コヤブタバコ

コヤブタバコ

基本データ

科名: キク科
学名: Carpesium cernuum
見られる場所: 雑木林 やや薄暗い場所
草姿: 直立もしくは斜上 草丈:50cm~1m
見られる季節: 夏~秋

コヤブタバコとは

ユーラシア大陸の温帯~団体に広く分布する野草です。日本でも、雑木林や神社や公園の薄暗い藪などで普通に見かけます。主に目に付くのは、夏~秋です。

見た目が似たものに、ヤブタバコやガンクビソウがあります。

見た目

花

irast867茎はおおまかに枝分かれしながら直立、もしくは斜上して伸びていきます。草丈は50cm~1mほどに生長します。葉っぱは先端の尖っただ円形で、縁は曖昧なギザギザになります。

7月~10月にかけて、枝先に一輪の花が下向きに咲きます。色は白緑色で、舌状花※1はありません。筒状花が束になって、短い円筒形の平たい花(頭花)を作ります。花をぐるりと囲むようにつく苞葉が大きく発達します。その内側には、側面を囲むウロコのような総苞があり、外側(総苞外片)はくるりと反り返ります。苞葉と総苞外片はよく目立つので、まるで緑色の花びらをもった花のようにも見えます。

花後は細長い小さなタネをびっしりと付けます。タネは俗に言うひっつき虫で、ネバネバした粘液を出し、人や動物にくっついて遠くに運ばれます。

名前の由来

名前は小型のヤブタバコという意味です。ヤブタバコの葉っぱがタバコの葉に似ている所から付いた名前で、タバコの仲間ではありません

間違いやすいもの

サジガンクビソウ

サジガンクビソウ

サジガンクビソウ

根出葉

根出葉

花

花が似ていますが、草姿がひょろりとしてあまり枝分かれしない、開花時にも根出葉が残っている、などから区別できます。

その他

脚注

※1. ヒマワリの外周に並んでいる花びら部分がそう。1枚1枚が舌状花と呼ばれる個別の花でそれと、筒状花が集まってひとつの頭花を作るのが、キク科の特長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD