ヒヨドリバナ

ヒヨドリバナ

基本データ

科名: キク科
学名: Eupatorium makinoi (= E. chinense)
見られる場所: 山野の林縁
草姿: 直立 草丈30cm~2m
見られる季節: 夏~秋

ヒヨドリバナとは

北海道~九州にかけて分布する、毎年花を咲かせる多年草です。朝鮮半島や中国にも分布しています。秋に山野の林縁やなど明るい場所で見かけます。山道のそばなどにもよく生えているので、季節になるとごく普通に出会えます。

見た目

茎は直立し、草丈は30cm~2mになります。葉っぱは茎をはさんで左右同じ位置に付く対生で、短い軸をもっています。葉姿は先端の尖った細めのタマゴ型で縁はくっきりとしたギザギザになります。通常は緑一色ですが、葉全体に明るい黄色の斑紋が入るものがあります。これはキンモヒヨドリなどと呼ばれ、一見キレイですが、実際はウイルス病にかかった病気の株です。

ヒヨドリバナ 花

主な開花期は夏~秋で、茎の上部から花茎を出し、多くの花を咲かせます。花色は通常白ですが、赤紫色がかった色の個体もあります。1コずつの花は筒状で、先端が星形に開きます。花の中から二又に分かれた白い糸のようなものが出ていますが、これは雌しべの花柱が長く伸びて先端が分かれたものです。花後は白い綿毛(冠毛)をもったタネ(痩果)を付けます。

遺伝的な変異が大きく、葉っぱの形や草姿などに微妙な違うものがたくさんあります。それらは区別されて、別の名前を与えられているものもありますが、ややこしいです。詳しく知りたい方は、『ヒヨドリバナの倍数体』などのキーワードで調べてみると良いでしょう。

名前の由来

ヒヨドリの鳴く頃に花が咲くのでこの名前があるとされます。

間違いやすい植物

花がそっくりな仲間がいくつかありますが、多くは葉っぱの形や付き方で区別できます。
(E.はEupatoriumの略)

ヨツバヒヨドリ〔E. glehnii〕

茎を囲むように4枚の葉を付けます。

サワヒヨドリ〔E. lindleyanum〕

葉や茎に縮れた毛が生えています。また、湿った場所に生えていることが多いです。

フジバカマ〔E. japonicum〕

下の方の葉っぱが大きく3つに裂けます

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD