ヤブタバコ

ヤブタバコ

基本データ

科名: キク科
学名: Carpesium abrotanoides
見られる場所: 雑木林 山野の薄暗い場所
草姿: 直立 草丈:50cm~1m
見られる季節: 夏~秋

ヤブタバコとは

夏~秋にかけて日本全国で見られる野草です。樹林下や林縁などやや薄明るい場所で育ちます。人家に近い山林やハイキング道の端などにもよく生えるので、目立ちはしませんが見つけやすいです。花後に枯れる一年草もしくは越年草です。

葉っぱをもんで出る汁は、腫れ物や打ち身に効くとされます。

見た目

ヤブタバコ 葉

葉っぱ

ヤブタバコ 花

草丈は30cm~1mくらいです。地際から茎を伸ばしてある程度の高さになると生長が止まります。茎の上部から新たな茎を出します。地際から伸びる茎は直立しますが、枝分かれして出てくる茎は、横から斜め上に伸びます。

葉っぱは先端のやや尖がった長楕円形で、短い軸があり、縁にギザギザがあります。下の方に付く葉っぱは25cm前後と大きく幅も広いことが多いです。茎の上に行くにつれて、葉っぱは小さくなります。地際から出る根出葉は花の咲く時期には枯れてなくなっています。

花後の姿

花後の姿

タネ

タネ

夏~秋にかけて、葉の付け根に径1cmほどの小さな黄花を下向きに咲かせます。花にはほとんど軸がなく、葉っぱにくっつくように付きます。目立つ花びら(舌状花)はなく地味です。 タネはねばねばした液を出して、動物などにくっついて運ばれていきます。

名前の由来

葉っぱの形がタバコの葉に似ていて、ヤブのような場所に生えるのでこの名前があります。

間違いやすいもの

ヤブタバコは花型がきゅっと壺型になるのが大きなポイントです。あとは、開花時期の根出葉のあるなし、葉の形や草姿で区別します。

ガンクビソウ

ガンクビソウ

ガンクビソウ

葉っぱ

葉っぱ

生える場所や花の時期、花の形などが似ています。見るポイントは花に軸があるかです。ガンクビソウは葉の付け根から長く軸を伸ばして、その先端に花を付けます。ヤブタバコは葉の付け根にくっつくように咲きます。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD