スズメウリ

スズメウリ

基本データ

科名: ウリ科
学名: Neoachmandra japonica
見られる場所: 林縁 河川敷
草姿: つる性 巻きひげで絡まる
見られる季節: 夏~秋

スズメウリとは

河川敷や林縁などで見ることのできる、つる性の一年草です。本州、四国、九州に分布します。夏~秋に花を咲かせて実を成らせます。やや湿り気のある環境を好みます。

見た目

つるは細く、巻きひげを他の植物や障害物に絡ませながらぐんぐん伸びていきます。葉っぱはハート型(浅く3つに裂けることがある)で柄があります。質は薄くややぺらぺらで、縁は波形の浅いギザギザになります。

8月~9月頃に星形の小さな白い花を咲かせます。花は直径5mmほどで、雄花と雌花があり、雌花は花の後ろにウインナーみたいな形の小さな子房(ここがふくらんで果実になる)が付きます。

熟した果実

熟した果実

未熟な果実

未熟な果実

果実は直径1cmくらいの球形で、熟すと灰色がかった白になります。表面には光沢があります。果実の中には平たくて黒いタネが収まっています。

秋も深まってくると、下向きに伸びるつるが出てきます。このツルは上に伸びるつると目的が異なるようで、地面に潜ります。そして、地中で細長くてにょろにょろした塊根を作り冬を越します。冬を越すなら一年草と言うのはおかしい感じがしますが、花を付けて実がなった株自体は枯れてしまうようなので、一年草とするのではないか、と思います。

名前の由来

カラスウリより小さい実がなるから、熟した灰白色の果実がスズメの卵のようだから、など諸説あります。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD