アメリカセンダングサ

アメリカセンダングサ

基本データ

科名: キク科
学名: Bidens frondosa
見られる場所: 田んぼのあぜ道 荒れ地 河川敷
草姿: 直立 草丈 50cm~1.5m
見られる季節:

アメリカセンダングサとは

北アメリカ原産の外来種で、夏~秋に生長して冬には枯れる一年草です。日本では1920年代に琵琶湖畔で見つかったのが最初です。湿り気のある日当たり~半日陰の場所を好み、田んぼのあぜや、道端、荒れ地、川のほとりなどで見ることが出来ます。近年急激に増殖してきて、在来植物の駆逐の恐れありとして、外来生物法の要注意種に指定されています。北海道をのぞくほぼ全国に広がっているようです。

見た目

高さは50cm~1.5mで上にはよく伸びますが、あまり横には張らないので、やや縦長のひょろっとした草姿です。茎は四角張っており、色は暗い紫色で表面は無毛、つるっとしています。

葉っぱ

葉っぱ

irast871

葉っぱは3枚の小葉からなる三出複葉(主に茎の上に付く)、それを2回繰り返す二回三出複葉(株元近くに付く)、その2つの中間の様な『見せかけ』の奇数羽状複葉?の3パターンが見られます。小葉は先端の尖った細長いだ円形で、縁はノコギリのようなギザギザになっています。茎には長い柄でもってくっついており、左右同じ高さに1枚ずつ付く対生です。

主な開花期は秋です。茎の上に近い葉の付け根から花茎を伸ばし、その先端に1輪の花が咲きます。色は濃い黄色で目立つ花びらはなくて地味ですが、花を囲むように付く総苞がさながら緑色の花びらのようで、花を大きく見せています。

タネ

タネ

芒(のぎ)の位置

タネ(痩果)は全体的に平べったく、上部に針のような芒-のぎ-が2本付いています。芒には下向きのトゲが生えており、衣服や動物の毛に引っかかって遠くまで運ばれます。

名前の由来

アメリカ原産のセンダングサの仲間という意味です。

間違いやすい植物

タウコギ

花の見た目がそっくりです。タウコギは葉の軸部分に薄い膜のようなもの(翼-よく-)が付くので、そこで区別できます。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD