オオイヌタデ

オオイヌタデ

基本データ

科名: タデ科
学名: Persicaria lapathifolia var. lapathifolia
見られる場所: 道端 空き地
草姿: 枝分かれしながら直立、草丈80cm~2m
見られる季節: 夏~秋

オオイヌタデとは

夏~秋に、道端や荒れ地、河川敷などでよく見かける大型の野草です。一年草で、冬には枯れます。

見た目

托葉鞘茎は赤紫の斑点が入ることがある

托葉鞘
茎は赤紫の斑点が入ることがある

節は少しふくらむ

節は少しふくらむ

生長がよければ、花の咲く時期には人の背丈を超す大型の野草です。茎はよく枝分かれして節の部分がふくらみます。表面は、細かい赤紫色の斑点が入り、全体的に赤みを帯びることがあります。節の部分を包むように付く葉鞘は膜状で、縁に毛は生えません。

葉は左右交互に出る互生、先端の尖った細いだ円形で長さは20cm前後になります。葉裏に毛が密集する個体もあります。

主な開花期は夏~秋で、枝の先っちょから長さ5cm前後の花穂をたくさん出します。花は白~淡い紅色で多少色幅があります。花穂は弧を描いて垂れ下がります。花は萼が4~5つに裂けた星形で、花びらはありません。

名前の由来

大型のイヌタデという意味ですが、イヌタデは別種です。イヌは「役に立たない」と言う意味合いがあるとされますが、イヌに失礼です。

間違いやすいもの

オオケタデ

オオケタデ

オオケタデ

花

オオケタデ 葉鞘

托葉鞘

大型で花の咲く姿などが似ています。花色が濃い紅紫色で美しいので開花時期は区別がしやすいです。また、託葉鞘の上部が葉っぱのように開いて茎をぐるり囲む特長があるので、その点も併せて確認しましょう。

サナエタデ

花色や草姿が何となく似ています。花穂がほとんど垂れ下がらずに上に伸びることと、節がふくらまないことで区別できます。ただ、オオイヌタデも茎上部の節はあまりふくらんでいないことがあるので、観察するときは下の方の太い茎を見た方が良いです。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD