ボントクタデ

ボントクタデ 群生

基本データ

科名: タデ科
学名: Persicaria pubescens
見られる場所: 山野の河原 湿り気のある林縁
草姿: 直立 草丈70cm~1m
見られる季節:

ボントクタデとは

紅色の粒はつぼみではなく花後に閉じたもの秋に咲く花はまばらでやや寂しいですが、水辺など湿り気のある場所では群生することがよくあり、そんな場所では目に付きます。冬には枯れてしまう一年草です。

見た目

花

托葉鞘

托葉鞘

葉っぱ

葉っぱ

茎はまばらに枝分かれしながら直立し、草丈は70cm~1mになります。葉っぱは左右交互に付く互生で、先端の尖った細長いタマゴ型、長さは5cm~10cmで真ん中あたりに黒っぽい「への字型」の斑紋が入ります。茎は赤みを帯びることもあります。節の部分にある托葉鞘は茎を包むように付き、上部の縁は長い毛がまばらに生えます。

タネ(未熟)

タネ(未熟)

開花期は9月~10月で、茎の先端から花穂が垂れ下がり、小さな淡紅色の花をまばらに咲かせます。花は萼片が5つに咲けた星形、雄しべは8本でめしべの先端は3つです。花びらはありません。咲いたのち、萼は果実(タネ)を包むように閉じて、濃い紅色になります。どちらかというと、こっちの方が開いた花よりも色彩的に美しいです。タネは3稜形で色は黒茶色です。

名前の由来

ボントクは役に立たないという意味で、ヤナギタデに対して付けられた名前です。ヤナギタデは葉に辛味があり、香辛料のように利用できますが、ボントクタデは全く辛みがなく利用できないからだとされます。

間違いやすいもの

ヤナギタデ

草姿はよく似ていますが、葉に斑紋が入らず、花はどちらかというと白っぽいです。葉っぱをかじるとひどい辛味があります。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD