アカソ

アカソ

基本データ

科名: イラクサ科
学名: Boehmeria silvestrii
見られる場所: 山野 林縁
草姿: 直立・斜上 草丈60cm~1.2m
見られる季節: 夏~秋

アカソとは

林縁などで夏~秋に見られる、毎年生えてくる多年草です。やや湿り気のある、水はけのよい場所によく生えています。日本、中国大陸北部などに分布します。

見た目

茎と葉

茎と葉

茎は直立、もしくは斜上して草丈は60cm~1.2mほどになります。茎や葉の軸が赤みを帯びます。赤みは個体により濃い薄いがあります。茎には細かい毛が生えますが、生えないこともあります。

葉っぱは茎をはさんで左右同じ位置に1枚ずつ付く対生で、全体は先端の尖ったタマゴ型です。長さは15cm前後で、縁は粗めのギザギザになります。葉の先端は先割れスプーンのように3つに大きく割れます。しかし、葉の形はまちまちで、根元近くまで大きく割れて三つ叉矛の様な形になるものもあれば、割れ方が浅いものもあります。

夏~秋に、葉の付け根から花穂を延ばして、雄花と雌花を咲かせます。雌花の花穂は赤みがあって茎の先端に近い位置に付き、雄花は黄白色で、花穂は下の方に付きます。風によって受粉される風媒花で、雄しべは開くときバネのように大きく弾けて、花粉をより広範囲にまき散らします。 タネのできる2倍体と、タネのできない3倍体の個体があります。

名前の由来

茎が赤みを帯びるのでこの名前があります。

似た植物との違い

コアカソ、クサコアカソなどは同じ仲間で似ていますが、いずれもは葉っぱの先端は大きく分かれないので、区別しやすいです。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD