アオミズ

アオミズ

基本データ

科名: イラクサ科
学名: Pilea pumila
見られる場所: 山野 沢や谷沿いの林縁
草姿: 直立 草丈30cm~50cm
見られる季節: 夏~秋

アオミズとは

日本、朝鮮半島、中国、シベリア東部など広い地域に分布する、花後に枯れる一年草です。夏~秋になると、湿り気のある薄暗い林縁などでごく当たり前に見られます。水分で潤っているみずみずしい雰囲気のある植物です。

園芸では同じ仲間のカディエレイ種などが「ピレア」の名前で観葉植物として親しまれています。

見た目

草丈は30cm~50cmで茎は直立します。茎は透明感があります。 葉っぱは茎をはさんで左右に1枚ずつ付く対生です。形はタマゴ型で長さは3cm~6cmくらい、長い軸があります。濃緑色で、縁は粗めのギザギザになります。表面はツヤツヤした光沢があり、エンボス加工のような凹凸があります。葉の付け根から縦方向に3本伸びる葉脈が目立ちます。

夏~秋に、葉の付け根に雌花と雄花が混ざった短い花穂を付けます。若い芽や葉は茹でて食べることが出来るそうです。※1

名前の由来

全体が青々していてみずみずしいので、この名前があります。

その他

脚注

※1 柏書房 橋本郁三『食べられる野草大事典 草木・木本・シダ 新装版』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD