タカサブロウ

タカサブロウ

基本データ

科名: キク科
学名: Eclipta thermails
見られる場所: 田んぼの畦
草姿: 直立か斜上 草丈:20cm~70cm
見られる季節: 夏~秋

タカサブロウとは

日本を含む東アジアに分布します。田んぼのあぜなど、日当たりが良くて湿り気のある場所に生える野草です。主な生育期は夏~秋で、冬には枯れてしまう一年草です。見た目がそっくりなものに、外来種のアメリカタカサブロウがあります。

見た目

茎は直立もしくは斜上し、高さは20cm~70cmになります。葉は先端の尖った細長いだ円形で、茎をはさんで左右に1枚ずつ付く対生です。長さ3cm~10cmで縁は浅いギザギザになります。茎や葉には毛が生えており、触るとざらざらします。

主な開花期は8月~9月で、茎の頂点に径1cmの花がまばらに咲きます。キク科で一般的な頭状花序で、花びらをもつ舌状花と、もたない筒状花が集まって一輪を形作っています。舌状花は白で花の外側を囲むよう2列に並び、花びらのない筒状花は緑がかった白色で内側に付きます。

花は散ったあとタネ(痩果)ができて、緑色の半円状になります。タネは熟すと黒くなり、ぽろぽろとこぼれ落ちていきます。タネは真ん中が厚く、周りが薄くなっています。水に乗って散布されるので、より水に浮きやすい形になっているのかもしれません。

名前の由来

漢字で書くと『高三郎』ですが、由来はわかっていません。

間違いやすいもの

アメリカタカサブロウ

タカサブロウ 痩果

タカサブロウのタネ(未熟)

アメリカタカサブロウのタネ

アメリカタカサブロウのタネ(未熟)

北アメリカ原産で、見た目はそっくりで外見ではなかなか区別しにくいです。葉っぱがより細長く、縁のギザギザが不明瞭で曖昧な感じです。

一番わかりやすいのはタネ(痩果)を確認することです。タカサブロウは周囲が薄くなっておりやや平べったく、縁は滑らかです。アメリカタカサブロウは目立つ稜が4本あり、やや長方形に近い形、縁は乱れてギザギザしています。未熟な果実はどちらもタネの周囲が白く縁取られるようになっており、より区別しやすいです。タカサブロウとアメリカタカサブロウ

肉眼でもある程度、形の判別できますが、ルーペで確認した方がよいです 。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD