ヤブマオ

ヤブマオ

基本データ

科名: イラクサ科
学名: Boehmeria japonica
見られる場所: 道端 雑木林 林縁
草姿: 直立 草丈 1m~1.5m
見られる季節: 夏~秋

ヤブマオとは

雌花の花穂

雌花の花穂

日本、朝鮮半島、中国に分布する、毎年生えてくる多年草です。夏~秋に雑木林の中や、道端、山野の林縁などで見ることが出来ます。

見た目

中~大型の野草で、高さ1m~1.5mに生長します。基本的に枝分かれせず、茎はまっすぐ上に伸びます。

葉っぱは幅の広いタマゴ型で先端が細く尖り、大きなものは長さ20cm近くになります。縁は大きくて粗いギザギザになります。表裏には柔らかい毛が生えています。ギザギザの数や葉の厚みなどには変異が多いです。

茎の頂部に近い葉の付け根から長い花穂を伸ばして、雌花を付けます。雌花は集まって球形のかたまりになり、それが連なるので、雌花の花穂は太いひも状に見えます。雄花の花穂は雌花より下につきます。また、雌花のみで、雄花を付けない個体もあります。花穂は直立します。

名前の由来

ヤブに生えるマオ(カラムシ)の仲間という意味です。

似た植物との違い

メヤブマオ

ヤブマオとメヤブマオ 葉の違い

ヤブマオとメヤブマオ 葉の違い

葉の下部がハサミなどでパッツンと切ったような直線になっているものが多いです。また、花穂が細くて、葉は薄く、ヤブマオに比べるとやや繊細な雰囲気があります。ただし、ヤブマオやメヤブマオは葉っぱの形や厚みに変異が多く区別しづらいので、これらは一例です。

カラムシ

カラムシ

カラムシ

カラムシ 葉の裏側

葉の裏側

葉っぱの形と草姿が似ています。葉の縁のギザギザが細かく、裏は細かい毛が密に生えていて白く見えます。

その他

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Featuring Recent Posts Wordpress Widget development by YD