サジガンクビソウ

サジガンクビソウ

基本データ

科名: キク科
学名: Carpesium glossophyllum
見られる場所: 雑木林 山野の薄暗い場所
草姿: ひょろりと直立もしくは斜上 草丈:25cm~50cm
見られる季節: 夏~秋

サジガンクビソウとは

日本(本州~南西諸島)、済州島に分布する、毎年花を咲かせる多年草です。山野の明るい日陰、樹林下などで、夏~秋に見かけます。やや乾燥気味の土壌を好みます。

見た目

サジガンクビソウ 根出葉

根出葉は開花時まで残る

花

茎は直立して、草丈50cmほどに生長します。ほとんど枝分かれせずに、ひょろりと伸びます。地際から放射状に出てくる根出葉は先端がやや広がって丸みのあるさじ状で長さ10cm前後、茎の上部に付く葉は先端の尖った細長い形をしています。全体的に葉っぱの枚数はまばらです。

枝の先に一輪ずつ緑白色の地味な花が下向きに付きます。花の大きさは1cm前後で、目立つ花びらはありません 。

名前の由来

根出葉の形をさじに見立てて、ガンクビソウの仲間なので、この名前があります。

間違いやすいもの

コヤブタバコ

コヤブタバコ

コヤブタバコ

花

花だけを見て間違えやすいものに、コヤブタバコがあります。見分けるポイントは開花時に根出葉があるか、苞葉が発達しているかです。

コヤブタバコは花の時期に根出葉が枯れてなくなっています。花を見ると苞葉が大きく発達して目立ちます。また、草姿も若干異なります。サジガンクビソウはひょろりと一本立ちした姿が多いですが、コヤブタバコは粗く枝分かれするので、まばらに茂っているという感じになります。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD