一輪の花に見えるものは、小さな花が集合したもので、正しくは頭花と言います。頭花は白い花びら(舌状花)がまばらに付き、その中心に黄色い筒状花が集まっています。

タネは先端の尖った長だ円形で、淡い褐色を帯びた、白くて短い綿毛が束になって付きます。

名前の由来

白い花の山に咲くキクという意味です。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD